ログイン
米国株
2022年11月25日 17時46分
市況

来週の株式相場に向けて= 銀行株“高値圏飛躍”の意味するもの

25日の日経平均株価は前日比100円安と4日ぶりに反落したものの、2万8200円台と底堅い値動きが続く。

米インフレ懸念の後退期待を背景に、半導体関連などグロース株の逆襲高に関心が集まっているが、その一方で「バリュー株が予想以上に底堅い」(アナリスト)ことに注目する声も少なくない。日経平均株価は、1月につけた年初来高値に迫るものの、まだ少し余裕がある。しかし、TOPIXは2000ポイント台に乗せ、1月5日の年初来高値(2039.27)が目前に迫ってきた。日経平均株価に先駆けてTOPIXが新高値に躍り出る可能性も高まっている。

そのTOPIX上昇の牽引役ともみられているのが銀行株だ。三井住友フィナンシャルグループ<8316>やみずほフィナンシャルグループ<8411>といったメガバンク、りそなホールディングス<8308>、それに東京海上ホールディングス<8766>など大手損保も含め年初来高値に飛躍している。急騰した富山第一銀行<7184>は別格として、七十七銀行<8341>など地銀株も上昇している。

銀行株は金利上昇時に買われることが多い。それだけに、米長期金利の低下に向けた期待が高まるこの時期になぜ買われるのか。その要因には、さまざまな見方があるが、そのひとつは「来年4月の黒田日銀総裁の退任を意識し、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の変更を視野に入れた外国人投資家の買いが流入しているのではないか」(市場関係者)というものだ。いずれにせよ、年末相場に向け銀行株などバリュー株からは目が離せなくなってきた。

来週は、後半から12月に入ることもあり米国を中心に重要経済指標の発表が目白押しだ。最大の焦点は2日の米11月雇用統計だが、それに先立ち29日に消費者信頼感指数、30日にADP雇用統計、1日にISM製造業景況感指数が発表される。30日にはパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演も予定されている。

国内では29日に10月失業率・有効求人倍率、30日に同鉱工業生産が発表される。30日にウェルプレイド・ライゼスト<9565>、1日にサイフューズ<4892>がともに東証グロース市場に新規上場する。来週の日経平均株価の予想レンジは2万7900~2万8500円前後。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

最終更新日:2022年11月25日 17時47分

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】主役は個人! 時流捉える“好業績&テーマ性”の中小型株 (11/26)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─バリュー、グロース株の交互物色へ (11/26)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「ポイントになりやすい12月上旬」 (11/26)
  4. 今週の【早わかり株式市況】2週ぶり反発、リスク選好の流れを維持 (11/26)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 タカトリ、リボミック、ワクー (11月21日~25日)
  6. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (11月21日-25日)
  7. 売りの一巡でアメ株は年末ラリーに期待、では来年は?~中間決算明けの投資戦略.. (11/25)
  8. 10万円以下で買える、財務健全&低PBR 25社【プライム】編 <割安株特集> (11/25)
  9. 7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 38社選出 <成長株特集> (11/24)
  10. 年末の駆け込み需要拡大、「ふるさと納税」関連株は活躍本番へ <株探トップ.. (11/24)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (02月07日) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=圧倒的強気ならばそれは備える時 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月7日発表分) New! 注目
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月07日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):大ガス、三菱UFJ、オリックス 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.