ログイン
2021年6月11日 17時34分
市況

来週の株式相場に向けて=夏相場へ基調変化はあるか

今週の株式市場は、10日の米5月消費者物価指数(CPI)に視線が集中した。その結果を経ての11日の東京市場だったが、日経平均株価はそれまでと変わらない膠着状態となった。

来週は15~16日に米連邦公開市場委員会(FOMC)があり、手控え状況は継続している。市場では、FOMCに関して「表立ったテーパリング(量的緩和縮小)の材料は出ないのではないか」(エコノミスト)と予想する声は少なくなく、ドットチャートによる利上げ時期が関心を集めるとみられている。2023年末までゼロ金利政策が続くかどうかだ。ただ、「インフレ懸念は一時的」との見方に大きな変化はないと予想されており、基本的な基調は変わらないだろう。

そんななか、東京市場は次の一手を模索する状態。「結局、4~6月期決算が発表される7月下旬まで往来相場は続くのでは」との見方がある一方で「徐々に煮詰まり感は出ており、サマーラリー(夏相場)の下地は整いつつある」(アナリスト)との声も出ている。

注目すべきは、ひとつは東証マザーズ指数の反騰であり、もうひとつはTOPIXの切り上げだ。特にTOPIXは週足では13週移動平均線を上回ってきた。「今月下旬の株主総会が終わると機関投資家も動き出す。相場はいったん上昇し始めると買い戻しが流入し、日経平均は2万9500円を一気に超える状況は起こり得る」(同)という。FOMC待ちでなお膠着状態は続きそうだが、次の展開に向けた動きは始まりつつあるのかもしれない。

来週は、海外ではFOMC以外では15日に米5月小売売上高、同鉱工業生産、16日に中国5月小売売上高、17日に米6月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数などが発表される。国内では17~18日に日銀金融政策決定会合が予定されている。14日には、エニグモ<3665>やパーク24<4666>の決算発表がある。16日に全研本社<7371>、18日にEnjin<7370>がともに東証マザーズへ新規上場する。来週の日経平均株価の予想レンジは2万8500~2万9300円。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】揃い始めた経済の両輪、“収束後”をにらむ物色 (06/12)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─当面、小判鮫相場か (06/12)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「煮詰まる相場、放れに従う」 (06/12)
  4. 植草一秀の「金融変動水先案内」 -三元連立方程式- (06/12)
  5. 今週の【早わかり株式市況】小反発、様子見姿勢から2万9000円挟むもみ合い続く (06/12)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 エーザイ、コーナン、大黒屋 (6月7日~11日)
  7. レーティング週報【2段階格上げ↑】 (6月7日-11日)
  8. 銘柄グリップ力がある「長期さん」はどんな人、投資開始以来の成績や含み損益が.. (06/11)
  9. 10万円以下で買える、大幅増益&低PBR 22社【東証1部】編 <割安株特集> (06/11)
  10. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 35社選出 <成長株特集> (06/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」― (5)市場再編の波に揺れる株主優待、リスク回避のために知っておくべきこと 特集
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:エーザイ、三井ハイテク、レノバ 注目
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 38社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」― (5)市場再編の波に揺れる株主優待、リスク回避のために知っておくべきこと 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):三井ハイテク、エーザイ、神戸物産 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.