市場ニュース

2018年3月20日 18時24分
【市況】 マザーズ指数は小幅続落、売り先行後は押し目拾いの動きも/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場では、米国市場の下落の流れを受けて、売り先行で始まったが、その後は前日の大幅な下げに対する値ごろ感からの買いもみられ、下げ渋る展開となった。祝日を控えて出来高は細っていたが、底堅い値動きによって一先ず追証などの需給悪化リスクは和らいだ格好だった。マザーズ指数は朝方に1175.53まで下げているが、後場には一時1200を回復する場面もみられている。
 個別では、神戸天然物化学<6568>が上値を抑えられたものの、上場来高値を更新。メディアシーク<4824>は昨年来高値を更新。インフォテリア<3853>は大幅反発で直近の戻り高値水準を回復している。一方で、そーせい<4565>、DDS<3782>、メドピア<6095>、PKSHATECHNO<3993>が弱い。
《TM》

 提供:フィスコ

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 「ドローン関連」の人気化カウントダウン、空の産業革命が世界を変える<注目テーマ> (03/20)
  2. 絶好調「焼き肉」業界の“食べ頃”銘柄フルコース <株探トップ特集> (03/19)
  3. 明後日の株式相場見通し=買い手控えムードで上値重い、ハイテク株に不透明感 (03/20)
  4. 植木靖男氏【相場変調、政局不安に揺れる株と為替の行き先】(1) <相場観特集> (03/19)
  5. 利益成長“青天井”銘柄リスト【番外編】 31社選出 <成長株特集> (03/18)

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨