ログイン
2019年3月16日 6時50分
市況

【投資部門別売買動向】海外勢が売越額5600億円と一手売り、個人と事業法人が買い受ける (3月1週)

●海外勢が売越額5600億円超と一手売りに対し、個人と事業法人が買い受ける

東証が14日に発表した3月第1週(4日~8日)の投資部門別売買動向によると、週末に世界景気減速への警戒感が強まり日経平均株価が前週末比577円安(2.67%安)の2万1025円と4週ぶりに大幅反落したこの週は、海外投資家は6週連続で売り越した。売越額は5688億円と前週の1952億円から急拡大し、昨年12月1週以来3ヵ月ぶりの大きさでほぼ一手売りだった。ただ、海外投資家は先物の投資部門別売買動向では日経平均先物とTOPIX先物の合計で4週連続で買い越し、買越額は3207億円と前週の2992億円から増加した。現物と先物の合算では4週ぶりに売り越し、売越額は2480億円だった。

一方、個人投資家が4週ぶりに買い越し、買越額は1779億円だった。逆張り投資志向の強い個人が株価下落局面で買い向かった格好だ。証券会社の自己売買部門は5週連続で買い越し、買越額は3243億円と前週の2632億円から増えた。自社株買いが中心とみられる事業法人部門も6週連続で買い越し、買越額は1480億円と前週の1059億円から拡大した。

海外投資家の5600億円を超える売り越しで日経平均が大幅反落する中、個人投資家と事業法人が買い受けた格好だ。

■投資部門別売買代金差額 (3月4日~8日)

東証・名証2市場の1・2部と新興企業向け市場の合計[総合証券ベース(全49社)]

※単位:億円(億円未満切り捨て) ▲は売り越し

  海外投資家 信託銀行 個人合計 [  現金  信用 ] 日経平均 ( 前週比 )

3月 ―――

第1週    ▲5,688   ▲424   1,779 [   769  1,009 ] 21,025円 ( -577 円)

2月 ―――

第4週    ▲1,952    222   ▲896 [  ▲884  ▲12 ] 21,602円 ( +177 円)

第3週     ▲34   ▲734  ▲2,422 [ ▲1,936  ▲485 ] 21,425円 ( +524 円)

第2週     ▲655   1,026  ▲2,487 [ ▲1,883  ▲604 ] 20,900円 ( +567 円)

第1週    ▲1,536   ▲198    268 [  ▲331   600 ] 20,333円 ( -455 円)

1月 ―――

第5週    ▲1,294   1,064   ▲77 [  ▲331   253 ] 20,788円 ( +14 円)

第4週     1,201   ▲152   ▲757 [  ▲829   71 ] 20,773円 ( +107 円)

第3週     ▲542    259   ▲996 [  ▲887  ▲109 ] 20,666円 ( +306 円)

第2週    ▲2,905    385  ▲1,743 [ ▲1,004  ▲739 ] 20,359円 ( +797 円)

第1週    ▲2,086    208    416 [   198   218 ] 19,561円 ( -452 円)

12月 ―――

第4週     ▲578   1,409  ▲1,703 [  ▲636 ▲1,067 ] 20,014円 ( -151 円)

第3週    ▲3,263   1,120  ▲1,065 [ ▲1,163   97 ] 20,166円 ( -1208 円)

第2週    ▲1,613   1,415    218 [  ▲83   301 ] 21,374円 ( -303 円)

第1週    ▲5,955   2,031   2,220 [   695  1,524 ] 21,678円 ( -672 円)

11月 ―――

第4週    ▲2,101   1,450  ▲3,586 [ ▲2,805  ▲780 ] 22,351円 ( +704 円)

第3週    ▲1,967    401   ▲361 [  ▲437   76 ] 21,646円 ( -33 円)

第2週    ▲1,369   ▲670   1,074 [   183   890 ] 21,680円 ( -569 円)

第1週     2,440  ▲1,358  ▲1,776 [ ▲1,757  ▲18 ] 22,250円 (  +6 円)

※「信託銀行」は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など年金基金の売買動向を映すとされる部門。「個人・現金」は個人投資家による現物取引の売買動向、「個人・信用」は個人投資家による信用取引の売買動向。

※日銀が金融緩和策の一環として実施しているETF(上場投資信託)の買い入れは、ETFを組成する証券会社の自己売買部門を通じて買い入れているとみられる。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 海外投資家の売り圧力が強い時に手放す「出来高減少」株 (03/14)
  2. 15日のNY市場は上昇 (03/16)
  3. 【今週読まれた記事】“二番天井”にはまだ早い (03/16)
  4. 今週の【早わかり株式市況】大幅反発、米中株高で買い戻し優勢 (03/16)
  5. 来週の株式相場見通し=配当権利取り需要で堅調、25日線上回り先高期待も (03/15)
  6. 10万円以下で買える、連続最高益&低PBR「お宝候補」28社【東証1部】編.. (03/15)
  7. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 48社選出 <成長株特集> (03/14)
  8. ★本日の【サプライズ決算】速報 (03月15日)
  9. 「Windows7」サポート終了で始まる株高ステージ、意外なる主役株 <株探トップ.. (03/14)
  10. サンバイオ株暴落から学ぶ、投資で痛手を被らない技 (03/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月18日記) 市況
  3. 3
    大化け株を四季報で探す5ブロック活用術 特集
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:ツルハHD、Jフロント、NEC 注目
  5. 5
    ユーグレナが上げ幅を拡大、ミドリムシの高効率ゲノム編集に成功 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.