ログイン
2019年3月20日 7時52分
特集

大幸薬品 Research Memo(2):第3四半期はクレベリン製品デザインリニューアルによる出荷増で増収増益


■業績動向

大幸薬品<4574>の2019年3月期第3四半期は、売上高が7,188百万円(前年同期比7.1%増)、営業利益が1,897百万円(同0.8%増)、経常利益が1,806百万円(同6.1%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益が1,286百万円(同11.5%増)と前年同期に比べ増収増益で推移した。

売上高に関しては、医薬品事業が堅調、感染管理事業が大きく伸長した。国内医薬品事業の売上高は3,007百万円(前年同期比1.4%減)と微減。2018年3月期第1四半期に発売した「正露丸クイックC」の初期出荷があったため、反動減が影響した。海外医薬品事業の売上高は961百万円(同17.1%増)。中国向けが増加し、全体としておおむね計画どおりの進捗である。感染管理事業の売上高は、3,207百万円(同13.6%増)と大幅増収。2018年にクレベリン製品のデザインリニューアル(発売開始以来初)を行い、それに伴う販促強化により店頭の陳列スペースが拡大したことが出荷拡大の要因である。2018年12月より新TVCMを放映開始し、店頭販売も好調に推移している。

売上総利益は増収影響等により増加した。一方でクレベリン製品のリニューアル返品等により売上総利益率は低下した。ただしリニューアルによる返品は想定以下で推移しているようだ。販管費は、マーケティング強化により費用が増加したが、増収効果等により販管費率は低下した。結果として、営業利益が微増、経常利益は未稼働設備関連費用減及び為替差益計上等により大幅な増益となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

《SF》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 画期的がん治療法「光免疫療法」に見えた光明と動き出す関連株 <株探トップ.. (03/19)
  2. 見逃された“あの株”に復活の風、3月期末は「1月決算」好業績株が舞う <株探.. (03/18)
  3. 「人材派遣」関連に再評価機運、4月からの法改正も追い風に<注目テーマ> (03/19)
  4. 発車ベルが鳴り響く! 最強テーマで選ぶ材料株「上昇特急10銘柄」 <株探.. (03/16)
  5. 【リフォーム】関連の銘柄一覧
  6. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 46社選出 <成長株特集> (03/17)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 春風相場の回復トレンドに乗る! (03/17)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 3分割ポートフォリオの構築を! (03/17)
  9. 買い場到来【RSI(20%以下)】低PER 44社選出 <テクニカル特集> 3月19日版
  10. 個人投資家・有限亭玉介:急騰の可能性を秘めた個別株に注目中.. (03/16)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月25日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (04月25日) 注目
  3. 3
    高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 4月25日版 特集
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):Vコマース、アマノ、サンバイオ 注目
  5. 5
    ポイントサービスに新時代の風、消費増税で“商機”膨らむ銘柄を追う <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.