ログイン
2019年9月12日 11時47分
経済

日本株は本格上昇へ、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

9/12付の「DailyOutlook」では、景況感と日本株について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『本日12日にはECB(欧州中央銀行)理事会が開催されるほか、来週17~18日にはFOMC(米連邦公開市場委員会)、18~19日には日銀金融政策決定会合と、金融政策会合が相次ぐ。ECBは金融緩和に舵を切り、FRB(米連邦準備制度理事会)は追加利下げを実施すると想定されている。日銀に関しては今会合では積極的な緩和に動かないと考えられるものの、いずれにせよ金融政策には緩和的なスタンスをとっている』と伝えています。

続けて、こうした各国の政策効果が景気を下支えしていると考えられることを挙げ、『先進国の製造業PMI(購買担当者景気指数)は4ヵ月連続で景気判断の境目となる50を下回っているが、悪化基調にはひとまず歯止めがかかったようだ。米中通商問題などを背景に景気に対する警戒感は根強いものの、世界的な金融緩和姿勢が徐々に景況感にも好影響を及ぼしているとみられる』と分析しています。

さらに、『世界景気敏感株とされる日本株は過去、先進国の製造業PMIが底打ち、反転するタイミングで上昇基調となっている。依然として多くの投資家は先行きの景況感に自信を深められる段階にはないと考えられるが、日本株の本格上昇は近づいていよう』とまとめています。

最後にレポートでは、『先進国製造業PMIの推移】』を紹介していますので、詳しくは9/12付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 本日の【ストップ高/ストップ安】 前場  S高= 7 銘柄  S安= 1 銘柄 (9月12日)
  2. 話題株ピックアップ【昼刊】:ZOZO、大日印、東エレク (09/12)
  3. 日本初の遺伝子治療薬は世界に羽ばたくのか、アンジェス山田社長に聞く (09/11)
  4. 前場のランキング【値上がり率】 (9月12日)
  5. 前場のランキング【値下がり率】 (9月12日)
  6. 日経平均12日前引け=8日続伸、180円高の2万1778円 (09/12)
  7. 東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反落、GAテクノがS安 (09/12)
  8. ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は6日続伸、フジタコーポ、.. (09/12)
  9. 横浜「立候補」で再燃する「カジノ」関連株人気、誘致合戦で物色本格化.. (09/11)
  10. 「顔認証」が注目度急上昇、東京五輪を控え有力な投資テーマに<注目テーマ> (09/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 日経平均9連騰、米中の対立緩和が市場好転を呼ぶ! 市況
  3. 3
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9月13日、18日が相場の転換日になる? 市況
  4. 4
    10万円以下で買える、3期連続増益&低PER「お宝候補」23社 【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月13日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.