ログイン
2020年9月27日 8時05分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月27日版

NYダウ、日経平均とも今週または来週に年末の値位置が明確になる公算

1. NYダウの下げのパターンと押し目をつけるパターンの典型

6月28日の記事では、 NYダウが下降する場面で、下げ幅が大きくなるときの典型的な動き方(図1)と、押し目をつけて反発を開始するときの値動きの典型的なパターン(図2)を紹介しました。

図1 NYダウ、下降時の典型的な値動き

【タイトル】

図2 NYダウ、押し目底をつける時の典型的な値動き

【タイトル】

勢いの強い下げの流れの途中で、下げ幅が拡大するときに表れる動き方は、図1の中の3通りがあります。

陽線を陰線が挟んで、もみ合いとなった後、大きく下放れる展開(弱気パターン1)、一時的な反発を経過した翌日、反発前の安値以下から始まって、そのまま下げ幅が拡大する展開(弱気パターン2)、連続して下放れる展開(弱気パターン3)です。

押し目をつける場面での典型的なパターンは、下ヒゲの長い線をつけて、その後、1~2営業日で押し目をつける前の日の始値を一気に超える動きになります。

2. NYダウは今週中または来週までの期間で下値の限界がわかる

図3は、最近のNYダウ日足です。NYダウは9月3日の高値2万9199ドルが戻り高値となった後、はっきりとした下降の流れを作っています。

図3 NYダウ日足と予想線

【タイトル】

9月末から10月上旬は価格が下げる場合、勢いが強く、下げ幅が大きくなりやすい時期です。

2019年は、10月1日の高値2万7046ドルから3日の安値2万5743ドルまで、3営業日で1303ドル幅の下げ場面となっています。

2018年は、10月3日の高値2万6951ドルから10月11日の安値2万4899ドルまで、7営業日で2052ドル幅の下げ場面となっています。

現在は下げやすい時期にはっきりとした下降の流れができているため、下値余地が十分にあるなら、今後の価格が10月上旬頃までの期間で、一気に下げ幅を拡大する動きが表れると考えられます。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

伊藤智洋

日経平均株価・短期シナリオ
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─政策関連や需給妙味の大きい銘柄に注目 (09/26)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「膠着からの放れ足」 (09/26)
  3. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 各論(銘柄)勝負の投資戦術が有効! (09/27)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:マザーズIPO、米大統領選初討論会、米雇.. (09/26)
  5. 「株探」の歩き方 ― (28)逆張り戦略に適した銘柄には短期売買を心がけよう.. (09/25)
  6. 億トレ目指すならコレ、「もう1人の自分」&「最低2000時間」 (09/25)
  7. 【今週読まれた記事】押し寄せる奔流――新政権発の“最強テーマ” (09/26)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 東邦金、鈴与シンワ、日本ラッド (9月23日~25日)
  9. 新「量子コンピューター関連」特選株、“時空超え大相場”に夢託す6銘柄 <株探.. (09/26)
  10. 「脱ハンコ」が10位にランクイン、菅政権のデジタル改革で再脚光<注目テーマ> (09/25)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    決算発表に先回り、「上方修正シグナル点灯」の6銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★日本コークス、宮入バ、リバーエレクなどに注目! 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月19日発表分) 注目
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(3):ナカニシ、SUMCO、ジーエヌアイ 注目
  5. 5
    ソフトバンクGが断トツの商いで年初来高値ツラ合わせ、空売り買い戻し誘発 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.