ログイン
2019年3月9日 6時30分
特集

【今週読まれた記事】戻り相場終局に警戒感

株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は3月2日から3月8日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

日経平均株価は週明け4日、一時2万1860円を付け、2万2000円大台回復も視野に入れる大幅高となりましたが、翌日から一転、4日続落。週末8日は400円を超す急落となりました。この調整は12月末から続いた戻り相場の終局を示しているのでしょうか。それとも一時的な調整で済むのでしょうか。毎朝寄り付き前配信の「伊藤智洋が読む『日経平均株価・短期シナリオ』」の伊藤氏は、5日の記事で「昨日の高値(2万1860円)が戻り高値になって、価格が下げる展開になる場合、目先は、2月8日の安値2万0315円前後まで、目立った反発なく、一本調子に下げる公算です」と指摘しています。

「データから見る日柄感やマクロ面の環境を踏まえると、調整局面が近づいている可能性があることには注意を要したい」と警戒を呼び掛けるのは、「近づく調整の足音、米中・日米交渉がトリガーとなるか <東条麻衣子の株式注意情報>」の東条氏。日経VIX指数の変動における過去の値動きの経験則から、そろそろ上昇基調が一服してもおかしくないと分析しています。

そのほか、到来した春のIPOシーズンに合わせ、IPOの賢い投資術を指南した「【杉村富生の短期相場観測】 ─ 春のIPO(株式公開)シーズンが到来!」など、今週も人気相場コラムはどの記事も多くのアクセスを集めています。<相場観特集>は、今週は2氏に短期の展望を聞きました。

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 投資チャンス広がる絶好の「適温相場」

武者陵司 「市場の焦点は、オバマ・トランプ経済ブームへ」

富田隆弥の【CHART CLUB】 「下値抵抗線を注視の3月相場」

桂畑誠治氏【日経平均2万2000円台が視界、強気相場到来か】(1) <相場観特集>

高橋春樹氏【日経平均2万2000円台が視界、強気相場到来か】(2) <相場観特集>

今週、最もよく読まれた記事は、「現在の株式市場で物色人気の中心軸にある『5G』と『バイオ』、そして4月から施行される『改正出入国管理法(入管法改正)』などで改めて注目される『人材関連』」にフォーカスし、その中から選りすぐりの5銘柄を選出した「最強テーマ『5G』『バイオ』『人材』で選出! 今が旬“急騰前夜5銘柄” <株探トップ特集>」。2位以下を大きく引き離し、ダントツのトップに輝きました。

投資テーマ関連の記事では、人気の中心軸にあるバイオ関連から、iPS細胞に代表される「再生医療」とは別の流れとして注目されている「遺伝子治療」を紹介した「『遺伝子治療』が23位、“アンジェス人気”に続く有力銘柄群<注目テーマ>」が多くのアクセスを集め、ランキングトップ5に入りました。バイオ関連株物色の流れを整理することにも役立ちますので、まだお読みでない方は是非チェックしてください。

その他、以下の記事もよく読まれています。“5G関連”の記事は今週も過去記事を含めてランクインしており、人気の衰えを見せません。

勝利の秘訣はチャートにあり! GC示現接近の“好実態株”総ざらい <株探トップ特集>

ホテル株「復活街道」へ、10連休・ラグビーW杯・東京五輪と追い風強力 <株探トップ特集>

「3月IPO」離陸本番へ、全般相場もみ合いでも視界は良好 <株探トップ特集>

「FPGA」関連がランクイン、次世代有力技術の普及支える集積回路<注目テーマ>

“一億総活躍”へ、「障害者雇用支援ビジネス」で浮上するのはこの株 <株探トップ特集>

5G関連“55兆円”巨大投資がもたらす株価「大変貌」の序曲、特選銘柄リストアップ <株探トップ特集>

上放れ前夜「5G関連株」――本命・対抗、そして穴株 <株探トップ特集>

好業績や高利回りの企業を特集した記事では、3月の期末配当や中間配当による利回りが高い企業を特集した「3月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 『東証1部』編 <割安株特集>」がランキング上位に入りました。年度末である3月に配当を行う企業は多く、それだけ注目度も高まります。株探では【東証1部】編、【2部・新興】編の2本を配信し、両記事とも多くのアクセスを集めました。

1月下旬から2月中旬までの決算で“利益青天井”となっている企業を特集した「利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 40社選出 <成長株特集>」も上位ランクイン。業績下方修正が相次いだこの期間の決算ですが、「一方、内需関連を中心に高成長を続ける元気な企業も目立ち、この“青天井”リストに該当する銘柄数は前の7-9月期と比べて4割以上も増えた」ことが指摘されています。こうした意外な結果は今後の相場を見通す上でも重要ではないでしょうか。“第2弾”は明日10日の19時30分に配信予定です。お見逃しなく。

そのほか「直近3ヵ月である10-12月期(第3四半期)の経常利益が前年同期と比べて倍増」した企業を特集した「18年10-12月期【利益倍増】企業はこれだ! <成長株特集>」は、先週配信した第1弾も共に上位ランクインする人気となりました。

3月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 『東証1部』編 <割安株特集>

3月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「2部・新興」編 <割安株特集>

【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 3月6日版

18年10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕30社選出 <成長株特集>

18年10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕34社選出 <成長株特集>

10万円以下で買える、2ケタ増益&低PER「お宝候補」19社【東証1部】編 <割安株特集>

10万円以下で買える、2ケタ増益&低PER「お宝候補」23社【2部・新興】編 <割安株特集>

「株探プレミアム」で配信している“株探プレミアム専用コラム”。今週は、200万円を一時10億円にまで「大膨張」させた実績のあるすご腕“DAIBOUCHOUさん”の最終回を配信。“「俺225」と呼ぶ100銘柄以上の分散投資”を行う現在の投資戦略について語られます。株探プレミアム専用コラムは、非会員の方でも1ページ目が読めるようになっていますので、投資の参考にぜひご覧ください。

更に、株探プレミアムは30日間の無料体験ができます。広告非表示や「お気に入り銘柄」登録無制限、業績修正履歴など、多くの利点がある株探プレミアム会員を、この機会にぜひお試しください。

日々多くのニュースが飛び交うなかで、重要な発表を見逃さない定番人気記事「明日の好悪材料」「本日の【サプライズ決算】」。先週末から今週にかけて配信した記事は以下の通りです。

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月1日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月4日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月5日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月6日発表分)

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月7日発表分)

★本日の【サプライズ決算】速報 (03月01日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (03月04日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (03月05日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (03月06日)

★本日の【サプライズ決算】速報 (03月07日)

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 今週の【話題株ダイジェスト】 ライトアップ、石川製、オンコリス (3月4日~8日)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月8日発表分)
  3. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 40社選出 <成長株特集> (03/07)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 突然の春の雷鳴が告げるのは失速か蘇生か? (03/10)
  5. 【植木靖男の相場展望】 ─ “指標株”三菱マテリアルの騰落に注目 (03/10)
  6. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「調整、彼岸底を示唆」 (03/09)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ ラクス (03/10)
  8. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:英EU離脱修正案採決、日銀政策決定会合.. (03/09)
  9. 今週の【早わかり株式市況】4週ぶり反落、世界景気の減速警戒でリスク回避強まる (03/09)
  10. 5万円以下で買える、低PBR&低PER「お宝候補」25社 【2部・新興】編 <割安株.. (03/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    材料株“百花繚乱”、上昇メガトレンドに乗る「選ばれし中低位7銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    10万円以下で買える、2ケタ増益&低PBR「お宝候補」17社【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 大イベントには“後出しジャンケン”で対処! 市況
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ ウォーレン・ショック?を頭の片隅に! 市況
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月11日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.