ログイン
2019年10月23日 8時25分
市況

エーザイが日経平均を下支え/オープニングコメント

23日の日本株市場は、こう着感が強い展開の中であるが、日経平均は年初来高値更新が意識されそうだ。22日の米国市場ではNYダウが39ドル安と反落となったが、21日は57ドル高と反発しており、反応は限られそうである。主要企業決算の発表が本格化しており、決算内容に振らされやすい需給状況とみられる。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円高の22685円。円相場は1ドル108円40銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、18日につけた年初来高値22649.85円を捉えてくる可能性がありそうだ。米株安の流れから手掛けづらさはあろうが、米国では医薬品のバイオジェン・アイデックが、米食品医薬品局(FDA)にアルツハイマー病治験薬の申請を行うことを明らかにし急騰。共同開発するエーザイ<4523>がADR市場で急伸しており、これが日経平均を下支えする格好になりそうである。エーザイは昨年7月高値11490円から、足元では9月前半に5205円まで下落しており、値ごろ感からの買いも入りやすいだろう。

また、英国の欧州連合(EU)離脱問題については、米議会下院はジョンソン首相がEUと合意した離脱協定案の批准に必要な関連法案について否決した。政権が目指す10月末の離脱に向けた法案の早期成立は絶望的。EU側は合意なき離脱がないとしており、離脱は3度目の延期となる可能性が高い。1月まで期間が延びるようであれば、一先ずブレグジット問題への懸念も足元では高まりづらいところでもある。

その他、米中通商問題については、中国の劉鶴副首相が、米国との貿易協議が前進しており、部分的な合意に向け双方が取り組んでいると述べたとの報道も伝えられている。これまでの弱気なセンチメントの中でロングポジションは積み上がっておらず、反対にショートカバーが意識されやすいところであろう。

《AK》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 窪田朋一郎氏【下げない日経平均、更なる上昇はあるか】(1) <相場観特集> (10/21)
  2. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月23日記)
  3. 今朝の注目ニュース! ★大日本住友、小田原機器、NSWなどに注目! (10/23)
  4. 本日注目すべき【好決算】銘柄 NSW、大日本住友、リオン (21日大引け後 発表分)
  5. 強弱材料:10/23
  6. 決算発表シーズン到来、「増額修正シグナル点灯中」の上昇機運7銘柄 .. (10/21)
  7. まだ間に合う、10月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (10/22)
  8. 3万円以下で買える、低PBR&有配「お宝候補」19社 <割安株特集> (10/22)
  9. 22日の米国市場ダイジェスト:NYダウ39ドル安、米長期金利の低下が相場の重し (10/23)
  10. 本日の決算発表予定 … 日電産、JAFCO、森トラホテルなど 10社 (10月23日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月19日発表分) 注目
  2. 2
    新成長ステージへGO! 10年超ぶり最高益に増額「大復活6銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    人気本番「半導体パッケージ関連株」、データセンター需要拡大で変わる世界 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    本日の【株主優待】情報 (19日大引け後 発表分) 市況
  5. 5
    明日の株式相場戦略=マザーズ、JQが反映する順風環境 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.