ログイン
2019年10月26日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「強い相場でも、調整信号に注意」

◆24日現在、日経平均株価は4連騰(2万2750円引け)で高値を2万2780円まで伸ばしている。騰落レシオが139%(16日時点)、RCIは9日線98%、13日線97%(24日)、サイコロジカルラインが9勝3敗(23日)と短期テクニカルは過熱感を漂わすが、いまのマーケットにあまり過熱は感じられない。それは16日まで4連騰で1016円上昇し2万2615円を付けたあと、23日まで2万2500円処でのスピード調整を挟んだからだろう。

◆日足チャートで8月の安値2万110円からのN波が2万3420円、週足チャートで昨年12月の安値1万8948円からのN波が2万3525円と、どちらも2万3000円台を指すことから、しばらくそこを目指した流れが続くと思われる。18日現在の裁定取引残高が買い5157億円、売り1兆5388億円と売り長状態が続いている。需給で上昇しやすい地合いにあり、アベノミクス相場の最高値2万4448円(昨年10月)を目指す可能性もある。

◆日経平均先物12月物の建玉(18日時点)を見ると、CTA(商品先物業者)系のCS(クレディ・スイス証券)が10月第2週の3889枚から第3週の1万800枚と大きく買い越し、日経平均の上昇に寄与したと言える。ただ、CSが9月第4週の1万1613枚から10月第1週の4767枚と買いを減らしたのと同時期に、日経平均が大きく下がったという経緯がある。時として投機的ともみられる売買をすることもあり、株価が上がれば「利益確定売り」に動くのは当然で、ここから上値ではまた売りに転ずる可能性もある。CSをはじめ外資系の動きには注視しておきたい。

◆日経平均が上昇基調にあるうちは流れに従い「買い」で対応する。とはいえ、マーケットはいま楽観ムードに包まれ、強気観測が増えてきた。個別株では「半導体関連」に多くの目が集まる。これは「人気片寄る」の兆候でもあり、日経平均の日足の調整信号には注意したい。調整信号を見せるとテクニカルの過熱信号が前面に出てきて「調整」リスクを意識させるだろう。強気相場の中でも、日足の陰転信号に注意していきたい。

(10月24日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─決算本格化、買い戻し後押しする需給 (10/26)
  2. 武者陵司「令和の大相場始動シリーズ(1) 産業革命の力が貿易戦争を凌駕」<前編> (10/25)
  3. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―トランプウォッチが金融市場分析の根幹 (10/26)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米金融イベント、上半期決算本格化、.. (10/26)
  5. 今週の【早わかり株式市況】1年ぶり高値を奪還、海外勢の買い戻しや見直し買い.. (10/26)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 エーザイ、中村超硬、栄電子 (10月21日~25日)
  7. 【今週読まれた記事】“決算発表”&“次世代テクノロジー”に視線集中 (10/26)
  8. 「株探」の歩き方 ― (7)有望株の選別はチャートがキモ! (10/24)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 某OL(emi)さんの場合<第3回> (10/25)
  10. 欧州EVシフト加速待ったなし、車載2次電池関連に新たなる上昇旋風.. (10/26)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月22日発表分) 注目
  2. 2
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 12社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    イノベーションが株価を変える、「DX関連」大相場への扉 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:緊急事態宣言解除なるか、米中摩擦の行方、二次感染の状況 市況
  5. 5
    MACD【買いシグナル】低PBR 12社選出 <テクニカル特集> 5月22日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.