ログイン
2020年11月13日 11時45分
注目

話題株ピックアップ【昼刊】:ケアネット、ブイキューブ、アンジェス

■コーア商HD <9273>  1,655円  +294 円 (+21.6%)  11:30現在  東証1部 上昇率2位

コーア商事ホールディングス<9273>がマドを開けて急騰している。12日の取引終了後に発表した21年6月期第1四半期(7~9月)の連結決算は、売上高40億7400万円(前年同期比41.4%増)、経常利益6億9700万円(同5.7倍)に急拡大しており、これを好感する買いが入っている。同社はジェネリック医薬品原薬の輸入商社と注射剤中心の医療用医薬品の製造販売機能を併せ持つビジネスモデルで医薬品業界のニーズを捉えている。第1四半期は主力の原薬販売事業で循環器官用薬や中枢神経系用薬向け原薬の販売が好調だったほか、製造受託の拡大で医薬品製造販売事業が黒字転換し、業績高変化を遂げている。

■ケアネット <2150>  4,330円  +700 円 (+19.3%) ストップ高買い気配   11:30現在

ケアネット<2150>がストップ高カイ気配。12日の取引終了後、20年12月期の連結経常利益が13億円(前期比2.2倍)になりそうだと発表。従来予想の6億1200万円(同3.2%増)から大幅上方修正となり、従来の4期連続での過去最高益予想を更に上乗せしたことが好感されている。新型コロナウイルス感染症の影響による製薬企業のDX化推進に伴うリモートワーク拡大などを背景に、主力の医薬営業支援サービスを中心に受注が増加していることが上振れの要因。売上高は前回予想の35億円を大幅に上回る50億円(前期比53.0%増)に到達する見通しだ。なお、同時に発表した第3四半期累計(1~9月)の業績は売上高31億8500万円(前年同期比48.4%増)、経常利益10億3400万円(同2.7倍)だった。

■LITALICO <6187>  3,600円  +550 円 (+18.0%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位

LITALICO<6187>が大幅反発。12日の取引終了後、21年3月期の連結経常利益を従来予想の9億2000万円から11億5000万円へ引き上げると発表。従来の5.9%減益予想から一転して17.6%増益を見込み、8期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが好感されている。障害者就労支援サービスを主力とする既存事業の順調な推移やオンライン支援の本格化を背景に売上高が計画を上回ることが寄与。営業効率が改善することなども利益を押し上げる。なお、同時に発表した上期(4~9月)の同利益は前年同期比48.3%増の6億8200万円だった。

■ブイキューブ <3681>  2,711円  +342 円 (+14.4%)  11:30現在  東証1部 上昇率6位

ブイキューブ<3681>が急騰している。12日の取引終了後、上限を20万株(発行済み株数の0.82%)、または3億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これが好感されている。取得期間は11月13日から12月18日までで、資本効率の向上を通じた株主への利益還元や、経営環境に応じた機動的な資本政策の遂行を図ることが目的という。同時に発表した第3四半期累計(1~9月)連結決算が、売上高53億1400万円(前年同期比17.3%増)、営業利益5億5600万円(前年同期1億6600万円の赤字)、純利益6億3500万円(前年同期比32.1%増)だった。Web会議サービスや映像組み込みサービスの需要増加により、好採算のビジュアルコミュニケーション事業の売上高が伸長したことが寄与した。なお、20年12月期通期業績予想は、9日に発表した修正予想値の売上高79億円(前期比24.0%増)、営業利益9億円(前期2億8400万円の赤字)、純利益10億円(同3400万円の黒字)を据え置いている。

■アンビスHD <7071>  3,565円  +410 円 (+13.0%)  11:30現在

アンビスホールディングス<7071>が大幅続伸となっている。同社は12日取引終了後に、21年9月期通期の連結業績予想を公表。営業利益見通しを前期比26.3%増の23億700万円としているほか、期末一括配当計画を前期比3円増配の9円としていることが好感されているようだ。売上高は同53.1%増の140億4500万円を見込む。今後も有料老人ホーム「医心館」を積極的に開設する計画で、今期は11施設(第1四半期に4施設、第2四半期に2施設、第3四半期に5施設)を新設する予定だとしている。なお、20年9月期通期の連結決算は、売上高は前の期比70.9%増の91億7400万円、営業利益は同2.0倍の18億2600万円で着地した。

■LINK&M <2170>  524円  +60 円 (+12.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率8位

12日に決算を発表。「今期最終を赤字縮小に上方修正」が好感された。

リンクアンドモチベーション <2170> が11月12日大引け後(15:30)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結最終利益は前年同期比31.5%減の7.9億円に落ち込んだ。しかしながら、併せて通期の同損益を従来予想の36億円の赤字→28.5億円の赤字(前期は10.8億円の黒字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなった。

⇒⇒LINK&Mの詳しい業績推移表を見る

■アンジェス <4563>  1,484円  +167 円 (+12.7%)  11:30現在

アンジェス<4563>は大幅高で3日続伸している。この日の寄り前、カナダのバイオ医薬品企業バソミューン・セラピューティクス社と共同開発を進めている新型コロナウイルス感染症治療薬「AV-001」について、FDA(米国食品医薬品局)から臨床試験開始許可を取得したと発表しており、これが好材料視されている。今回行われる臨床開発は、中等度から重度の新型コロナウイルス感染症肺炎患者の治療を目的としたもの。「AV-001」は、トロントのサニーブルック病院で発見・デザインされ、アンジェスとバソミューン社との共同開発契約に基づき臨床試験を進めるとしている。なお、同件が20年12月期業績に与える影響は精査中としている。

■フロンティM <7038>  5,320円  +550 円 (+11.5%) 一時ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率9位

フロンティア・マネジメント<7038>が急反発している。12日の取引終了後、12月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表したことが好感されている。株式の流動性を高めるとともに、投資家層の拡大を図ることを目的としている。なお、効力発生日は1月1日。同時に発表した第3四半期累計(1~9月)連結決算は、売上高34億9500万円(前年同期比11.1%増)、営業利益1億1600万円(同12.8%減)だった。ファイナンシャル・アドバイザリー事業で新型コロナウイルス感染症の影響を受けたものの、経営コンサルティング事業が継続的に成長しているほか、再生支援事業も大幅に伸長した。ただ、今後に備えて従来予定を大きく超えて人員採用を行い採用費と人件費が増大したことが利益を圧迫した。また、通期業績予想は、売上高53億円(前期比11.1%増)、営業利益8億円(同20.6%増)の従来見通しを据え置いている。

■日産自動車 <7201>  440.7円  +31.7 円 (+7.8%)  11:30現在  東証1部 上昇率10位

12日に決算を発表。「今期最終を赤字縮小に上方修正」が好感された。

日産自動車 <7201> が11月12日大引け後(17:00)に決算を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終損益は3299億円の赤字(前年同期は653億円の黒字)に転落した。しかしながら、併せて通期の同損益を従来予想の6700億円の赤字→6150億円の赤字(前期は6712億円の赤字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなった。

⇒⇒日産自動車の詳しい業績推移表を見る

■エア・ウォーター <4088>  1,711円  +99 円 (+6.1%)  11:30現在

12日に決算を発表。「今期税引き前を8%上方修正」が好感された。

エア・ウォーター <4088> が11月12日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比13.9%減の188億円に減った。しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の450億円→485億円(前期は498億円)に7.8%上方修正し、減益率が9.7%減→2.7%減に縮小する見通しとなった。

⇒⇒エア・ウォーターの詳しい業績推移表を見る

■レスターHD <3156>  2,464円  +128 円 (+5.5%)  11:30現在

12日に決算を発表。「今期最終を一転40%増益に上方修正・11期ぶり最高益、配当も15円増額」が好感された。

レスターホールディングス <3156> が11月12日大引け後(16:00)に決算を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比56.7%減の19.8億円に大きく落ち込んだ。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の70円→85円(前期は80円)に増額修正した。

⇒⇒レスターHDの詳しい業績推移表を見る

■ミライトHD <1417>  1,641円  +82 円 (+5.3%)  11:30現在

12日に決算を発表。「今期経常を4%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も5円増額」が好感された。

ミライト・ホールディングス <1417> が11月12日大引け後(15:30)に決算を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比38.7%増の77.4億円に拡大した。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の40円→45円(前期は40円)に増額修正した。

⇒⇒ミライトHDの詳しい業績推移表を見る

■住友林業 <1911>  1,835円  +84 円 (+4.8%)  11:30現在

住友林業<1911>は4日続伸で年初来高値を更新。同社は13日取引終了後、20年12月期(4~12月)連結業績予想の増額修正を発表したことが好感された。売上高は7770億円から8210億円に見直されたほか、営業利益は225億円から350億円、純利益は110億円から205億円に修正された。海外住宅・不動産事業で、米国での住宅販売が好調なことが業績を押し上げる見通しだ。

■平田機工 <6258>  7,050円  +290 円 (+4.3%)  11:30現在

平田機工<6258>は大幅反発している。12日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、営業利益を19億円から25億円(前期比8.7%減)へ、純利益を11億円から15億円(同14.0%減)へ上方修正し、期末一括配当を25円から30円(前期40円)に上方修正したことが好感されている。上期に、家電関連その他事業が減収となった一方、有機EL関連やウエーハ搬送装置など半導体関連生産設備事業が前年同期を上回ったことで、売上高は670億円(同2.1%増)の従来見通しを据え置いたものの、研究啓発費を一部来期に延期したことが利益の増額につながった。なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高328億円(前年同期比15.4%増)、営業利益27億4100万円(同2.5倍)、純利益17億8100万円(同2.3倍)だった。

■Jエレベータ <6544>  4,515円  +130 円 (+3.0%)  11:30現在

ジャパンエレベーターサービスホールディングス<6544>が3日続伸し年初来高値を更新している。12日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を230億円から240億円(前期比12.5%増)へ、営業利益を31億円から35億5000万円(同30.6%増)へ、純利益を19億円から23億円(同35.2%増)へ上方修正したことが好感されている。上期において、コスト削減意識の高まりにより保守・保全の新規契約が大幅に増加したことに加えて、下期も保守・保全売上高、リニューアル売上高ともに想定を上回る見通しであることが要因としている。また、従来未定としていた期末一括配当予想について、11円にするとあわせて発表しており、これも好材料視されている。前期実績に対しては実質増配になる予定だ。なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高109億6700万円(前年同期比5.8%増)、営業利益16億1700万円(同33.6%増)、純利益11億500万円(同51.8%増)だった。

■Eストアー <4304>  1,610円  +300 円 (+22.9%) ストップ高   11:30現在

Eストアー<4304>はストップ高カイ気配。12日の取引終了後に発表した21年3月期上期(4~9月)の連結決算は、売上高49億8900万円(前年同期比2.1倍)、経常利益5億4900万円(同86.7%増)と大幅増収増益を達成しており、これを好感する買いが入っている。企業のDX投資の高まりやM&A効果でWebショップ運営・販促支援システムを主力とするシステム事業の収益が急増したほか、巣ごもり需要の高まりを背景に顧客のEC売り上げに連動する決済事業も拡大した。上期経常利益は通期計画の4億5900万円を既に超過しており、業績上振れが濃厚視される状況となっている。

■アルファポリス <9467>  3,765円  +700 円 (+22.8%) ストップ高買い気配   11:30現在

アルファポリス<9467>がストップ高カイ気配。12日の取引終了後に発表した21年3月期上期(4~9月)の非連結業績は、売上高37億8200万円(前年同期比54.6%増)、経常利益10億4700万円(同67.5%増)といずれも5割超の高変化を遂げており、これが好材料視されている。各電子ストアで実施した「アルファポリス創業20周年キャンペーン」などの拡販施策が奏功し、電子書籍の売上高が大きく伸びたことが寄与。戦略的に強化しているマンガは、刊行点数の大幅増加に加え、親和性の高い電子書籍の好調により売上高が2倍近くに膨らんだ。

●ストップ高銘柄

HAPiNS <7577>  292円  +80 円 (+37.7%) ストップ高買い気配   11:30現在

グローバルウェイ <3936>  2,562円  +500 円 (+24.2%) ストップ高買い気配   11:30現在

ファミリー <8298>  467円  +80 円 (+20.7%) ストップ高   11:30現在

など、8銘柄

●ストップ安銘柄

総医研ホールディングス <2385>  742円  -150 円 (-16.8%) ストップ安   11:30現在

NexTone <7094>  8,320円  -1,500 円 (-15.3%) ストップ安   11:30現在

以上、2銘柄

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 注目銘柄ダイジェスト(前場):Eストアー、電子材料、ブイキューブなど (11/13)
  2. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 12 銘柄  S安= 5 銘柄 (11月13日)
  3. 新型コロナ「第3波」襲来を警戒、年末商戦はECシフトへ <株探トップ特集> (11/12)
  4. 収益回復に期待高まる、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月12日版
  5. 前場のランキング【値上がり率】 (11月13日)
  6. 前場のランキング【値下がり率】 (11月13日)
  7. 東京株式(前引け)=前日比274円安、新型コロナへの警戒で売り優勢 (11/13)
  8. 株価指数先物【昼のコメント】SQは買い越しで幻のSQに、NT倍率は14.89まで上げ.. (11/13)
  9. 東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は3日続伸、ポートが一時S高 (11/13)
  10. ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は3日ぶり反落、シンクレイ.. (11/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 9 銘柄  S安= 1 銘柄 (5月7日) 材料
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 Gダイニング、シンクレイヤ、nms (5月6日~7日) 注目
  3. 3
    【今週読まれた記事】主戦場“活躍必至”の中小型材料株 特集
  4. 4
    レノバ---大幅続落、業績上方修正も目先の出尽くし感が優勢に 材料
  5. 5
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ ターゲットを絞り、業績安心感ある銘柄の値幅取りを捉える 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.