ログイン
2019年9月11日 10時24分
市況

概況からBRICsを知ろう ロシア株式市場は小反発、銀行セクターが上げ主導

【ブラジル】ボベスパ指数 103031.5 -0.14%

10日のブラジル市場は5日ぶりに反落。主要指標のボベスパ指数は前日比149.1ポイント安(-0.14%)の103031.5で取引を終えた。103503.5から102230.7まで下落した。

中盤はプラス圏を回復したが、その後は再び売りに押された。連日の上昇で足元では高値警戒感が強まり、利益確定売りがやや優勢。また、上院における年金改革案の可決について、延期される可能性が高いとの見方も圧迫材料となった。一方、米中通商協議の前進期待などが指数をサポートした。

【ロシア】MICEX指数 2787.52 +0.03%

10日のロシア株式市場は小反発。主要指標のMOEX指数は前日比0.89ポイント高(+0.03%)の2787.52で取引を終了した。2767.29から2791.02まで上昇した。

後半はプラス圏を回復したが、その後は再び売りに押された。銀行セクターの上昇が指数をサポート。ズベルバンク(SBER)が2020年の配当性向を50%とする方針を示したことが同セクターの支援材料となったもようだ。また、原油価格の上昇もサポート材料。一方、指数の上値は重い。12日に欧州中央銀行(ECB)理事会での金融政策発表を控えて、慎重ムードが強い。

【インド】休場

【中国本土】上海総合指数 3021.20 -0.12%

10日の上海総合指数は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比3.54ポイント安(-0.12%)の3021.20ポイントと7日ぶりに反落した。

朝高後に売られる流れ。中国の金融緩和スタンスなどが引き続き支えとなったものの、指数は直近の上昇ピッチが速かったこともあり、利食い売り圧力が意識される。上海総合指数は前日まで6日続伸し、約2カ月ぶりの高値水準を切り上げていた。

《NH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月11日記)
  2. 強弱材料:9/11
  3. 前場に注目すべき3つのポイント~権利行使価格の中心レンジが切り上がる可能性も (09/11)
  4. 今朝の注目ニュース! ★ミライトHD、シーイーシー、大王紙などに注目! (09/11)
  5. 本日注目すべき【好決算】銘柄 シーイーシー、サムコ、ケーヨー (10日大引け後 発表分)
  6. 配当&株主優待“ダブル取り”、利回り「4%超」好業績株を追え!.. (09/09)
  7. 債券バブル時代の投資術「最小分散型投資」に脚光、相次ぐ急騰銘柄の行方.. (09/10)
  8. NY株式:NYダウ73ドル高、ECB理事会を控えてポジション調整の動き (09/11)
  9. ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比100円高の21450円 (09/11)
  10. 本日の決算発表予定 … GAテクノ、オハラ、東京ドームなど 16社 (9月11日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 日経平均9連騰、米中の対立緩和が市場好転を呼ぶ! 市況
  3. 3
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9月13日、18日が相場の転換日になる? 市況
  4. 4
    10万円以下で買える、3期連続増益&低PER「お宝候補」23社 【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月13日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.