ログイン
2019年8月18日 19時30分
特集

4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 29社選出 <成長株特集>

本特集では、8月15日に配信した時価総額600億円以上の銘柄を対象とした「4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕」に続き、時価総額600億円未満の銘柄を対象とする第2弾をお届けします。

今回は時価総額250億円以上600億円未満の3月期決算企業の中から、直近3ヵ月実績である4-6月期(第1四半期)の経常利益が前年同期と比べて倍増した29社をリストアップし、増益率の大きい順に並べた。下表は四半期ベースの「増益連続期数」、4-6月期(第1四半期)経常利益の通期計画に対する進捗割合を表す「対通期進捗率」も併せて記した。

増益率トップとなったのはラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングス <7554> 。19年4-6月期(第1四半期)の経常利益は前年同期の600万円から4億3300万円に急拡大して着地。メニュー刷新や期間限定商品の投入、テレビCMの実施などが奏功し、既存店売上高が前年同期を7.6%も上回ったことに加え、不採算店舗の閉鎖や販管費の削減を進めたことも大幅増益につながった。

2位のオルガノ <6368> は東ソー <4042> 傘下の大型水処理装置メーカー。4-6月期は国内・中国・台湾における半導体関連の大型プロジェクトの工事が順調に進んだうえ、メンテナンスなど利益率の高いソリューションサービスも好調だった。また、コスト削減の進展でプラント部門の採算も改善し、経常利益は前年同期比55倍の13.6億円に膨らんだ。足もとの好調な業績を踏まえ、上期(4-9月)の同利益予想を13年ぶりの最高益に大幅上方修正している。

4位に入ったKNT-CTホールディングス <9726> の4-6月期経常利益は26.7億円と前年同期を16倍も上回って着地。ゴールデンウィーク10連休効果で海外旅行が大きく伸びたほか、改元を記念したツアーなどが好評だった国内旅行の取扱実績も増えた。桜の早期開花や大阪北部地震の影響などで不振だった前年同期を大幅に上回る結果となった。第1四半期実績だけで通期計画(32億円)に対する進捗率は83.6%に達しており、業績上振れは確実とみられる。

6位のピー・シー・エー <9629> は働き方改革の進展やWindows7のサポート終了に伴うパソコン買い替え需要を追い風に、主力の会計ソフトやクラウドサービスの好調が継続し、4-6月期は3四半期連続の大幅増収増益を達成した。海外動向の影響を受けにくい内需関連の好業績銘柄として注目を集め、全体波乱相場に逆行して上値追いが続く。株価は2000年2月以来、約19年6ヵ月ぶりの高値圏に浮上している。

8位にリストアップされたのは中古車を中心としたオートクレジットなどのファイナンス事業を展開するプレミアグループ <7199>。4-6月期はクレジット、ワランティともに取扱高が大幅に増加したうえ、会計上の見積もり変更による一時金を計上したことも利益を大きく押し上げた。決算発表前の8月8日に20年3月期の同利益予想を大幅上方修正しているが、第1四半期実績の修正した通期計画に対する進捗率は76.0%に達しており、更なる上振れも期待できそうだ。

9位のグレイステクノロジー <6541> は膨大なマニュアルを電子化し、クラウド上で管理・制作する「e-manual」を導入する企業が増加したうえ、技術マニュアルや社内マニュアルの制作を手掛けるマニュアルオーダーメードサービスも好調だった。

11位の淺沼組 <1852> は消費増税を見据えた民間企業の駆け込み受注を背景とした高水準な手持ち工事が順調に進み、売上高は前年同期比29.6%増の323億円、経常利益は同5.0倍の12億円と2四半期連続で業績高変化を遂げた。同社は株主還元を強化しており、今期配当は前期比55円増の208円を計画する。配当利回り(期末一括)は6%と高水準で株価の下支え要因にもなっている。

 ┌ 経常利益 ┐   増益  対通期 予想

コード 銘柄名    増益率 4-6月期 連続期数 進捗率  PER

<7554> 幸楽苑HD   7117   433    5   21.7 35.8

<6368> オルガノ    5368   1367    8   21.0  9.8

<6859> エスペック   2547   397    2   7.1 10.6

<9726> KNTCT   1540   2674    1   83.6 21.2

<6332> 月島機      885   808    6   12.8 14.0

<9629> PCA      767   598    3   39.9 30.9

<8877> エスリード    739   411    4   5.1  4.9

<7199> プレミアG    582   2386    2   76.0 12.2

<6541> グレイス     490   171    6   22.9 87.0

<2329> 東北新社     459   800    1   28.8 19.2

<1852> 浅沼組      398   1204    2   19.5  6.7

<4574> 大幸薬品     354   127    2   6.5 23.0

<8708> 藍沢       343   332    1    -   -

<6306> 日工       315   361    2   14.4 12.7

<8131> ミツウロコG   245   2016    3   42.9 17.1

<3156> レスターHD   244   3974    3   61.1 12.5

<6458> 新晃工      217   1616    1   23.9  9.4

<7958> 天馬       197   1087    3   34.0 18.0

<2288> 丸大食      165   1568    4   40.2 26.2

<8706> 極東証券     163   694    1    -   -

<6345> アイチコーポ   153   1752    1   23.4  8.9

<4781> 日本ハウズ    145   736    4   12.6 11.1

<9278> ブックオフG   141   1092    1   47.5 22.2

<2588> プレミアムW   132   329    1    -  82.3

<2594> キーコーヒー   125   662    4   87.1 64.3

<3756> 豆蔵HD     118   671    4   25.2 18.5

<2108> 甜菜糖      113   919    3   51.1 21.9

<9405> 朝日放送HD   111   777    1   19.4 11.5

<8934> サンフロ不    106   9758    1   69.7  6.1

※経常利益の単位は百万円。

※「-」:通期の経常利益もしくは最終利益が非開示のため、算出していません。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 30社選出 <成長株特集> (08/15)
  2. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月16日現在)
  3. 急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」.. (08/17)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 (08/18)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! (08/18)
  6. 個人投資家・有限亭玉介:決算を超えて監視した銘柄群を一部公開.. (08/18)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<最終回> (08/16)
  8. 10万円以下で買える、4-6月期増益増収&低PBR「お宝候補」14社 【2部・新興】編.. (08/18)
  9. 武者陵司 「真夏の夜の悪夢の検討」 (08/16)
  10. 四半期業績の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載! (08/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月13日発表分) New! 注目
  3. 3
    9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9月13日、18日が相場の転換日になる? 市況
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月13日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.