ログイン
2019年5月5日 8時00分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─ 始まる令和相場、個別材料株で道を拓く! <GW特集>

「始まる令和相場、個別材料株で道を拓く!」

●日本株を左右する米国市場は高値もみ合いか

令和騒ぎに明け暮れた10連休も折り返し、後半に入った(本稿執筆は5月3日)。正直、これほど長く感じる休みはない。長い休暇に慣れない日本人にとっては戸惑いあるのみだ。

さて、連休前半が終わった段階で連休後の株価を考えてみたい。

いうまでもないが、日本株は売買代金の60~70%を海外勢に依存しており、海外株、特に米国株の動向に左右されやすいことはいうまでもない。

その米国株は連休入り後、どう展開しているか。 NYダウは4月29日(11ドル高)、30日(38ドル高)と連騰したが、4月23日の高値2万6695ドルには届かず、逆に5月1日(162ドル安)、2日(122ドル安)と急落。連休入り直前の水準を下回ってきた。

結果として、2018年10月3日の史上最高値2万6951ドルを目前に高値波乱商状となっている。

子細にみれば、4月30日以降、3日連続の日足陰線である。罫線(チャート)上、これは好ましくない現象であることはいうまでもない。

この背景には米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の低インフレは一時的との発言があった。なにか喉元に刃物を突きつけられた格好だ。

金融緩和を拒否されたのだ。いまの米国株価は景気拡大で利上げされるよりも、むしろ利下げを支持しているかにみえる。投資家の頭は混乱の極みにある。こうなると、5月3日の 米雇用統計の結果がより注目されることになろう。(編集部注:執筆時点は未公表。3日に発表された4月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比26.3万人増と市場予想の約18万人を大幅に上回り、失業率も3.6%と約49年ぶりの低水準となった。一方、平均時給の伸びは市場予想を下回り、米経済の良好さとインフレ圧力の低さを示すものとなった)

ともあれ、米国株はしばらくは高値もみ合いとみるしかない。もっとも、過去のケースでは目標値、ここでは18年10月の史上最高値に迫るとき軽い押し、もしくは短期保ち合いをみせることが多い。ナスダック、S&P500がすでに高値を更新しているだけに、NYダウも高値更新の可能性は十分考えられよう。

●二番天井の警戒圏入りは?

こうした米国株の先行きを考慮して日本株(日経平均株価)の行方を予想してみたい。

シカゴ日経平均をみれば、現状、連休入り前の水準とあまり変化はなさそうだ。仮にこの水準でもみ合うと、先行き不安感が募ることもあり得よう。

だが、日柄でいえば18年12月25日安値1万9155円(終値ベース)からのそれは連休入り前で82日。この分では来たるべき二番天井を巡っての警戒圏入りはこれまでの経験則からは5月中旬頃からと判断される。それまでどこまで上昇するのかは定かではない。米国株の今後を注視するしかないだろう。今後、最も注目すべきはやはり米国の長期金利だ。再び上昇の兆しが垣間見える。

では、当面の物色をどう見るべきか。現在の指数の位置からすれば、やはり個別材料株が中心となろう。第一三共 <4568> 、エムスリー <2413> 、それに楽天 <4755> などもまだまだおもしろそうだ。

2019年5月3日 記

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 馬渕治好氏【相場観特別編 年後半「令和相場」の行方を占う】(1) (04/29)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 希望の令和の幕開け! 日経平均は3万円を狙う.. (05/04)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 令和の日本、悪材を跳ね返す期待の大テーマ.. (05/06)
  4. 令和相場でスタートダッシュ! 3つの有望テーマでエントリー(2)【5G】 <GW特集> (05/05)
  5. 前半戦速報、20年3月期【最高益】銘柄リスト 38社選出 <GW特集> (05/05)
  6. 横山利香の「株探の歩き方」第1回 ─トップページ活用術(前編) (04/30)
  7. 決算シーズン“突入” 来週の上方修正【大予想】 22社選出 <GW特集> (05/01)
  8. 令和相場でスタートダッシュ! 3つの有望テーマでエントリー(1)【キャッシュレス.. (05/04)
  9. 今年前半の【急騰】材料株 ベスト50 <GW特集> (04/30)
  10. ★株探「ゴールデンウイーク特集」の記事一覧

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):サンバイオ、コロプラ、KLab 注目
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:コロプラ、サンバイオ、OLC 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月20日記) 市況
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月20日) 注目
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月18日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.