ログイン
2019年3月22日 15時25分
特集

【中国の視点】米利上げは一時停止方針、中国も金融緩和追随か


米連邦準備理事会(FRB)は21日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)では、年内の利上げ見送り方針が示された。

FOMC構成メンバーは昨年12月、年内2回の利上げが妥当だとの見方が優勢だった。一方、現在の経済情勢では、年内の利上げ確率が低いと判断されている。7年のゼロ金利政策は米経済に活力をもたらしており、株式市場も過去最長の強気相場を記録した。

ただ、高い企業の負債比率は米経済の足かせとなり、FRBは出口戦略に変更せざる得なかった。利上げの実施は米国内総生産(GDP)の増加率やインフレ予想を低下させ、失業率を押し上げている。こうした状況の中、FRBは利上げの一時停止方針に切り替えた。

米利上げの一時停止方針が中国の金融政策に与える影響について、以前ほど大きくないとみられている一方、中国も金融緩和に追随する可能性が高いとの見方が優勢になっている。

中国における企業の融資難や高い融資コストなどの問題が顕在しており、これら問題を緩和させなければ、実体経済が一段と悪化すると指摘されている。そのため、預金準備率や零細企業向けの貸出金利の引き下げが追加で実施される公算が大きいと予測されている。

なお、李克?首相は15日、第13期全国人民代表大会(全人代、国会に相当)第2回会議の閉幕式で、今年は融資難や高い融資コストという問題点を重点的に対処する必要があると強調し、零細企業の貸出金利を年1%引き下げる必要があると発言した。

《AN》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 絶好調の19年12月期【最高益】銘柄リスト〔第1弾〕41社選出 <成長株特集> (03/21)
  2. 画期的がん治療法「光免疫療法」に見えた光明と動き出す関連株 <株探トップ.. (03/19)
  3. まだ間に合う、3月配当【高利回り】ベスト30「東証1部」編 <割安株特集> (03/21)
  4. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 3月20日版
  5. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 46社選出 <成長株特集> (03/17)
  6. 見逃された“あの株”に復活の風、3月期末は「1月決算」好業績株が舞う <株探.. (03/18)
  7. 発車ベルが鳴り響く! 最強テーマで選ぶ材料株「上昇特急10銘柄」 <株探.. (03/16)
  8. 今そこにある危機、空き家レスキュー「マンション再生関連」は株価も緊急発進へ.. (03/20)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 春風相場の回復トレンドに乗る! (03/17)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 3分割ポートフォリオの構築を! (03/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月24日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (04月24日) 注目
  3. 3
    高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 4月24日版 特集
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月24日版 特集
  5. 5
    どう攻めるFA関連株、年後半相場「投資の処方箋」 <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.