ログイン
2019年7月12日 19時25分
注目

★本日の【イチオシ決算】 ロゼッタ、クリレスHD、東宝 (7月12日)

1)本日(7月12日)引け後に発表された決算・業績修正

●イチオシ決算

【ロゼッタ <6182> [東証M]】 ★3-5月期(1Q)経常は3.7倍増益で着地

◆20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比3.7倍の1.7億円に急拡大して着地。自動翻訳システム「T-4OO」の販売が引き続き好調だったことが寄与。HT事業で管理系の本社機能を大幅に削減するなど販管費の合理化が進んだことも大幅増益に貢献した。

●サプライズな決算発表・業績修正

クリレスHD <3387>   ★今期税引き前を13%上方修正

◆20年2月期第1四半期(3-5月)の連結税引き前利益は前年同期比66.0%増の27.9億円に拡大して着地。昨年よりも天候に恵まれたうえ、ゴールデンウィークも好調に推移したことが寄与。コスト削減に加え、意図的な出店の抑制で開業経費が減少したことも利益拡大に貢献した。

併せて、9月に買収するエスエスエルの業績上積みを踏まえ、通期の同利益を従来予想の56億円→63億円に12.5%上方修正。増益率が51.8%増→70.8%増に拡大する見通しとなった。

メディアドゥ <3678>   ★3-5月期(1Q)経常は2.4倍増益で着地

◆20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比2.4倍の4.5億円に急拡大して着地。電子書籍市場が拡大する中、「LINEマンガ」「Amazon Kindle」などの電子書店への取り次ぎ販売が増加し、44.3%の大幅増収を達成したことが寄与。

モバファク <3912>   ★上期経常を33%上方修正・最高益予想を上乗せ

◆19年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の4億円→5.4億円に33.3%上方修正。増益率が9.2%増→45.6%増に拡大し、従来の2期ぶりの上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。位置情報連動型ゲーム「ステーションメモリーズ!」が好調に推移し、課金収入が伸びたことが寄与。プロモーション費用が想定を下回ったことも利益を押し上げた。

テラスカイ <3915>   ★3-5月期(1Q)経常は黒字浮上で着地

◆20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常損益は1億9200万円の黒字(前年同期は1300万円の赤字)に浮上して着地。米セールスフォースをはじめとするクラウド導入支援サービスが好調だったうえ、受託開発や保守案件が伸びたことが寄与。大型案件の受注や契約社数の増加で製品事業の収益が拡大したことも黒字浮上に貢献した。

第1四半期実績だけで、通期計画の2億5000万円に対する進捗率は76.8%に達しており、業績上振れが期待される。

PR TIMES <3922>   ★3-5月期(1Q)経常は52%増益で着地

◆20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比51.5%増の2億円に拡大して着地。ニュースリリース配信サイトの利用企業数が引き続き増加し、28.1%の大幅増収を達成したことが寄与。

上期計画の2.7億円に対する進捗率は73.3%に達しており、業績上振れが期待される。

レイ <4317> [JQ]  ★3-5月期(1Q)経常は4.7倍増益・上期計画を超過

◆20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比4.7倍の2.6億円に急拡大して着地。前期に低調だったセールスプロモーション・イベント部門の業績が回復したうえ、テレビCMやテレビ番組の改編期にあたる年度初めに編集業務などの受注が好調だったことが寄与。

上期計画の1.5億円をすでに75.3%も上回っており、業績上振れが期待される。

メタップス <6172> [東証M]  ★9-5月期(3Q累計)税引き前が44倍増益で着地

◆19年12月期第3四半期累計(18年9月-19年5月)の連結税引き前利益は前年同期比44倍の22.7億円に急拡大して着地。前期にファイナンス関連事業で大型案件を受注した反動があったものの、海外を中心とするマーケティング支援サービスの好調などで補い、6.7%の増収を確保した。子会社の支配喪失に伴う保有株式の評価益が発生したことも利益を大きく押し上げた。

upr <7065> [東証2]  ★今期経常を一転17%増益・最高益に上方修正、配当も10円増額

◆19年8月期の連結経常利益を従来予想の7.2億円→9.4億円に30.2%上方修正。従来の9.8%減益予想から一転して17.4%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。消費税増税前の駆け込み需要に対応するため運送会社が在庫を積み増す中、レンタルパレットとパレット販売が想定より伸びることが寄与。物流センターへ支払う保管料の減少なども上振れに貢献する。

業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の25円→35円に大幅増額修正した。予想PERが10.9倍→8.8倍に低下し、割安感が強まった。

東宝 <9602>   ★今期経常を一転1%増益に上方修正

◆20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比24.8%増の161億円に伸びて着地。映画事業で「名探偵コナン」をはじめとするシリーズアニメや「キングダム」などヒット作品が前年より多かったことが寄与。演劇事業や不動産事業の収益拡大も大幅増益に貢献した。

第1四半期の業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の450億円→470億円に4.4%上方修正。従来の3.4%減益予想から一転して0.9%増益見通しとなった。

2)7月16日の決算発表銘柄(予定)

■引け後発表

◆本決算:

<1887> 日本国土開発

<2796> ファマライズ

<3021> PCNET [東2]

<3810> サイステップ [東2]

<7808> CSランバー [JQ]

◆第1四半期決算:

<5990> スーパツール [JQ]

<3181> 買取王国 [JQ]

<3415> T-BASE

<3479> TKP [東M]

<3548> バロック

<4645> 市進HD [JQ]

<7610> テイツー [JQ]

<7719> 東京衡機 [東2]

◆第2四半期決算:

<3091> ブロンコB

<3994> マネフォ [東M]

<7997> くろ工 [東2]

◆第3四半期決算:

<3823> アクロディア [東2]

<3991> ウォンテッド [東M]

<9264> ポエック [JQ]

合計19社

※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 「キャッシュフロー」コーナー新設のお知らせ (07/11)
  2. 輝く高収益、「ROE10%超」内需好業績リスト〔第1弾〕29社選出 <成長株特集> (07/11)
  3. ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月12日)
  4. 大化け株を【四季報】で探す、5ブロック活用術 (06/18)
  5. 上方修正“先回り”、19年12月期【業績上振れ】候補 30社選出 <成長株特集> (07/07)
  6. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月10日版
  7. 新無線通信規格「Wi-Fi6」関連に熱視線 5G時代に翔ぶ有望株 <株探トップ.. (07/11)
  8. 不透明な今こそ、3年先の未来に投資して勝つパラドックス戦術 (07/10)
  9. 「MaaS」が6位にランク、相次ぐ実証実験で早期実現に期待感<注目テーマ> (07/11)
  10. 世界に先駆け「情報銀行」動き出す、データ主義時代の躍進株は? <株探トップ.. (07/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月24日記) 市況
  2. 2
    日経平均24日前引け=続伸、107円高の2万1728円 市況
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:SUMCO、アドテスト、郵船 注目
  4. 4
    サイバー、今期経常を50%上方修正 New! 決算
  5. 5
    「半導体製造装置」が急浮上、メモリー市況回復観測で戻り足加速<注目テーマ> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.