ログイン
2020年7月29日 17時49分
市況

明日の株式相場戦略=「8月は円高の特異月」を意識か、FOMCに注目

29日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比260円安と大幅安。特に、業績悪化企業への売りが膨らみ、キヤノン<7751>が13%安、日産自動車<7201>が10%安、ファナック<6954>が7%安と散々な結果となった。「未定」としていた通期業績予想が発表されたら、その内容悪化に驚いて大量の投げ売りが出た格好だ。

そんななか、警戒材料となっているのが、為替の円高だ。この日は1ドル=104円80銭台と4カ月半ぶりの円高水準に振れた。今晩、結果が発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)が注目されているが、金融政策は現状維持の見通しだ。

ただ、「景気悪化を食い止めるためにも、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長はハト派姿勢を強める」(市場関係者)との見方が多く、記者会見での発言が注視されている。そしてFOMC後、為替は円安に戻るか、だが「米中対立の激化も気になる。8月は円高の特異月とも呼ばれている。場合によっては、来月にかけ103円後半まで円高は進むかもしれない」(アナリスト)との声もある。

米国の追加経済対策では、1兆ドルを提示する共和党と3兆ドルを提案する民主党との溝は深く、折り合いがどこで付くかもポイント。年後半の景気回復という大きな図柄に変化はないが、目先の市場環境には、不透明感も出ている。

今晩は米国でボーイング、フェイスブック、クアルコムなどの決算がある。東京市場では、明日はコマツ<6301>や富士通<6702>、アドバンテスト<6857>、JR東日本<9020>などが決算を予定している。

また、明日の引けにかけては10~12月期決算企業に対するTOPIX浮動株比率の見直しで、リバランス売買が発生する可能性がある。買い需要が大きいのは不二家<2211>やLINE<3938>など、売り需要が大きいのはキヤノン電子<7739>、富士ソフト<9749>などとの予想も出ている。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

最終更新日:2020年07月29日 17時51分

関連記事・情報

  1. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月29日発表分) (07/29)
  2. コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 7月29日版
  3. ★本日の【サプライズ決算】続報 (07月29日)
  4. ★本日の【イチオシ決算】 アサヒHD、エムスリー、野村 (7月29日)
  5. 明日の決算発表予定 日立、パナソニックなど198社 (7月29日)
  6. 授業ロスを取り戻せ! 夏休み返上で「学習塾」にチャンス到来 <株探トップ特集> (07/29)
  7. 「株探」の歩き方 ― (25)長期成長が期待できる【テンバガー】銘柄を探そう (07/22)
  8. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月29日)
  9. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):エステー、コメリ、オムロン (07/29)
  10. 【↓】日経平均 大引け| 4日続落、業績悪化企業の急落や円高を嫌気 (7月29日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月3日発表分) 注目
  2. 2
    JTが大幅反発、たばこ値上げを好材料視 材料
  3. 3
    明日の株式相場戦略=新型コロナが変えたマネーの潮流 市況
  4. 4
    佐藤正和氏【日経平均久々の急反発、果たして流れは変わるか】(2) <相場観特集> 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月03日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.