ログイン
2020年5月20日 10時00分
特集

【需給で読み解く株式市場】 ─裁定残は相場を語るのか

「裁定残は相場を語るのか」

text.若桑カズヲ

●異常に積み上がる売り残

5月13日に東証から発表されたプログラム売買の状況によると、裁定取引に係る現物ポジション(5月8日現在)は当限で買い残が3824億円、売り残が2兆1694億円であった。以前は売り残はほとんどなく、買い残が多いのが当たり前であったが、最近は買い残が減り、売り残が買い残を上回って増加している(図表1)。これは一体どういう訳なのだろうか。

【タイトル】

ご承知の通り、裁定取引は現物価格と先物価格との間に生じる価格差(=先物価格-現物価格)が、理論的な価格差(理論値)から乖離することによって取引機会が生じる。価格差が理論値より大きくなれば、割高な先物を売って割安な現物を買い、買い残が増えて売り残が減る。理論値より小さくなれば、あるいはマイナスになれば、割安な先物を買って、割高な現物を売り、買い残が減って売り残が増えるのである。

足もと買い残が減少して、売り残が増えるということは、価格差が理論値より小さくなる、あるいはマイナスになることが多いのだろう。そうした状況は先物価格が安くなる時、あるいは現物価格が高くなる時であるが、それらは如何なる理由で起こるであろうか。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 【需給で読み解く株式市場】 ─ FRBは未曾有の危機を封じ込められるのか (05/08)
  2. 100年に一度の経済危機『大封鎖』に打ち克つ! <GW特集> (05/05)
  3. 成長株狙い・すご腕3人衆が語る「コロナからの教訓と次の一手」-前編 (05/15)
  4. すご腕投資家さん【総勢15人】に聞く「銘柄選び」の技 <全シリーズ一覧>
  5. 大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 <全シリーズ一覧>
  6. 「日経225先物」手口情報(19日日中) 野村証券買い越しトップ、6月限2074枚 (05/19)
  7. 「TOPIX先物」手口情報(19日日中) ゴールドマン買い越しトップ、6月限1574枚 (05/19)
  8. 外国証券 先物手口情報まとめ(5月19日・日中)
  9. 外国証券 先物手口情報まとめ(5月19日・夜間)
  10. 主要国内証券 先物手口情報まとめ(5月19日・日中)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【杉村富生の短期相場観測】 ─絶好調のNY市場と素直さに欠ける東京市場! 市況
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ!総合力よりも一点突破の“エッジ力”企業 市況
  4. 4
    伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月9日版 市況
  5. 5
    コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月7日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.