ログイン
2019年12月23日 19時45分
特集

馬渕治好氏【2万4000円攻防、年末年始相場の急所を読む】(2) <相場観特集>

― 一筋縄でいかないバブル後高値更新、気になる上値の重さ―

週明け23日の東京市場は日経平均株価が小反発したものの上値の重さは拭えなくなっている。米国株高でリスク選好ムードは続いている一方、目先高値警戒感からの利益確定売りの動きも観測されるなか、2万4000円近辺は強弱感が対立している。米国株主導で年末年始相場はどういった値運びをみせるのか。長きにわたり株式マーケットに身を置くベテラン市場関係者に当面の株価見通しとポイントについて意見を聞いた。

●「期待先行の買い一巡で年始以降は調整モード」

馬渕治好氏(ブーケ・ド・フルーレット 代表)

東京株式市場は、足もと下値では買いが入るものの上値を積極的に買う動きが一巡している。海外投資家のクリスマス休暇入りで市場エネルギーに乏しく、年内は売り買いともに方向性が出にくく2万4000円近辺で小動きが続くとみている。

北朝鮮問題が地政学リスクとして横たわるが、これを除けば年内はリスク要因として主だったものは見当たらず、一部で警戒される昨年のクリスマス暴落のような波乱はなさそうだ。しかし、今は期待先行で買われ過ぎているフシがあり20年の年明けからは株価に調整圧力がかかりやすい地合いになると考えている。

リスクオン相場の中軸である米国株市場は、PER的には割高圏で、ここ全体を牽引している半導体関連物色の流れ自体は否定できないものの、全体観として米中協議の進展期待で買われた部分は修正が見込まれる。米中の“第1段階合意”についてはおそらく来年1月中に署名がなされると思うが、問題は“その次の合意”が見通せない状況にあることで、今回の正式合意で目先は材料出尽くし的なムードが強くなるとみている。

国内景気も不安は拭えない。コア機械受注が10月まで4ヵ月連続で前月比マイナスとなるなど経済指標にも弱いものが目立つ。消費増税のネガティブな要素を経済はまだ織り込み切れていない可能性がある。全体企業業績は現在の予測水準からも一段の下方修正含みとなりそうだ。

結論として、バブル崩壊後のザラ場高値2万4448円奪回は難しいと考えている。新年相場では下値を探る展開となり2万3000円水準を割り込む展開が予想される。ただ、(日経ジャスダック平均の上昇トレンドが象徴するように)中小型の個別材料株物色の流れは旺盛で、これは今後も続くとみている。

(聞き手・中村潤一)

<プロフィール>(まぶち・はるよし)

1981年東京大学理学部数学科卒、1988年米MIT修士課程修了。米国CFA(証券アナリスト)。マスコミ出演は多数。最新の書籍は「投資の鉄人」(共著、日本経済新聞出版社)。日本経済新聞夕刊のコラム「十字路」の執筆陣のひとり。

株探ニュース

相場観特集

第一線の市場関係者がズバリ斬る!

関連記事・情報

  1. 田部井美彦氏【2万4000円攻防、年末年始相場の急所を読む】(1) <相場観特集> (12/23)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 上昇トレンド株の拾い場、掉尾に利益積み上.. (12/22)
  3. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ イノベーションがマーケットを救う! (12/22)
  4. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─出遅れよりも過熱銘柄の一段高を狙う.. (12/21)
  5. 明日の株式相場戦略=閑散相場を駆ける半導体中小型株 (12/23)
  6. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 12月22日版
  7. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「意識される12月高値」 (12/21)
  8. 市場急拡大の「顔認証」関連株、顔パス時代到来で株価も新局面入り.. (12/23)
  9. 始まった“半導体”大相場、マッハ上昇トレンドに乗る「驚速7銘柄」.. (12/21)
  10. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 24社選出 <成長株特集> (12/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    マスクを、人工呼吸器を――対コロナ最終兵器「3Dプリンター」関連株 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    明日の株式相場戦略=テレワーク関連の裏銘柄に出番か 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月8日発表分) 注目
  4. 4
    株主優待“オフシーズン”に狙う、隠れ優良株「6銘柄」セレクト <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月08日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.