ログイン
米国株
2021年3月21日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 肝要なのは常に、リスクを取る勇気!

「肝要なのは常に、リスクを取る勇気!」

●アメリカでは消費ブームが到来する!

マーケットは米長期金利の動向(3月18日の10年物国債利回りは1.71%超)に、振り回されている。これはミニショックを引き起こした2月末(1.61%強)を上回る水準だ。金利上昇を嫌気し、IT(ハイテク)系企業の多いナスダック市場は売り物に押されている。しかし、過度の悲観は禁物と思う。

米バイデン政権の財政出動(昨年の実行ベース1.7兆ドルに対し、今年は3.5兆ドルと倍増)に加え、ワクチン接種は5~6月には完了(集団免疫体制の確立)する予定だ。景気は明らかに回復軌道に乗っている。いや、爆発的な消費ブームが起きる可能性がある。

なにしろ、2~5月には邦貨換算30兆円の所得税の還付が行われるし、家計には自粛期間中に3兆ドルのMMF(流動性の高い短期資金)が積み上がっている。さらに、株式5兆ドル、不動産の含み益2兆ドルを合わせると、10兆ドルの待機資金が存在する。これは第2次世界大戦直後以来のスケールという。

アメリカでの売上高比率の高いSUBARU <7270> 、竹内製作所 <6432> 、キッコーマン <2801> 、クボタ <6326> 、テルモ <4543> 、セイコーエプソン <6724> 、ダイキン工業 <6367> 、住友林業 <1911> 、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> などはメリットを受けるだろう。

一方、FRBのQE(量的金融緩和→国債買い入れ)は3.5兆ドルが1.44兆ドルと半減する。パウエル議長などFRB首脳は「経済の正常化によって、金利が上昇するのはやむを得ない」と発言している。この背景には消費ブーム(インフレ懸念)を警戒していることがあろう。だが、金利上昇を放置できない理由がある。

●FRBは金利上昇には「介入」の用意!

その根拠は? まず、バイデン政権は基本的に国内産業(雇用)を守るために、ドル安を求めている。現在のようなドル高・円安は困る。次に、国債増発を計画しているバイデン政権にとって、金利上昇は負担増につながる。もちろん、長期金利が2%近くになった場合には内外の機関投資家がドル債を購入(金利抑制)する。

FRBはツイストオペレーション(長期債買いの短期債売り)を断行するだろう。いずれにせよ、金利上昇を恐れる必要はない。常に、波乱はチャンスの信念を持って行動するべきだ。そう、肝要なのは昨年2~3月と同様に、リスクを取る勇気である。

狙い目は22年3月業績が上方修正(マーケットコンセンサス)されているデンソー <6902> 、パナソニック <6752> 、アイシン精機 <7259> 、日本郵船 <9101> 、村田製作所 <6981> 、日本通運 <9062> などはどうか。

小物では大出直りのファーマフーズ <2929>半導体関連の浜井産業 <6131> [東証2]、太陽光発電事業のAbalance <3856> [東証2]、リサイクルのフルヤ金属 <7826> [JQ]、EC(電子商取引)支援のいつも <7694> [東証M]などに注目できる。

2021年3月19日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 巨大資本が動き出す、「EV関連」春の陣 躍動前夜の“新星6銘柄” <株探トップ.. (03/20)
  2. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 31社選出 <成長株特集> (03/21)
  3. 【植木靖男の相場展望】 ─ 週末・週明けのナスダック次第か (03/20)
  4. 脱炭素化への鍵となる基幹部品メーカー、5期連続の過去最高売上.. ─ 和島英樹 (03/21)
  5. ボロ不動産&REITの逆張りで、大ヤラレ後に億り人、昨年暴落時も見逃さず (03/19)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─いま人気の銘柄に共通する、あるポイントと.. (03/21)
  7. 10万円以下で買える、大幅増益&低PBR 18社【2部・新興】編 <割安株特集> (03/21)
  8. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ 近鉄エクス (03/21)
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 3月21日版
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米長期金利の動向、IPO6社、米PCEコ.. (03/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─年内に始まる大インフレ相場に備えるとき 市況
  2. 2
    嵐の中で本領発揮、成長&株高への未来図描く「極撰・好業績5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    まだ間に合う、1月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【今週読まれた記事】大化け株が潜む“ディープバリュー”の深海 特集
  5. 5
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「下放れたが、1月後半安は想定内」 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.