ログイン
2019年5月16日 19時45分
特集

利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 28社選出 <成長株特集>

本特集では、「利益成長“青天井”銘柄リスト」の【第1弾】(5月6日配信)、【第2弾】(5月12日配信)に続き、5月13日から16日の期間に発表された決算の中で、直近3ヵ月の19年1-3月期に過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄を探った。

下表では、本決算月にかかわらず、19年1-3月期(3ヵ月決算)に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を10%以上、上振れて着地した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益を上回る見通しを示している28社を選び出し、1-3月期経常利益の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

上振れ率トップとなったのはAMBITION <3300> [東証M]。1-3月期(第3四半期)はインベスト事業で新築投資用デザイナーズマンションの販売が大幅に増加し、経常利益は12億円と過去最高を2.2倍も上回って着地。18年7月-19年3月期(第3四半期累計)の経常利益(16.8億円)がすでに通期計画の13.4億円を超過しており、業績上振れは濃厚とみられる。

2位のJMC <5704> [東証M]は鋳造事業で電気自動車(EV)化をはじめとする付加価値の高い試作・開発案件の受注が大きく伸び、1-3月期(第1四半期)の経常利益は過去最高を50%上回る2.2億円に膨らんだ。好決算を背景に株価は発表翌日の15日から連日でストップ高に買われている。3位のADEKA <4401> は昨年9月に連結子会社化した日本農薬 <4997> の業績上積みが収益を押し上げた。

4位のリネットジャパングループ <3556> [東証M]は高成長が続くカンボジアで中古車の販売が増加し、1-3月期(第2四半期)の経常利益は3四半期連続で過去最高を達成した。続く5位に入ったオークファン <3674> [東証M]の1-3月期(第2四半期)はインキュベーション事業で投資先のIPO(株式公開)や海外案件で株式売却益が発生したことが利益を大きく押し上げた。上期業績の好調に伴い、19年9月期通期計画の大幅上方修正に踏み切っている。

7位にリストアップされたeBASE <3835> の1-3月期(第4四半期)は食品や日用雑貨などの商品情報データ管理サービスの受注が伸びたことに加え、複数の案件を前倒しで検収が完了したことも収益拡大の要因となった。また、8位のバリューHR <6078> は働き方改革や健康指向の高まりを追い風に、健診代行や健康管理関連の受託業務が増え、1-3月期(第1四半期)は2四半期連続で経常利益の最高益を更新した。株価は全般軟調相場に逆行し、連日最高値を更新する異彩の強さをみせている。

9位の大陽日酸 <4091> と11位のイーレックス <9517> の株価も急騰劇を演じている。大陽日酸の1-3月期(第4四半期)は昨年12月に米プラクスエアから買収した欧州ガス事業が加わり、5四半期ぶりに最高益を更新した。一方のイーレックスは主力の電力小売事業で新規パートナーと販売先の開拓を進め、高圧分野、低圧分野ともに販売電力量を伸ばした。また、電源調達コストが安定化したことも利益拡大につながった。

┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想

コード 銘柄名     上振れ率 1-3月期 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER

<3300> アンビション    117  1200   552   32.4   1346   1017  8.2

<5704> JMC      50.0   225   150   22.2   413   338 32.3

<4401> ADEKA    43.3  10141   7078    1.1  26900  26602  9.6

<3556> リネットJ    36.0   136   100    123   449   201 37.0

<3674> オークファン   34.9   367   272   84.4   780   423 23.2

<7814> 日本創発G    30.8   980   749   33.7   2000   1496  8.4

<3835> eBASE    29.6   622   480    6.1   1200   1131 30.5

<6078> バリューHR   24.6   228   183   63.8   734   448 36.1

<4091> 大陽日酸     24.5  19883  15972   39.3  86500  62083 16.1

<1717> 明豊ファシリ   23.2   335   272    1.3   790   780  9.8

<9517> イーレックス   20.9  1749   1447   58.3   7189   4540 17.7

<8275> フォーバル    20.2  1414   1176    2.8   3400   3308 11.1

<3963> シンクロ     19.7   213   178    0.4   690   687 37.0

<8117> 中央自      18.4  1466   1238    7.2   5100   4758  9.1

<4801> セントラルS   17.3  1333   1136   10.4   4400   3985 13.1

<1879> 新日本建     17.1  5350   4567    1.1  14700  14542  5.0

<6033> エクストリム   16.8   417   357   17.5   1000   851 13.7

<6560> LTS      16.2   115    99    9.7   295   269 38.7

<6027> 弁護士COM   14.3   160   140    1.8   520   511  351

<3993> パークシャ    13.8   222   195   51.4   890   588  262

<9450> ファイバーG   13.1   337   298   67.3   853   510 71.9

<3924> ランドコンピ   13.0   278   246    6.0   620   585 17.9

<6533> オーケストラ   12.5   162   144   24.2   565   455 22.2

<6677> エスケーエレ   12.0  2236   1996   24.0   5700   4595  5.3

<8771> イー・ギャラ   11.1   710   639    7.8   2750   2552 23.7

<3687> Fスターズ    10.5   400   362   10.1   1225   1113 65.2

<3626> TIS      10.5  13087  11840    4.9  40500  38603 16.1

<4021> 日産化      10.5  13707  12401    2.8  40200  39098 22.7

※ 2018年4月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した03年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月15日版
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月15日版
  3. 5月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (05/14)
  4. 大容量・同時多数接続で出番、5Gアンテナ「MIMO関連株」に照準 <株探トップ特.. (05/16)
  5. 「サイバーセキュリティ」に国策の風、サイバー対策で新庁創設<注目テーマ> (05/14)
  6. 武者陵司 「中国の譲歩は不可避だろう」 (05/16)
  7. 米中摩擦相場は「鈍感力」で乗り切れ (05/15)
  8. 消費増税延期は三度繰り返す!? 令和「政策相場」突入の確度 <株探トップ特集> (05/15)
  9. 雨宮京子氏【下値模索続く東京マーケット、転機と戦略を探る】(1) <相場観特集> (05/13)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “プレミアム・サバイバル”の号砲が鳴る! (05/12)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月17日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★フェスタリア、カルタHD、三信電などに注目! 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月16日発表分) 注目
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:村田製、コロプラ、日本通信 注目
  5. 5
    人材関連にフォローの風、政策支援で急浮上するハイスペック銘柄を追え <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.