ログイン
2020年7月5日 8時09分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月5日版

NYダウ、週明け後に上昇する場合、上げ幅の大きな動きになる可能性

1.NYダウの1営業日の変動幅の目安

図1は、2013年以降の NYダウが陽線引けした日の1営業日の変動幅を示しています。

表の左から順番に「年」、「その年の日足が陽線引けした回数」、「陽線引けした日に高値から安値までの値幅が50ドル幅以下だった日の回数」、「50~100ドル幅の範囲だった日の回数」、「100~200ドル幅、200~300ドル幅、300~400ドル幅、400~500ドル幅、500~600ドル幅、600~700ドル幅、700ドル幅以上だった日の回数と割合」を示しています。

図1 NYダウの1営業日の上げ幅

【タイトル】

図1を見ると2013年以降、陽線引けした日の50%、2営業日に1回の割合で、高値から安値までの値幅が100~200ドル幅になっていることがわかります。

2018年以降、値動きが極端に激しくなっていますが、それでもほとんどが100~200ドルの値幅の動きとなっています。通常、陽線引けする日の大部分(70%以上)が50~200ドル、または100~300ドルの値幅の範囲内となっています。

2018年以降、変動幅が大きくなっている原因は、100~200ドル幅以上の値幅になった日の変動幅が、より大きくなることで表れています。

2. NYダウは上昇の初期に1営業日の上げ幅が大きくなっている

図2と図3は、2019年6月以降のNYダウ日足です。図には300ドル幅以上の動きになった日の日付と値幅を記入しています。

図2 NYダウ日足、2019年6~9月の押し目をつける場面

【タイトル】

図3 NYダウ日足、2019年10月以降の押し目をつける場面

【タイトル】

2019年は100~300ドル幅の値幅となった日が全体の74%となっています。300ドル幅以上だった日が極端に大きく動いた日になります。

300ドル幅以上の変動幅となった日を見ると、大きく下げて押し目をつけた後、反発を開始する初期段階で、以前の戻り高値を超える前の動きの中で表れていることがわかります。

極端に大きな値幅の動きは、押し目をつけた後の上昇の初期段階で表れています(今回は確認しませんが、一般的には上昇の最終局面でも表れやすいと考えられています)。

図4は、2020年3月に押し目をつけた後のNYダウ日足です。図には700ドル幅以上の値動きとなった日の日付と値幅を記入しています。本年は(特別に値動きの激しい年のため)、押し目底をつけて、反発を開始する場面で700ドル幅以上の動きが表れていることがわかります。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

伊藤智洋

日経平均株価・短期シナリオ
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【村瀬智一が読む!深層マーケット】 ─ コロナ禍を跳ね返す成長期待株の押し目.. (07/04)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「もみ合いからの放れに注目」 (07/04)
  3. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米コロナ2次感染状況、米非製造業ISM.. (07/04)
  4. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第6回
  5. コロナ相場でしくじり、とりでみなみさんの教訓~第2回 (07/03)
  6. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ ポストコロナをにらんだ投資戦術が有効! (07/05)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 回復相場の主役となるか、エッジ輝く3大パ.. (07/05)
  8. コロナ危機で急浮上、特選「デジタル・セキュリティー精鋭株」.. (07/04)
  9. 来週の決算発表予定 ファストリ、イオン、セブン&アイなど (7月6日~10日)
  10. 【今週読まれた記事】群を抜く注目度 ウィズコロナで輝く“DX関連株” (07/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (08月06日) 注目
  2. 2
    本日の決算発表予定 … トヨタ、任天堂、SUMCOなど 323社 (8月6日) 注目
  3. 3
    トヨタ、非開示だった今期税引き前は8900億円へ 決算
  4. 4
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (8月6日記) 市況
  5. 5
    アンジェス---新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの大量生産に向けてKaneka Eurogentecが参画 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.