ログイン
米国株
2019年11月23日 6時40分
市況

今週の【早わかり株式市況】2週連続下落、貿易と香港を巡る米中対立が重荷

■今週の相場ポイント

1.日経平均は週半ばに3日続落、週間ベースでは2週連続の下落に

2.米中貿易交渉の先行きに不透明感が台頭、「香港人権法案」に警戒感

3.NYダウ下落で21日は一時400円超の下落、2万3000円を割る場面も

4.米中対立懸念で海運や機械など景気敏感株は総じて軟調な展開

5.週末は4日ぶりに反発、目先調整一巡期待で値頃感からの買いも流入

■週間 市場概況

今週の東京株式市場は日経平均株価が前週末比190円(0.82%)安の2万3112円と2週連続で下落した。

今週は米中貿易協議の行方や香港情勢に一喜一憂する展開が続いた。週半ばの19~21日にかけては8月初旬以来となる3日続落を記録。海運や機械など景気敏感株は総じて軟調だった。ただ、週末には値頃感も台頭し日経平均は反発した。

週明け18日(月)は、前週末の米株式市場で主要指数がそろって最高値を更新したことを受け、リスクを取る動きが強まった。日経平均は前週末比113円高と上昇した。19日(火)は米中貿易協議の先行き不透明感などが重荷となり利益確定売りに押された。国内での「桜を見る会」への批判の高まりも国内政局につながるとして警戒感が高まった。日経平均は124円安と3日ぶりに反落した。20日(水)は前日のNYダウが102ドル安と下落。前日に米議会上院で「香港人権法案」を全会一致で可決したのに対し、中国が反発した。これを受け、日経平均は144円安となり東証1部全体の約3分の2にあたる銘柄が値下がりした。21日(木)は前日のNYダウが112ドル安と続落したことからリスク回避が継続。「香港人権法案」にトランプ大統領が署名するとの報道が警戒され日経平均は一時、400円超下落した。機械や半導体、自動車株などが軟調。しかし、売り一巡後は下げ渋り結局、109円安で引けた。22日(金)は日経平均が74円高と4日ぶりに反発。目先の調整一巡への期待感から買いが流入した。

■来週のポイント

来週も貿易協議や香港情勢を巡る米中対立が懸念されるだけに不安定な相場展開が続きそうだ。

重要イベントとしては、国内では29日朝に発表される10月鉱工業生産が注目される。海外では25日に行われるパウエルFRB議長の講演や27日発表の米国7-9月期GDP[改定値]、30日発表の中国11月製造業PMIに注視が必要だろう。なお、29日は米国年末商戦の幕開けを告げるブラックフライデーである。

■日々の動き(11月18日~11月22日)

【↑】  11月18日(月)―― 続伸、米株最高値でリスク選好の流れ継続

日経平均 23416.76( +113.44)  売買高12億2347万株 売買代金 1兆9051億円

【↓】  11月19日(火)―― 3日ぶり反落、円高が嫌気され主力輸出株が売られる

日経平均 23292.65( -124.11)  売買高12億0408万株 売買代金 1兆9674億円

【↓】  11月20日(水)―― 続落、米中対立を警戒しリスク回避の売り優勢

日経平均 23148.57( -144.08)  売買高13億5372万株 売買代金 2兆1575億円

【↓】  11月21日(木)―― 3日続落、米中対立懸念で急落も後半下げ渋る

日経平均 23038.58( -109.99)  売買高13億4257万株 売買代金 2兆3406億円

【↑】  11月22日(金)―― 4日ぶり反発、値頃感から証券や石油株などに買い

日経平均 23112.88(  +74.30)  売買高11億1711万株 売買代金 1兆9031億円

■セクター・トレンド

(1)全33業種中、24業種が下落

(2)郵船 <9101> など海運、住友鉱 <5713> など非鉄、コマツ <6301> など機械といった景気敏感株は売り継続

(3)出光興産 <5019> など石油、石油資源 <1662> など鉱業株も続落

(4)金融株は第一生命HD <8750> など保険、三菱UFJ <8306> など銀行株が下落も

野村 <8604> など証券、オリックス <8591> などその他金融株は上昇

(5)トヨタ <7203> など自動車、ソニー <6758> など電機といった輸出株は総じて軟調

(6)内需株はまちまち

日水 <1332> など水産・農林、三菱倉 <9301> など倉庫株が売られる一方

リクルート <6098> などサービス、JR西日本 <9021> など陸運株は堅調

■【投資テーマ】週間ベスト5 (株探PC版におけるアクセス数上位5テーマ)

1(1) 5G

2(14) クラウドコンピューティング ── 大飛翔! 巨大旋風に乗るクラウド関連「驚異の株高候補5銘柄」

3(19) セルロースナノファイバー(CNF)

4(5) 半導体 ── 人気本番「半導体パッケージ関連株」

5(8) 半導体製造装置

※カッコは前週の順位

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 今週の【話題株ダイジェスト】 レアジョブ、木村化、ウチダエスコ (11月18日~22日)
  2. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─巻き戻し継続、市場の関心は米年末商戦.. (11/23)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「調整一巡、師走相場へ」 (11/23)
  4. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―米国を支配しているのは誰か (11/23)
  5. 【今週読まれた記事】国策、グーグル……迫るクラウドの“ビッグウェーブ” (11/23)
  6. 来週の株式相場戦略=米中協議巡り「神経戦」続く、短期調整には一巡期待も (11/22)
  7. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (11月18日-22日)
  8. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 towaさんの場合<第2回> (11/22)
  9. 10万円以下で買える、上期増益増収&低PBR「お宝候補」22社 【東証1部】編.. (11/22)
  10. 19年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 25社選出 <成長株特集> (11/21)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月30日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★キーウェア、日精線、ダイビルなどに注目! 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (12月1日記) 市況
  4. 4
    波乱相場こそ好業績株買いの好機、10年超ぶり「最高益大復活」企業 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    世界が熱視線「プライム市場」、東証再編で日本株復活はなるか <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.