ログイン
2021年2月28日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 日米両市場ともに波乱だが、懸念は無用!

「日米両市場ともに波乱だが、懸念は無用!」

●銀行、富裕層が興味を示すアート運用!

個人の資産運用の幅が広がりつつある。かつては株式、不動産が中心だったが、近年はFX(為替)、ビットコイン、原油などが投資対象となっている。そうした状況下、残されたマーケットがアート(美術品)の世界だろう。すでに、保有資産3000万ドル超の富裕層は資産の5%程度をアートに投じている、という。

現在、世界のアート市場は641億ドルといわれている。約6.8兆円だ。アート市場はアーティスト、コレクターのほか、オークションハウス、ギャラリー、学芸員など多様な人達によって形成されている。やはり、ここは株式市場と同様に、新作中心の「プライマリー市場」と既存作品の「セカンダリー市場」に大別できる。

価格の推移を知るには、世界の美術品情報を手掛ける仏Artpriceのデータが参考になる。ちなみに、評価が確立された作品は高止まり、新たに注目されるようになったアーティストの作品はボラティリティが高い(妙味あり)という。特に、話題を集めているのが「花田和治」(2017年没)の絵画である。

彼を発掘したのはNEW ART HOLDINGS <7638> [JQ]だ。宝飾品がメインだが、同社の白石幸生社長は画商として有名だし、子会社が絵画を販売している。21年3月期の1株利益は86円の予想、配当は20円増の50円とする。株価は急動兆を示しているが、ここは買える。

欧米の金融機関はアートの専門部署を設け、日本の金融機関が新たな収益源とみてアートビジネスを強化している。いまこそ、この会社(NEWART)の専門知識が活かされるのではないか。

●日本はマクロ、ミクロの両面が良好!

一方、株式市場はどうか。足もとの相場は大荒れの状況だが、懸念は無用だ。日経平均株価は長期的に3万8915円(1989年12月29日の史上最高値)挑戦の動きとなろう。現在、日経平均の1株利益(予想ベース)は1340円前後だ。PER は22倍台にとどまっている。バブル時は50倍を超えていた。PERは半分以下の水準である。

日本はマクロ(景気実勢)、ミクロ(企業業績)ともに良好だ。モメンタムは強い。企業業績では21年3月期の第3四半期は5社に1社が最高純益となったし、サプライズ決算が相次いでいる。ソニー <6758> 、デンソー <6902> 、ファナック <6954> 、村田製作所 <6981> などがそうだ。これは投資価値の向上を意味する。

収益構造が激変した企業もある。日本郵船 <9101> 、商船三井 <9104> が好例だろう。21年3月期の1株利益は日本郵船が533円(配当は90円増の130円)、商船三井が502円(同35円増の100円)の予想だ。いや~、超優良企業である。体質改善効果に加え、世界景気の回復(海運市況の上昇)のメリットを享受している。

小物ではテクノホライゾン <6629> [JQ]、カンダホールディングス <9059> [東証2]の好収益に注目できる。21年3月期の1株利益はテクノホライゾンが126円、カンダホールディングスが129円の予想だ。PERは7~8倍にすぎない。成長性に乏しい? いや、飛躍のチャンスを迎えている、と思う。

2021年2月26日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 大波乱相場の真相と処方箋 この中低位7銘柄で3月相場に臨め! <株探トップ.. (02/26)
  2. 10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第3弾〕 35社選出 <成長株特集> (02/28)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】─ 景気敏感に目先シフトも、見逃せないグ.. (02/27)
  4. 上方修正で14期ぶりの最高益、また3社統合企業の株価転換の.. ─ 和島英樹 (02/28)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】─ 自律反発を狙い、逆張り投資のタイミングを.. (02/28)
  6. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 2月28日版
  7. 【今週読まれた記事】覇道!ハイテク株に“買い場到来”か (02/27)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】ロゼッタ、フィード、オーケストラ (2月22日~26日)
  9. 武者陵司「日本株『非理性的悲観(irrational pessimism)』の是正が始まった」 (02/25)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米長期金利の動向、米ISM景況指数、「OP.. (02/27)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月20日発表分) 注目
  2. 2
    イメージワンが連日のストップ高、買い戻し誘発し大相場に発展 材料
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=横殴りの突風にも柔軟に対応 市況
  4. 4
    「パワー半導体」が1位、次世代半導体日米連携で政策恩恵も<注目テーマ> 特集
  5. 5
    今朝の注目ニュース! ★ヒップ、オンコリス、イワブチなどに注目! New! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.