ログイン
米国株
2020年8月24日 11時28分
材料

AIinsが大幅続伸し新高値、手書き文字のデジタル化需要が拡大

AI inside<4488>が大幅続伸し新高値。同社は、人工知能(AI)技術を使って書類に書かれた手書き文字をデジタル化するクラウドサービスを展開している。今月12日に21年3月期予想の営業利益を5億7600万円から10億3500万円(前期比2.4倍)に増額修正を発表。書類の手書き文字をデジタル化するAI―OCR製品が想定以上に伸びている。電子政府の構築などに絡み、同社のサービスに対する需要は今後、一段と伸びることが予想されており、その成長性を評価する買いが流入している。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. コロナ禍の4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 <成長株特集> (08/23)
  2. 10万円以下で買える、今期増益&低PER 22社【2部・新興】編 <割安株特集> (08/23)
  3. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第13回 (08/23)
  4. 究極の好業績材料株、大相場の第1ステージに立つ好望銘柄リスト.. (08/22)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 投資家の範であり続ける、老いて凄み増す“.. (08/23)
  6. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ポストコロナをにらんだ動きが活発化する産業界! (08/23)
  7. 【植木靖男の相場展望】 ─ いまは9月相場を占う大事なときか (08/22)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月21日現在)
  9. 「株探」の歩き方 ― (26)トレンドフォロー戦略に適した銘柄を選んで取引しよう (08/21)
  10. 「噂で買わず、事実で買う」でも間に合う? ⇒コンサバティズム・バイアス (08/21)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月5日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月05日) 注目
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=怒涛の海運と復権狙う半導体 市況
  4. 4
    エヌビディアに売り 英政府がアーム買収計画阻止を検討と伝わる=米国株個別速報 材料
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):郵船、ユニチャーム、楽天グループ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.