ログイン
2019年12月7日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「三角保ち合いからの放れに従う」

◆さて、12月第2週(12月9~15日)はマーケットにとって重要な週である。タイムスケジュールを見れば、(1)FOMCの結果発表(11日)、(2)英国ブレグジット総選挙(12日)、(3)ECB理事会(12日)、(4)メジャーSQ(13日)、(5)米国による対中追加関税発動の期限(15日)と重要イベントが目白押しだ。そのほか、(6)米雇用統計(6日)、(7)公務員ボーナス支給日(10日)なども日本市場には影響するだろう。

◆ただ、この中で最も注目されているのは(5)の追加関税(第4弾)で、15日の発動を前に米中協議の進展状況に投資家の関心が向かうだろう。そして、日経平均は三角保ち合いからの放れが注目となる。

日経平均株価(5日終値2万3300円)の日足チャートをみると、11月8日から2万3500円台に上値抵抗線が、下値は8月26日の安値(2万0173円)から下値支持線が引け、いま2万3300円近辺で三角保ち合いを煮詰めている。三角形が上向きなので「上放れ」の可能性は十分にあり、そうなれば2万4000円奪回からアベノミクス相場の最高値2万4448円を目指すことになる。

◆だが、逆に三角保ち合いから「下放れる」と26週移動平均線や9月まで上値抵抗線だったネックラインのある2万2000円を模索しよう。RCI(13週、26週)が高値圏で間もなくデッドクロスしかねず、日経平均の「下放れ」も否定できない。年末年始は一方向に振れやすいことから2万2000円で止まらず2万1000円模索の可能性も出てくる。

◆重要イベントの何かをキッカケに三角保ち合いを「放れる」可能性は高い。株式市場は米中通商交渉の「部分合意」や「第一段階の合意」を織り込むように10月から「世界同時株高」を強めたので、上放れた時の上値は大きくならない可能性もあるが、いずれにせよ、まずは「放れ足に従う」ことだ。

(12月5日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─米中追加関税に関心、年末にかけIPOラッ.. (12/07)
  2. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC、米中追加関税発動期日、メジャ.. (12/07)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 towaさんの場合<最終回> (12/06)
  4. 経済対策26兆円の新潮流、「建設・IT融合」で“怒涛の株高”5銘柄.. (12/07)
  5. 個人投資家・有限亭玉介:上昇トレンド継続なるか?注目中の銘柄を公開【FISCO.. (12/07)
  6. 来週の決算発表予定 神戸物産、エニグモ、HISなど (12月9日~13日)
  7. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (12月2日-6日)
  8. 今週の【早わかり株式市況】続伸・一時年初来高値、米中対立思惑で乱高下も国内.. (12/07)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 サインポスト、内田洋、SLD (12月2日~6日)
  10. 【今週読まれた記事】優待、IPO、親子上場 ――物色テーマ“繚乱”の12月 (12/07)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    マスクを、人工呼吸器を――対コロナ最終兵器「3Dプリンター」関連株 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    明日の株式相場戦略=テレワーク関連の裏銘柄に出番か 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月8日発表分) 注目
  4. 4
    株主優待“オフシーズン”に狙う、隠れ優良株「6銘柄」セレクト <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月08日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.