ログイン
2019年5月15日 16時35分
材料

カドカワ---19年3月期通期は増収、出版、映像・ゲーム事業が好調

カドカワ<9468>は14日、2019年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比0.9%増の2,086.05億円、営業利益が同13.9%減の27.07億円、経常利益が同13.2%増の42.05億円、親会社株主に帰属する当期純損失が40.85億円(前期は10.38億円の利益)となった。

出版事業の売上高は前期比2.9%増の1、159.58億円、セグメント利益(営業利益)は同20.9%増の72.53億円となった。電子書籍・電子雑誌では、異世界系作品が引き続き好調なうえ、キャンペーンの実施等で好調に推移した。書籍では、コミックの大型作品やシリーズ物が好調に推移した。

映像・ゲーム事業の売上高は前期比1.8%増の482.95億円、セグメント利益(営業利益)は同36.3%増の39.19億円となった。映像では、アニメの配信収入や商品化許諾、海外ライセンス販売が収益に貢献した。ゲームでは、パッケージ販売や海外ロイヤリティ収入が収益に貢献した。一方、ドワンゴが2018年11月に提供開始した位置情報ゲームアプリ「テクテクテクテク」は、収益貢献が期待値を大幅に下回ったことから、アプリ開発費を一括費用化した(2019年6月末でサービスを終了)。

Webサービス事業の売上高は前期比10.9%減の258.48億円、セグメント損失(営業損失)は25.76億円(前期は10.67億円の損失)となった。niconicoの有料会員数、「dwango.jp」等モバイル会員数の減少や、事業見直し・事業撤退にかかる費用を計上したことが減益要因となった。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比4.0%増の2,170.00億円、営業利益が同99.4%増の54.00億円、経常利益が同47.4%増の62.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が38.00億円と見込んでいる。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 米中摩擦相場は「鈍感力」で乗り切れ (05/15)
  2. 高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月14日版
  3. リスクオフ相場一服で脚光、「高成長&割安の先高シグナル点灯銘柄」第2弾.. (05/14)
  4. 5月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (05/14)
  5. 「サイバーセキュリティ」に国策の風、サイバー対策で新庁創設<注目テーマ> (05/14)
  6. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 32社選出 <成長株特集> (05/12)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月10日現在)
  8. 雨宮京子氏【下値模索続く東京マーケット、転機と戦略を探る】(1) <相場観特集> (05/13)
  9. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ イノベーション(技術革新)が日本を救う! (05/12)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “プレミアム・サバイバル”の号砲が鳴る! (05/12)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    2日の米国市場ダイジェスト:NYダウ469ドル高、原油反発で投資家心理が改善 市況
  2. 2
    NY外為:リスク回避一服、米国債反落&ダウ下げ止まる、当局の米国債購入ペース減速(訂正) 市況
  3. 3
    来週の株式相場戦略=「首都封鎖」はあるか、緊急経済対策にも注目 市況
  4. 4
    NY外為:ドル買い一服、ダウ300ドル超安、米3月雇用統計のネガテイブサプライズ 市況
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):デンカ、東芝、国際石開帝石 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.