【IoT】テーマ

 テーマについて
銘柄
▽▲
1447(東M)
1949(東1)
1973(東1)
2186(JQ)
2317(東1)
2327(東1)
2354(東2)
2359(東1)
2743(JQ)
3040(東1)
株価
▽△
前日比
▽△
PER
▽△
PBR
▽△
利回り
▽△
366 -5
-1.35%
38.3倍 3.17倍 ー%
1,900 +16
+0.85%
14.4倍 0.99倍 3.16%
2,668 +8
+0.30%
17.7倍 1.32倍 2.85%
1,110 +58
+5.51%
19.7倍 2.81倍 2.70%
1,284 -32
-2.43%
28.2倍 6.53倍 1.25%
2,788 -6
-0.21%
15.9倍 1.87倍 1.97%
387 +8
+2.11%
19.9倍 2.47倍 1.55%
1,243 +10
+0.81%
17.1倍 1.83倍 2.01%
285 -3
-1.04%
ー倍 10.4倍 ー%
989 +1
+0.10%
20.8倍 3.13倍 1.01%

次へ

アイコンの説明
…現値ストップ高
…現値ストップ安
…特別買い気配
…特別売り気配

【関連記事・情報】

IoTについて

「IoT」はInternet of Thingsの略称。「モノのインターネット」と訳され、あらゆるモノがインターネットに接続されることを意味する。「IoT関連銘柄」は「IoT」事業により利益を生み出す、または利益成長を遂げると期待されている銘柄群を指す。

「IoT」は具体的にはパソコンやスマートフォンなど従来からインターネットに接続されていた情報端末だけでなく、各種センサーや家電、自動車、建設機器、産業機器などあらゆる「モノ」がインターネットに接続され情報を送受信する仕組みを指す。これにより、インターネットに接続された機器の状態をリアルタイムで受け取ることができるようになり、データ化や自動化などが実現され、新たな付加価値が生み出されている。

「IoT」は上述のように「あらゆるモノ」がインターネットに繋がり、そこからより高度な価値を生み出すことを指すため、IoTに関連する銘柄の裾野は極めて広い。株式市場で「IoT銘柄」として位置づけられ、そのことが株価の上昇につながるかどうかは投資家の持つイメージに左右される部分も大きくなると予想される。「IoT」という言葉が普及する前から、この仕組みを事業に取り入れ収益化に成功していた企業は少なからず存在するが、そうした企業が必ずしも「IoT関連株」として買われるわけではない。株式市場は未来を映す鏡でもあるため、「IoT」を利用することで、これから成長する企業により大きな期待が集まるとみられる。

日本では2015年に経済産業省と総務省が産学官でIoTの利活用促進を図る民主導の組織「IoT推進コンソーシアム」を設立。技術開発や標準化、各種プロジェクトの創出を図っている。