ログイン
2020年9月16日 17時36分
市況

株価指数先物【引け後コメント】底堅さが意識される展開、海外勢のウエート調整を見極め

大証12月限

日経225先物 23300 -20 (-0.08%)

TOPIX先物  1629.5 -0.5 (-0.03%)

日経225先物は前日比20円安(-0.08%)の2万3300円で取引を終了。寄り付きは2万3260円とシカゴ先物清算値(2万3330円)を下回って始まり、現物の寄り付き直後には2万3240円を付けている。しかし、米国ではテクノロジー株が物色されており、この流れからソフトバンクグループ <9984> を中心にグロースの一角が日経平均株価をけん引する形となった。そのため、日経225先物も寄り付き水準を安値に切り返してきており、前引け間際には2万3340円とプラスに転じている。ただ、後場は米国同様、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちといった模様眺めムードが強まり、2万3300円~2万3340円辺りでの狭いレンジ内での取引が続いた。

ソフトバンクグループ、エムスリー <2413> 、東京エレクトロン <8035> 、アドバンテスト <6857> など指数寄与度の高い値がさ株が日経平均をけん引したが、東証1部の6割を超える銘柄が上昇したことで、NT倍率は先物中心限月で14.29と横ばいで推移しており、NTロングに転換するまでには至っていない。バリュー株の下げは直近の急伸に対する利食いの範囲内であり、グロースの調整一巡感からの買い戻し、バリューについてはアンダーウエートに対する比率修正による買いが入ることで、全体のレンジ切り上げを意識しておきたい。

日経225先物は権利行使価格2万3250円での底堅さがみられ、同じく行使価格2万3375円で挟まれたレンジ内での推移だった。目先的には2万3375円処での底堅さを見極めつつ、権利行使価格2万3500円へのレンジ切り上がりを意識したスタンスとなろう。新政権に対する期待感から下値を売り込む流れにはなりづらいと考えられ、海外勢によるアンダーウエートのポジションを修正する需給の動きが意識されやすい。しばらくは海外勢のウエート調整を見極めたいところだ。

手口面では、日経225先物は野村が440枚、JPモルガンが290枚程度の売り越しに対して、ABNアムロが610枚、クレディスイスが390枚程度の買い越し。TOPIX先物ではソジェンが1150枚、ABNアムロが930枚、ドイツが830枚程度の売り越し。一方でメリルが1320枚程度の買い越しだった。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 明日の株式相場戦略=解散総選挙というジョーカー (09/16)
  2. 武者陵司 「菅氏首相指名、解散総選挙・自民圧勝から大相場が始まる予感」 (09/16)
  3. 【↑】日経平均 大引け| 小反発、米ハイテク株高も円高重荷で上値は重い (9月16日)
  4. 「日経225先物」手口情報(16日日中) ソシエテジェネラル買い越しトップ、12.. (09/16)
  5. 「日経225先物」手口情報(16日夜間) ABNアムロ買い越しトップ、12月限697枚 (09/16)
  6. 「TOPIX先物」手口情報(16日日中) メリルリンチ買い越しトップ、12月限1422枚 (09/16)
  7. 「TOPIX先物」手口情報(16日夜間) UBS証券買い越しトップ、12月限567枚 (09/16)
  8. 外国証券 先物手口情報まとめ(9月16日・日中)
  9. 外国証券 先物手口情報まとめ(9月16日・夜間)
  10. 主要国内証券 先物手口情報まとめ(9月16日・日中)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月23日発表分) 注目
  2. 2
    マザーズ銘柄を徹底研究(No.2)~バズる銘柄の注目要素はこれとあれ 特集
  3. 3
    工場DX推進、生産性向上へ「予兆保全」再脚光 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    明日の株式相場に向けて=反落も底堅さ、個別物色旺盛でマザーズ市場がカギ握る 市況
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月23日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.