ログイン
2019年3月30日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「リスクオフ懸念、様子見も一策」

◆マーケットは新年度に入ったが、日経平均株価のチャートは心許ない。年初から戻り歩調を続けてきたが3月4日2万1860円で頭打ち、200日移動平均線(28日現在2万1946円)に届くことなく、昨年10月高値2万4448円から12月安値1万8948円の下げに対する半値戻し(2万1698円)水準で足踏みとなり、そして先週は25日移動平均線(28日現在2万1436円)を割り込み、75日移動平均線(同2万0989円)を試すなど日足は調整入りの気配を漂わす。

◆カギ握るのは米国株だ。 NYダウ(27日終値2万5625ドル)は2月25日に高値2万6241ドルをつけてから足踏み、日足は高値圏でもみ合いを煮詰めつつある。当面はこのもみ合いからの放れの方向が焦点となる。ただ、週足は12月安値(2万1712ドル)から強いV字回復となり、昨年10月3日高値(2万6951ドル)から半年を迎える。つまり、期日向かいで「ダブル(W)トップ」を形成してもおかしくない状況だ。日足では下放れのポイントになるのが200日移動平均線(27日現在2万5185ドル)で注視される。NYダウは日本だけでなく世界マーケットの指針であるだけに、もし200日移動平均を割り込むなら「調整入り」や「世界同時株安」を覚悟することになる。

◆もう一つ、カギを握るのが為替だ。ドル円(28日110.50円)は年初から円安方向に歩みを進めたが、3月5日の112円近辺で頭打ち、その後111円台のもみ合いを経て110円台へ下放れの気配を漂わす。米国をはじめ世界各国で長期金利が低下していることを踏まえると、世界のマネーはいま「リスク回避」を強めていることは否定できず、それに伴う「円高」であれば年初につけた107円~105円水準を試す可能性は高く、そうなれば日本株には強い逆風となる。

◆「休むも相場」という格言がある。新年度入りとはいえ、チャートが心許ないここでは無理せず「様子見」も一策だろう。

(3月28日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「総悲観からの大転換が近づいている」 (03/28)
  2. 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 25社選出 <成長株特集> (03/28)
  3. 10万円以下で買える、高ROE&低PER「お宝候補」22社【東証1部】編 <割安株特集> (03/29)
  4. 景気減速で強まる減配リスクを見破る方法 (03/27)
  5. 【今週読まれた記事】波乱展開……過剰悲観との見方も? (03/30)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 ジョルダン、オプトエレ、ALBERT (3月25日~29日)
  7. 今週の【早わかり株式市況】反落、世界景気減速懸念が再燃し乱高下 (03/30)
  8. 来週の株式相場見通し=海外要因による先物主導の売り警戒、新元号発表にはプラ.. (03/29)
  9. ★本日の【サプライズ決算】速報 (03月29日)
  10. <話題の焦点>=普及の陰で浮上する懸念 注目高まるQR決済セキュリティ.. (03/28)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★SLD、霞ヶ関C、エルテスなどに注目! 注目
  2. 2
    材料株“百花繚乱”、上昇メガトレンドに乗る「選ばれし中低位7銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月15日記) 市況
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月11日発表分) 注目
  5. 5
    本日注目すべき【好決算】銘柄 テラスカイ、ディップ、インターアク (11日大引け後 発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.