ログイン
2019年7月27日 10時00分
特集

個人投資家・有限亭玉介:夏枯れ相場に注目のテーマ性ありの銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2019年7月23日10時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『夏枯れ相場に注目のテーマ性ありの銘柄群』というテーマで寄稿させて頂きますよ。

さて、あたくしのブログでは日々「気になる銘柄」をピックアップし、その後の値動きに対する私観を交えた実況中継などを掲載しております。当記事ではここ最近注目した個別株についてザックリではありますが、ご紹介させて頂きます。

まずご紹介させていただくのは、商品監視システム国内トップの高千穂交易<2676>です。キャッシュレス関連として6月にご紹介致しました。紹介後、株価は上昇トレンドへ乗り年初来高値更新。上昇後も低PBRを維持しており、8月2日の決算発表まで注視を続けていくつもりです。

1年後に迫る東京オリンピック訪日観光客の増加で、同社の顔認証システム等はセキュリティ関連への期待もあります。また、盗難防止の商品管理タグは、物流管理からセルフレジ等の会計まで応用が可能です。無人店舗が日本で一般的に普及すれば、同社の活躍の幅は更に広がると思われます。

2つ目の銘柄は自動運転車関連として注目され、組込みソフトウェア及びリアルタイムOSの開発・販売などを手掛けるヴィッツ<4440>です。7月12日に発表された決算では、19.8期3Q累計の経常利益は2.03億円となり、通期経営計画2.68億円に対する進捗率が75%に達する堅調な推移を見せています。さらに1株につき2株の割合への株式分割も発表し、その後チャートは流動性向上を期待し急騰しました。

今後はMaaSなど新サービス展開も視野に入れて、自動運転のハッキング対策などのセキュリティ関連の研究開発も進めていくと思われます。上場後5,000円台でもみ合いが続いていますが、上値の重さがいつ抜けるか監視を続けていきます。

3つ目の銘柄は、越境EC向け海外転送や代理購入事業などを展開するBEENOS<3328>です。最近ではポケモンコスメシリーズの販売が好調で、ジャポニズムを意識した商品はインバウンドのテーマ性があり、今後も売上を伸ばすと思われます。

4月25日の大引け後に発表した決算では19.9期上期は営業利益0.18億円赤字へ転落ではありましたが、アク抜け的に買われたのか翌日から急反発。その後調整を経て、現在は一目均衡表(週足)の雲中に株価は位置しております。その上で今後8月1日に予定されている決算の前後でどのような値動きになるか注視していきます。

4つ目の銘柄は独立系システム開発会社のCIJ<4826>です。NTTデータ<9613>と引き合いもあり、官公庁関連の受注を増やし業績も堅調に推移しております。ペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」や福祉総合システム「SWING」など業務効率化サービスを展開しており、株主に対しても、自社株買いや増配も行う株主還元意識の高い企業のように見受けられます。

チャート(週足)は長期の上昇トレンドを維持しており、13週線の下値サポートで安定感もあります。今後は8月8日の決算発表前後の投資家の動きに目を見張りつつ、中長期目線で見ておきたい銘柄ですな。

5つ目は占いコンテンツ事業などを展開するメディア工房<3815>です。7月5日の決算では売上原価の増加や開発見直しなどによって19.8期3Q累計は前年同期比45.0%減の0.33億円でしたが、通期業績予想は据え置いております。

7月16日には「SUPERTRACK」の開発と3Dコンテンツの「ホログラ」制作を発表すると、株価はストップ高まで急騰。同社の独自技術への市場の関心の高さが伺えます。更に19日にはヘルスケアに特化した中国消費者向けWebサービスである「和心医薬」を開始と発表し、今週も連騰しておりましたよ。相次ぐ材料発表によって反発相場に入った同社株が、今後も堅調に上昇トレンドを築くかと監視していきたいと見ています。

最後の銘柄はシャノン<3976>です。同社は企業のマーケティング効率化を手掛けるマーケティングオートメーションを展開しております。6月11日発表の決算では業績改善が進み上期経常利益は△0.39億円と前年同期の△0.51億円に比べ赤字幅は縮小しており、通期は黒字転換予想となっています。

7月16日には、日本郵政<6178>子会社であるJPメディアダイレクトとの連携を発表すると株価は急騰しておりました。市場全体のクラウドサービス利用企業数は増加傾向で、同社の「SHANON MARKETING PLATFORM」が経済産業省のIT導入補助金サービスとして認可された事は、受注増への追い風になると思われます。週足では底値水準から反発が見える中、目先は一目均衡表の雲を上抜けできるかと監視中です。

と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。お時間がありましたらブログを検索して頂ければ幸甚です。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. ハイテク株に「夏相場到来」の機運、半導体株上昇が示す反騰シナリオ.. (07/23)
  2. ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (1) 株達人への第一歩 (07/23)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第1回> (07/26)
  4. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 7月26日版
  5. 米中摩擦で“漁夫の利”、「ベトナム関連」に押し寄せるビッグウェーブに乗れ.. (07/25)
  6. 燃料規制強化で再脚光、「自動車軽量化関連株」が疾走へ <株探トップ特集> (07/24)
  7. 5万円以下で買える、低PBR&低PER「お宝候補」26社 【東証1部】編 <割安株.. (07/26)
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月25日版
  9. 物言う株主の時代に勝つ「ROE × 配当性向」の賢い使い方 (07/24)
  10. 【今週読まれた記事】AI人材ニーズに“究極の大相場”の予感 (07/27)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月8日発表分) 注目
  2. 2
    アンジェス---自律反発狙いのスタンスに テク
  3. 3
    イオンFS、非開示だった今期経常は150億円、未定だった配当を23円に修正 決算
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月08日) 注目
  5. 5
    明日の株式相場戦略=個別重視の展開、消費関連株の決算は要マーク! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.