ログイン
2020年7月8日 17時39分
市況

明日の株式相場戦略=個別重視の展開、消費関連株の決算は要マーク!

8日の東京株式市場は日経平均株価が前日比176円安と続落した。今日と10日は上場投資信託(ETF)の分配金捻出の売りが警戒されることもあり、もともと注意日とみられていた。ETFに絡む売り金額は、合計で7000億円規模とも試算されている。

また、東京市場を押し上げていた米株式市場も一服基調。ナスダック指数は6日まで5日続伸し、連日の最高値を更新していただけに、「調整が入るのは当然」(市場関係者)との声が出ている。海外市場の後押しは期待しづらく、ETF絡みの売りも警戒されるなか、目先の相場はやや軟調な展開が予想される。とはいえ、大きなトレンドに変化はなく、中小型株を中心とする個別物色が続くとみられる。

マーケットの関心は、今月下旬からの3月期企業の決算内容に向かっているが、見逃せないのが流通やサービスなど消費分野の2月、5月、8月期などの決算銘柄だ。この分野には、コロナ禍で大きな損害を被った企業がある一方で、“巣ごもり消費”の恩恵を享受した企業もあり、明暗が分かれているだけに投資妙味は大きい。

消費関連の有力企業では9日にファーストリテイリング<9983>、セブン&アイ・ホールディングス<3382>、10日に良品計画<7453>が決算発表を予定している。また、同じく10日にはライフコーポレーション<8194>、コスモス薬品<3349>、アスクル<2678>、13日にはジェーソン<3080>、Olympicグループ<8289>、コーナン商事<7516>、識学<7049>などが決算を行う。食品スーパーなどを中心に好決算を発表する企業が出てくる可能性もあるだけに、その動向は要マークだ。

明日は経済指標では、5月機械受注と中国6月消費者物価などが発表される。

(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. ステイホームで増殖、イナゴ投資家の好みは「低」 (07/08)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月8日発表分) (07/08)
  3. いま再び「グローバルニッチトップ」 経産省“お墨付き”優良企業の価値.. (07/08)
  4. ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月08日)
  5. 「テレワーク」が5位、更なる普及に向け富士通など大手の動向に注目.. (07/08)
  6. 「ゲリラ豪雨」が10位、九州の大雨被害を市場も強く意識<注目テーマ> (07/07)
  7. 明日の決算発表予定 ファストリ、セブン&アイなど26社 (7月8日)
  8. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月8日)
  9. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ハニーズHD、Genky、AI insi.. (07/08)
  10. 【↓】日経平均 大引け| 続落、手掛かり材料に欠けるなか上値の重い展開 (7月8日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【杉村富生の短期相場観測】 ─絶好調のNY市場と素直さに欠ける東京市場! 市況
  2. 2
    「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト” <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月9日版 市況
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ!総合力よりも一点突破の“エッジ力”企業 市況
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月7日発表分) New! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.