ログイン
2019年7月10日 11時40分
特集

不透明な今こそ、3年先の未来に投資して勝つパラドックス戦術

大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 第20回

大川智宏大川智宏(Tomohiro Okawa)
智剣・Oskarグループ CEO兼主席ストラテジスト
2005年に野村総合研究所へ入社後、JPモルガン・アセットマネジメントにてトレーダー、クレディ・スイス証券にてクオンツ・アナリスト、UBS証券にて日本株ストラテジストを経て、16年に独立系リサーチ会社の智剣・Oskarグループを設立し現在に至る。専門は計量分析に基づいた株式市場の予測、投資戦略の立案、ファンドの設計など。日経CNBCのコメンテーターなどを務めている。

世界的に、景気の見通しが不安定さを増しています。この火種である米中の貿易戦争は、G20開催時の米中首脳会談によって第四弾の追加制裁は免れたものの、第一弾から第三弾までの課税は維持されたままであり、紛争が解決したわけではありません。言い換えれば、今後も急に交渉が悪化、決裂する可能性もあり、まさに一寸先は闇といった状況です。

これに加えて、今度は米国内でトランプ大統領とFRB(米連邦準備理事会)との間で「金利戦争」が激化し始めています。これは、金利低下・ドル安誘導をさせたいトランプ政権と、金利上昇・ドル高政策(少なくとも現状維持)を主張するFRBとの間の激しい争いです。

トランプ大統領のツイッターや講演の内容からは、常にFRBの引き締め政策を厳しく非難する内容が発せられ、FRB側もこれに対して毅然とした態度を崩さずに中央銀行の独立性を強く主張するなど、両者の溝は深まるばかりです。

米金利の先行きに、市場の期待とFOMCメンバーの間に温度差

市場では、トランプ大統領側が押し切るとの見方が強いようで、米国の短期金利は政策金利のフェデラルファンド(FF)レートを大幅に下回って下落を続けています。もちろん、製造業や住宅を中心とした弱い経済指標も、緩和方向への政策転換への期待を後押ししているのは間違いありません。

しかし、実は、FOMC(米連邦公開市場委員会)のメンバーの金利予想を示した通称「ドットチャート」を見ると、金利が低下するという見通しを持っているのは半数で、もう半分は金利の現状維持、または上昇と見ているようです。

トランプ陣営、そして市場の金利の織り込み具合と比較すると、その温度感には大きな隔たりがあるようです。そして、実際に金利の行く末を左右するのはFOMCであって、トランプ大統領ではありません。

2019年6月時点のドットチャート

つまり、米中貿易戦争のみならず、米国内金利戦争までもが泥沼化しており、特に短期的にはどのように事態が転ぶのか予想もつかない状況になっています。しかも、どちらの争いも世界経済を大きく揺さぶるインパクトを有するものであり、それが丁半博打のような性格を持っているのですから、手に負えません。

さて、こうした状況で最も困るのが、いわゆる「ファンダメンタルズ投資」を主戦略とする投資家です。ファンダメンタルズ投資は、一般に業界動向や企業の事業戦略、収益性を徹底的に分析し、利益成長を予想して銘柄に投資する基本的な手法です。

当然ながら、この環境では、株価予想の根幹をなす業績予想、利益成長の信頼性が乏しく、投資指標として機能不全に陥ることになります。どれだけ精緻な分析であっても、トランプ大統領の一言やFRBの判断ですべての前提が崩れ去ってしまう可能性も高いといえます。

チャイナ・ショックや米中貿易摩擦は1期先予想PERが冴えない状況に

実際に、1期先の予想EPS(1株利益)成長率を基に投資したいわゆるグロース・ファクターの投資効果を見てみたいと思います。今回の分析では、特に断りがないかぎり母集団はTOPIX(東証株価指数)500構成銘柄とし、予想EPSはコンセンサス成長率を使用しています。

またパフォーマンス(運用成績)は、EPS成長率を基に銘柄を5分位で分類し、高群をロング、低群をショートしたロングショートの累積パフォーマンス(月次)を計測しています。

1期先の予想EPS成長の投資効果

時期によってブレが大きいですが、全体としてはネガティブな効果を生み出してしまっています。言い換えれば、利益成長が高いと見込まれている銘柄が評価されていないということです。

特に、チャイナ・ショック後の2016年前半~後半、米中貿易摩擦が本格化した18年などは強いマイナスのリターンになっています。つまり、期先1年程度の成長予想は目先のマクロの不確定要素によってその信頼性を失いやすく、安定的にリターンを獲得するのには不十分であると考えられます。

※当該情報は、一般情報の提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品に関する助言または推奨を行うものではありません。

次ページ 3期先と1期先のパフォーマンスに開きは広がる一方

<    >

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 大川智宏の「米国利下げ待ったなし、リセッションに打ち勝つ投資戦術」 (06/26)
  2. 大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 <全シリーズ一覧>
  3. 大化け株を【四季報】で探す、5ブロック活用術 (06/18)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ろくすけさんの場合<第1回> (06/14)
  5. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 <全シリーズ一覧>
  6. 株探プレミアム・リポート <全シリーズ一覧>
  7. 大川智宏の「業績見通しが不透明な時に活用するのは『そわそわ銘柄』」 (06/12)
  8. 大川智宏の「本当に強い景気敏感、ディフェンシブ銘柄の見極め方」 (05/29)
  9. 大川智宏の「米中摩擦相場は「鈍感力」で乗り切れ」 (05/15)
  10. 大川智宏の「本決算シーズン到来、今年の『サプライズ』はどの程度?」 (04/24)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★エーアイ、北越メ、ウインテストなどに注目! 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月17日記) 市況
  3. 3
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月13日発表分) 注目
  5. 5
    本日注目すべき【好決算】銘柄 ウインテスト、野村総研、鳥貴族 (13日大引け後 発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.