ログイン
2020年4月10日 9時30分
特集

コロナショック前の高値に引きずられるのはなぜ? ⇒ アンカリング


大槻奈那の「だからあなたは損をする~心理バイアスの罠にはまらない技」

大槻奈那(Nana Otsuki)
マネックス証券・執行役員チーフアナリスト
大槻奈那東京大学卒業。英ロンドン・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。格付け会社スタンダード&プアーズ、UBS証券、メリルリンチ日本証券にてアナリスト業務に従事。2016年1月より現職。名古屋商科大学大学院教授、二松学舎大学客員教授を兼務しつつ、一橋大学大学院・経営管理研究科(一橋ビジネススクール)の博士課程に在籍。ロンドン証券取引所アドバイザリーグループ・メンバー。財務省財政制度等審議会委員、規制改革推進会議委員。最近の趣味は落語鑑賞と旅行、そして不動産実査で宅地建物取引士の資格も保有する。

4月7日の緊急事態宣言で、街も一層静かになっています。拙宅の近くに屋形船のお店が並んでいる地域があるのですが、寂しいことに、人っ子一人見かけません。

一方、海外では、中国・武漢の封鎖解除に続いて、欧州や米国でも、若干ながら感染者拡大に少しずつ落ち着きの兆しも見えてきました。これを受け、日経平均も一時期の年初来30%安から1割程度戻してきました。

ところが、なかなか上値が鈍い銘柄もあります。これを説明する理論の一つが「アンカリング」で、アンカーとは船を固定する錨(いかり)の意味です。人は、しらずしらずのうちに、固定観念に縛られてしまう心理を指します。

アンカリングのイメージ

ガンジーが死亡したのは114歳以上それとも35歳以上で、変わる答え

アンカリングについて、様々な実験がなされています。古典的なものとしては、インド独立の父であるマハトハ・ガンジーが亡くなった年齢について尋ねる2通りの質問があります。

1つは「ガンジーが亡くなった時は114歳以上でしたか?」と聞いたのちに「ガンジーは何歳で亡くなったでしょうか?」 と尋ねる場合。もう1つは、同様に「35歳以上でしたか?」と聞いてから「亡くなった年齢」を質問する場合です。

2つの場合では、最初の「114歳パターン」の方が、高い年齢の回答になりました。ちなみにガンジーは78歳で亡くなっています。人は、数字を予想する際に、何らかの数値を示されると、これに引きずられてしまう傾向があるのです。

この心理トラップは、あらゆるマーケティングで使われています。あからさまなのは通販番組です。

奇妙な形の椅子に座って運動するナイスバディの女性の映像とともに、「毎日わずか5分のエクササイズで理想のボディへ。通販限定1万3200円!」と、視聴者の目を1万3200円に"アンカリング"させます。

そのあと、「今だけ、特製アタッチメント付きで3000円引き!」などと提示されると、ナイスバティになった自分を妄想しながら、最後に出てきた3000円引きがお得に感じてスマホに手が伸びてしまう……。皆さんの中にも、そんな経験をお持ちではありませんか。

最高値までの距離感と、予想値の強気度の平均には「有意な相関」あり

株価の予想もこれに近い現象がみられます。例えば、最近の上値下値が1つの目安になり、それを超える価格は、何か特別な要素がないと予想しにくい場合があります。

株探兄弟サイトの『みんなの株式』で集計している「みんなの株価予想」のデータでも、過去半年程度の最高値が高い株価は、参加者が強気の予想をする傾向があります。こうした最高値までの距離感と、予想値の強気度の平均には有意な相関がみられます。しかも、その傾向は、どちらかというと、経験が浅い人々に強くみられるようです。

確かに、その銘柄の特性が過去から全く変わっていないなら、これまでの値幅を大きく超えていくと、また戻ってくるのでは、と警戒されがちです。しかし、今回の新型コロナのように、人々の行動にレジームチェンジが起こりつつある時まで、過去の価格にアンカリングされてしまっては投資好機を逃しかねません

例えば、新型コロナで見直されている「巣ごもり」関連銘柄として注目されている出前館<2484>は、コロナ暴落前の高値のフシになっていた1319円をようやく4月9日に更新したところです。

■出前館<2484>の日足チャート

「株探」出前館の日足チャート

注:出来高・売買代金の棒グラフの色は当該株価が前期間の株価に比べプラスの時は「赤」、マイナスは「青」、同値は「グレー」。以下同

※当該情報は、一般情報の提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品に関する助言または推奨を行うものではありません。

次ページ 巣ごもり関連銘柄の高値は更新されていくのか

 

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 大槻奈那「この暴落で減るボーナスなら、元々ない方がまし!? ⇒ 外発性モチ.. (03/13)
  2. 大槻奈那「人はなぜ買い時、売り時を逃してしまうのか ⇒ .ハーディング)効果」(02/14)
  3. 大槻奈那の「だからあなたは損をする」 <全シリーズ一覧>
  4. 【総勢14名】すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 <全シリーズ一覧>
  5. 株探プレミアム・リポート <全シリーズ一覧>
  6. 大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 <全シリーズ一覧>
  7. 清水香の「それって常識? 人生100年マネーの作り方」 <全シリーズ一覧>
  8. 大川智宏の「2つの指標で見つけた! コロナショックを耐えそうな極限環境銘柄」(04/08)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 内田衛さんの場合-最終回(04/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月28日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (10月28日) 注目
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=決算シーズン勝利の方程式はあるか 市況
  4. 4
    収益回復に期待高まる、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月28日版 特集
  5. 5
    脱炭素化の切り札、「カーボンリサイクル」関連株に吹くフォローの風 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.