ログイン
米国株
2019年11月23日 14時50分
市況

米国株式市場見通し:米中協議や年末商戦の動向に注目

28日(木)は、感謝祭の祝日で米国株式相場は休場、翌29日(金)も午後1時までの短縮取引となる為、週を通じて閑散取引となることが予想される。引き続き米中協議の動向で株式相場が変動する展開となるだろう。年内に部分的な第一段階の合意に至るとの期待が広がっていたが、雲行きが怪しくなっており、追加情報を慎重に見極めたい。25日にはパウエルFRB議長の講演が予定されているが、今後の金融政策について何らかの示唆を得られるかが焦点となりそうだ。但し、現状更なる利下げは期待しにくい状況となっている。感謝祭明けのブラックフライデーから年末商戦が本格化することから、小売各社の動向も注視したい。

企業決算では、ネットワーク・セキュリティのパロアルト・ネットワークス (25日)、法人向けハードウエア・サービス事業のヒューレット・パッカード・エンタープライズ(25日)、家電量販店のベストバイ(26日)、ディスカウントストアのダラー・ツリー(26日)、アパレルのアバクロンビー&フィッチ(26日)、PCメーカーのHPやデル(26日)、農業機械のディア(27日)などの発表が予定されている。HPの決算では、複写機のゼロックス(XRX)による買収計画について経営陣の見解に注目が集まりそうだ。

経済指標では10月シカゴ連銀全米活動指数(25日)、9月FHFA住宅価格指数(26日)、11月消費者信頼感指数(26日)、10月新築住宅販売件数(26日)、10月卸売在庫(26日)、7-9月期GDP(改定値)(27日)、10月個人所得・支出(27日)などの発表が予定されている。年末商戦に向けて所得環境や消費者の節約志向が改善されているか、個人所得・支出統計から確認したい。27日には、FOMCでの基礎資料となるベージュブック(地区連銀経済報告)の発表が予定されている。

年末商戦では、携帯端末のアップルが10月末に発売したノイズキャンセリング対応の新型ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」が人気商品となりそうだ。検索大手アルファベット傘下のグーグルも来春発売予定のワイヤレスイヤホン「Pixel Buds 2」を発表した。今年に入り、ネット小売のアマゾンやソフトウェアのマイクロソフトもワイヤレスイヤホンを発表しており、主要ハイテク企業によるワイヤレスイヤホン市場への参入が目立つ。ワイヤレスイヤホンは単なるイヤホンの域を超え、各社サービスを音声で利用するためのアイテムという意味合いを強めており、音声アシスタントや自社アプリケーションなどの拡大に向けた戦略の1つと考えられる。

(Horiko Capital Management LLC)

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:日経平均は3週ぶりの反発を試す (11/23)
  2. 新興市場見通し:12月IPOは23社に、BB開始で個人投資家の資金余力低下も (11/23)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─巻き戻し継続、市場の関心は米年末商戦.. (11/23)
  4. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「調整一巡、師走相場へ」 (11/23)
  5. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―米国を支配しているのは誰か (11/23)
  6. 来週の株式相場戦略=米中協議巡り「神経戦」続く、短期調整には一巡期待も (11/22)
  7. 為替週間見通し:もみ合いか、米中協議や米金融政策を巡る思惑交錯も (11/23)
  8. 来週の決算発表予定 DyDo、トリケミカル、ACCESSなど (11月25日~29日)
  9. 来週の【重要イベント】鉱工業生産、米GDP、中国PMI (11月25日~12月1日)
  10. 今週の【早わかり株式市況】2週連続下落、貿易と香港を巡る米中対立が重荷 (11/23)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    空前の爆需第2幕へ、半導体株最強シナリオ「覚醒する10銘柄」を追え <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★SKジャパン、東京製鉄、アジュバンなどに注目! 注目
  3. 3
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔6-8月期〕 17社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月22日発表分) 注目
  5. 5
    【杉村富生の短期相場観測】 ─東京市場には極端(異常)な数値が出現! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.