ログイン
米国株
2018年12月19日 14時47分
5%

アマダHDについて、アバディーン・スタンダード・インベストメンツは保有割合が5%未満に減少したと報告 [変更報告書No.11]

アマダホールディングス <6113> について、アバディーン・スタンダード・インベストメンツは12月19日受付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、アバディーン・スタンダード・インベストメンツと共同保有者のアマダHD株式保有比率は5.46%→4.20%に減少した。報告義務発生日は12月14日。

■財務省 : 12月19日受付

■発行会社: アマダホールディングス <6113>

■提出者 : アバディーン・スタンダード・インベストメンツ

◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時

2018/12/14  5.46% →  4.20%   15,863,951  2018/12/19 14:45

■提出者および共同保有者

(1)アバディーン・スタンダード・インベストメンツ

4.46% →  2.87%

(2)アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・(アジア)・リミテッド(Aberdeen Standard Investments (Asia) Limited)

0.95% →  0.77%

(3)アバディーン・アセット・マネジャーズ・リミテッド(Aberdeen Asset Managers Limited)

0.00% →  0.00%

(4)アバディーン・アセット・インベストメンツ・リミテッド(Aberdeen Asset Investments Limited)

0.04% →  0.03%

(5)ピー・ティー・アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・インドネシア(PT Aberdeen Standard Investments Indonesia)

0.01% →  0.01%

(6)スタンダード ライフ インベストメンツ リミテッド

0.00% →  0.51%

※上記は金融庁のEDINET(電子開示システム)で開示された書類に基づく情報です。金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。

※金融商品取引法で自己株式は保有株券に含めないことになっており、そのため保有株数等が0と表記される場合があります。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. アマダHDの【大株主】【5%報告など株主異動】【組み込みファンド】の一覧をみる
  2. ヤマハについて、野村アセットマネジメントは保有割合が増加したと報告 [変更報.. (12/19)
  3. サッポロHDについて、野村アセットマネジメントは保有割合が増加したと報告 [.. (12/19)
  4. マルハニチロについて、野村アセットマネジメントは保有割合が減少したと報告 [.. (12/19)
  5. ミロク情報について、野村証は保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書] (12/19)
  6. ヤマダ電について、野村証は保有割合が減少したと報告 [変更報告書No.13] (12/19)
  7. IRジャパンについて、ワサッチ・アドバイザーズ・インクは保有割合が5%を超.. (12/19)
  8. セコムについて、野村証は保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.2] (12/19)
  9. 東建物について、野村証は保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.10] (12/19)
  10. 大塚HDについて、野村証は保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書] (12/19)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月29日発表分) 注目
  2. 2
    ジョイフルが一時ストップ高、人気YouTuberのヒカル氏とコラボした新メニュー販売開始 材料
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月29日) 注目
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (07月29日) 注目
  5. 5
    明日の株式相場に向けて=決算発表期の「個別株戦略」心得 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.