ログイン
2019年11月16日 8時00分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─ 天気晴朗なれども波高し

「天気晴朗なれども波高し」

●先高感を支える“金余り”

天気晴朗なれども波高し――いまの東京市場を表現すれば、こうなる。8月以降、日経平均株価はここまで上昇してくる間、何回か際どい場面があったが、その都度すーっと切り返してきた。あたかも相場操縦、つまりマニピュレーションではと疑念を持つくらいだ。先物市場では相変わらず某外資系2社が売買高で突出している。

その手口は、“売り方キラー”とでもいえそうだ。売り方の買い戻しを許さないといった売買だ。だとすると、大量の空売りを飲み込んだまま高値に持って行くことになる。現在、1兆円近い売り残がある。

最たる例は、11月14日の急落だ。1ヵ月半ぶりの2日連続安だ。この動きからすれば、売り方に買い戻しのチャンスが巡ってきた、と誰しも判断する。ところが、翌15日に早くも上昇、またしても売り方は買い戻しがきかないばかりか、むしろ売りを重ねる状況だ。

週明け18日も上昇すれば、買い方は一気に元気づくことになろう。またしても、空売り筋は“地獄行きの列車”に乗ったままとなる。

さて、こうした強い地合いを保っている理由はどこにあるのか。

市場の大半は、米中通商協議での暫定合意の署名が近いことを挙げている。確かに12月15日には、米国は最後の関税引き上げの期限が来る。それまでには署名は終わる、との思惑があるのは事実。

だが、基本的な要因は、やはり金余りとみている。たとえば、新興国市場は再び上昇に転じているし、米国では低格付け債の価格が上昇を続けている。さらに、米国はここへきて3回の利下げをしていて、一段と金余り感を醸し出している。仮に、ここで一服感が出るにしても依然、先高感を拭うことはできないようだ。

かといって、安心ばかりではないようだ。8月安値から日柄でちょうど区切りの3ヵ月にあたる。日々注意を怠ってはならないことは、いうまでもないだろう

●SOXの放れ見極めまで個別株物色で対処

ところで、物色の流れはどうか。

依然として、柱はみられない。水準が高いだけになおさらである。参考になるのは、米SOX指数だ。ここ高値もみ合いも8~9日間となり、いよいよ上放れるか、下放れるか方向性が見えてくる。上放れるとすれば、市場の人気は再び半導体関連にシフトしそうだ。

それまでは、引き続き個別株物色であろう。もっとも、こういう段階では、最も効率のよいのは経験則に照らせば、 ETFだ。ETFを軸にして、個別ではまず日本ペイントホールディングス <4612> だ。1-9月期税引き前利益は3.8%減ながら、株価は年初来高値を更新してきた。

また、同じ理屈でいえば、直近の戻り高値を抜いてきた東邦チタニウム <5727> も面白そうだ。このほか小物ではジャックス <8584>だ 。業績がよくPER9倍、利回り3%台。バリュー株として注目したい。

2019年11月15日 記

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 武者陵司「令和の大相場始動(3) 「米国株高騰、株式資本主義時代の.. (11/09)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「調整入りの兆し」 (11/16)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 towaさんの場合<第1回> (11/15)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:香港情勢、米FOMC議事要旨、日貿易収支 (11/16)
  5. 今週の【早わかり株式市況】6週ぶり小反落、米中協議・香港情勢で不安定も底堅.. (11/16)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 ナガオカ、セレスポ、AKIBA (11月11日~15日)
  7. 【今週読まれた記事】上昇一服も、狙うは“急騰モンスター” (11/16)
  8. 個人投資家・有限亭玉介:今動いている株と「これから?」と見る株.. (11/16)
  9. 5万円以下で買える、高ROE&好業績「お宝候補」10社選出【東証1部】編.. (11/15)
  10. 来週の決算発表予定 SOMPO、MS&AD、東京海上など (11月18日~22日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の【話題株ダイジェスト】 東邦金、鈴与シンワ、日本ラッド (9月23日~25日) 注目
  2. 2
    【今週読まれた記事】押し寄せる奔流――新政権発の“最強テーマ” 特集
  3. 3
    植草一秀の「金融変動水先案内」 ―2020年のオクトーバーサプライズは何か- 市況
  4. 4
    レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月23日-25日) 特集
  5. 5
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─政策関連や需給妙味の大きい銘柄に注目 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.