ログイン
米国株
2021年7月4日 19時30分
特集

最高益【復活】銘柄リスト 21社選出 <成長株特集>

本特集では、22年3月期に経常利益が数年ぶりに最高益更新を見込む“復活銘柄”にスポットライトを当てた。下表は、時価総額が100億円以上の3月期決算企業を対象に、22年3月期の経常利益が「5期以上」ぶりに過去最高益を更新する見通しを示している21社を選び出し、今期の増益率が大きい順に記した。

増益率トップとなったのは川崎汽船 <9107> 。同社は6月22日に、22年3月期期の経常利益を従来予想の450億円から2000億円(前期比2.2倍)に大幅上方修正すると発表。一気に14期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。想定を上回る旺盛な貨物需要や運賃市況を背景に、持ち分法適用会社オーシャン・ネットワーク・エクスプレスの業績が計画を大きく上回ることが収益を押し上げる。

2位に入ったLIXIL <5938> の今期税引き前利益は前期比2.2倍の755億円と8期ぶりの最高益更新を見込む。国内の新築着工とリフォーム需要の回復や欧米中をはじめとする旺盛な需要の継続を背景に、衛生機器やバスルームなどを取り扱うウォーターテクノロジー部門を中心に収益が拡大する。また、デジタル技術の活用を通じて更なる生産性の向上を図る方針だ。

3位の三櫻工業 <6584> の今期経常利益は前期比83.2%増の69億円と11期ぶりに最高益を更新する計画を立てる。半導体や原材料不足などのリスク要因があるものの、自動車生産は年度末に向けて回復する見通し。また、前期に実施した構造改革や経費・人件費削減などの継続的な効果で採算が大きく改善する。自動車関連では、6位に入ったトヨタ系ゴム・合成樹脂部品メーカーの豊田合成 <7282> が14期ぶり、21位のトヨタ自動車 <7203> は6期ぶりの最高益更新を狙う。

4位にリスト入りした東京きらぼしフィナンシャルグループ <7173> の前期業績は、コロナ禍の影響を受けた顧客に対する資金繰り支援を積極的に行った結果、貸出金利息を中心とした資金利益が大幅に増加し、経常利益は従来予想を大幅に上回る82.2億円に拡大して着地。今期は貸出金利息や法人役務を中心とした非金利収益が増加するほか、経費削減や合併・システム統合費用の解消も寄与し、経常利益は150億円(前期比82.4%増)と6期ぶりの最高益更新を目指す。

続く5位オリンパス <7733> の今期税引き前利益は前期比57.5%増の1210億円と14期ぶりに過去最高益を塗り替える計画だ。市場環境の回復を背景に、消化器内視鏡システムや治療機器などの販売が伸びるほか、前期に買収した治療機器メーカーの業績上積みが寄与する。また、前期に計上した社外転進支援制度の実施に伴う特別支援金や事業構造改革費用がなくなることも利益拡大につながる。

7位にリストアップされたDOWAホールディングス <5714> の今期経常利益は500億円(同34.4%増)と07年3月期以来、15期ぶりの最高益に復活する見通しを示している。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けていた自動車関連製品やサービスの需要が回復するほか、金属相場の上昇が追い風となる。また、持ち分法投資損益が改善することも利益を押し上げる。

8位に入ったTOWA <6315> は超精密金型をコア技術とし、モールディング(封止)装置やシンギュレーション(切断・加工)装置を主力とする半導体製造装置メーカー。前期は半導体内製化が加速する中国を中心に半導体製造装置の販売が大きく伸びたほか、5G関連向けなど付加価値の高い製品ニーズを取り込んだ。今期も半導体製造装置の好調が継続するうえ、アフターサービスなどの新事業も拡大し、経常利益は50億円(前期比31.0%増)と5期ぶりの最高益更新を見込む。

12位の日本ピラー工業 <6490> 、16位の東京エレクトロン デバイス <2760> も足もとで急速に高まる半導体需要が追い風となる。半導体製造装置向けピラフロン製品を手掛ける日本ピラー工業は5期ぶりの最高益更新、半導体を主力とするエレクトロニクス商社の東京エレクトロン デバイスは実に21期ぶりの最高益へ大復活する見通しだ。

┌─── 経常利益 ───┐  最高益  予想

コード 銘柄名    増益率 22年3月期 21年3月期 間隔期数  PER

<9107> 川崎汽      123  200000   89498   14   1.9

<5938> LIXIL    123   75500   33804    8  17.9

<6584> 三桜工     83.2   6900   3766   11  10.0

<7173> 東京きらぼし  82.4   15000   8224    6   4.7

<7733> オリンパス   57.5  121000   76810   14  31.1

<7282> 豊田合     43.4   53500   37301   14  11.7

<5714> DOWA    34.4   50000   37200   15   8.8

<6315> TOWA    31.0   5000   3818    5  15.6

<6718> アイホン    24.6   4600   3693   15   9.3

<4613> 関西ペ     22.6   44000   35880    5  27.4

<3946> トーモク    19.0   9200   7734    5   5.3

<6490> ピラー     17.8   6000   5094    5  12.6

<4350> メディシス   15.0   4000   3479    6  12.4

<4462> 石原ケミ    14.4   2120   1853   15  11.4

<3166> OCHIHD  11.9   2460   2198    8  10.9

<2760> 東エレデバ   10.3   5100   4625   21  12.3

<6840> AKIBA   10.0    750    682   23  13.7

<6370> 栗田工      7.4   31300   29150   14  28.1

<9304> 渋沢倉      6.9   4200   3929   27  11.6

<3676> デジハHD    6.3   2100   1975    5  23.4

<7203> トヨタ      6.1  3110000  2932354    6  11.9

※経常利益の単位は百万円。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 利益は急回復、「底打ち反転期待銘柄」を探せ (07/07)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月7日版
  3. 上方修正“先回り”、21年6月上期【業績上振れ】候補 <成長株特集> (07/01)
  4. 恐るべき豪雨災害から身を守る 待ったなしの「水害対策関連株」 <株探トップ.. (07/07)
  5. もうすぐ億り人、名古屋の著名投資家「なごちょう」さんのじっくり勝つ技 <下> (07/06)
  6. 武者陵司「米国トリプル高、日本ダブル安の行方」 (07/06)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─見直したい「新パックス・アメリカーナ銘柄」 (07/04)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─出遅れが著しい日本の株式市場! (07/04)
  9. 勢いづく「スポーツ関連」、業績回復+東京五輪開催で株高思惑も <株探トップ.. (07/06)
  10. 波乱相場のリベンジなるか、直近IPOと7月上場銘柄の投資妙味度 <株探トップ.. (07/05)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】加速する進化“医療DX”が導く大相場の未来 特集
  2. 2
    発表迫る、低PERの22年3月期【上方修正】期待リスト〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    グローバルウェイは大幅に4日続伸、「GameTomodachi」は10月26日にリリース決定 材料
  4. 4
    大相場の萌芽、「医療DX&最先端医療」で輝き放つ“進化系6銘柄” <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    10万円以下で買える、大幅増益&低PER 21社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.