ログイン
2019年4月19日 11時40分
経済

出遅れ銘柄の底上げ、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

4/19付の「DailyOutlook」では、出遅れ銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『日経平均は今週に入り200日移動平均線を回復。ただ、ここまでの上昇相場は物色対象の偏りが否めない。東証全33業種をみると、機械、精密機器、電気機器、化学といった景気敏感セクターを中心に、これまでの相場上昇を牽引してきた様子が窺える。一方、未だに小売業、建設業、不動産など24業種が200日線を下回る。ここから先、日経平均の一段の上昇には、物色対象が広がる必要があるだろう』と伝えています。

続けて、15日、NTTドコモ(9437)は携帯電話の通信料金を引き下げる新プランを発表したことを挙げ、『。翌16日、KDDI(9433)、ソフトバンク(9434)、NTTドコモといった通信キャリアの株価は上昇し、以降、底堅く推移している。また、15、16日開催の日米通商協議では、注目の自動車分野に関する言及は確認できなかった。翌17日、トヨタ(7203)の株価は年初来高値を更新し、18日にホンダ(7267)は200日線を回復した。携帯電話料金引き下げは業績悪化も連想されるが、通信キャリアの株価は悪材料出尽くしとして反応した。自動車株は、協議で結論が出なかったものの、無難に通過したとの安心感から買われた。どうやら、現状の相場では、出遅れ銘柄は、特段の材料でなくとも、きっかけさえあればポジディブに反応するようだ』と分析しています。

さらに、『出遅れ銘柄が底上げし、相場全体が水準を切り上げる地合いといえよう。ちょっとした材料で日本株は大きく上昇する可能性がある』とまとめています。

最後にレポートでは、『出遅れ銘柄の底上げ』を紹介しています。詳しくは4/19付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔12-2月期〕 14社選出 <成長株特集> (04/18)
  2. 外国人投資家の買い攻勢始まる、動き出した「物言う株主」 <株探トップ特集> (04/16)
  3. まだ間に合う、4月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (04/18)
  4. 「5G」関連がランキング1位、商用化秒読みで47兆円の経済効果に期待<注目.. (04/16)
  5. 「Society5.0」関連株始動へ、G20大阪サミット睨み国策の風 <株探トップ特集> (04/18)
  6. 沸騰ニッポン! 新時代の波に乗る「デジタルサイネージ関連」主役株 <株探.. (04/17)
  7. 新生「半導体関連」の覚醒、小型株“究極の5銘柄”疾風の上げ相場へ <株探.. (04/13)
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月17日版
  9. 2月決算の“選ばれし株”、大幅増益予想で上昇機運に乗る「勝ち組銘柄リスト」.. (04/15)
  10. 絶好調の20年2月期【最高益更新】リスト 33社選出 <成長株特集> (04/14)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月23日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★ハウスコム、USENHD、ウチダエスコなどに注目! 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (8月26日記) 市況
  4. 4
    疾風迅雷!“中低位材料株”、9月相場を駆け上がる「珠玉の7銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 先人は「安値圏では好材料を探せ、なかったら買え!」と 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.