ログイン
2020年1月19日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 日経平均株価は中勢3万円を指向!

「日経平均株価は中勢3万円を指向!」

●“絶好調”のNY市場と出遅れの日本市場!

NY市場は“絶好調”である。 NYダウNASDAQ指数、S&P500指数ともに史上最高値を更新中だ。1月16日のNYダウは267ドル高の2万9297ドルだった。完全に「3万ドル」が視野に入っている。

ちなみに、ブラックマンデー(1987年10月19日)時のNYダウは1738ドルにすぎなかった。実に、16.9倍になっている。一方、1987年10月20日の 日経平均株価は2万1910円だ。上昇率は10%そこそこにとどまる。これはどうしたことか。

やはり、バブル崩壊のダメージに加え、「失われた25年」のツケというか、後遺症だろう。しかし、株価低迷の要因の多くが消えたか、解消されつつある。したがって、日経平均は早い段階に、昭和の終わり(1989年1月6日)の水準(3万209円)を目指すことになろう。

なお、NYダウの予想PERは17.2倍、NY市場は18.3倍に買われている。現在、日経平均の1株利益(予想ベース)は1656円だ。NY市場並みのPERでは3万305円となる。3万円奪回は決して無理な“注文”ではないと判断する。

世界景気は底入れ→回復基調を鮮明にしている。改めて述べるまでもない。日本株には景気敏感セクターとしての側面がある。世界景気の回復局面では真っ先に買われるし、他市場のパフォーマンスを圧倒している。

●外国人の本格参戦が秒読みに!

外国人はこのことをよく知っている。いつまでも売りっぱなしでは困るだろう。チャンスを逃す恐れがある。確かに、足もとは“主戦場”がアメリカであり、国際マネーの多くがそこに向かっている。ただ、2019年でみると、現物の売り越しは8780億円(2018年は5兆7403億円の売り越し)と急減、先物は2018年の売り越し7兆4635億円が2019年は3兆3657億円と、大幅買い越しに転じている。

一方、物色面はどうか。具体的には内外の機関投資家が狙う5G半導体などのテーマ性を内包、かつ好業績(2020年度に2ケタ営業増益、ないしは最高益更新)のイビデン <4062> 、アンリツ <6754> 、ソニー <6758> 、日本M&Aセンター <2127> 、ネットワンシステムズ <7518> などに注目できる。

さらに、低PEGレシオ(予想PER÷予想利益成長率)の視点では新光電気工業 <6967> 、NEC <6701> 、レーザーテック <6920> 、太陽誘電 <6976> 、アドバンテスト <6857> などをピックアップできる。いずれもロングランに買われると思う。

小物では引き続いて、ソフトウェアテスト専業のバルテス <4442> [東証M]、株価支援材料が山積みのファーマフーズ <2929> [東証2]、思惑妙味の大日光・エンジニアリング <6635> [JQ]、出直り態勢のツクルバ <2978> [東証M]などに妙味あり、と判断する。

2020年1月17日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 大相場への扉が開く、AI・IoT「倍騰株スーパーセレクション5」.. (01/18)
  2. 発表迫る、好業績の中小型株【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (01/19)
  3. 「株探」の歩き方 ― (12)株価急騰・急落の材料はこうして調べる (01/17)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 合金さんの場合<第2回> (01/17)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 過熱感なき上昇、崩落遠ざける“トランプ相.. (01/19)
  6. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ハイテク主導で順張りも、NT倍率修正の.. (01/18)
  7. 個人投資家・有限亭玉介:直近の話題株とこれからに期待の銘柄群.. (01/19)
  8. 10万円以下で買える、経常最高益&低PER「お宝候補」17社 【2部・新興】編.. (01/19)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (1月17日現在)
  10. スーパールーキーを探せ! 20年「IPO候補」総力分析&大胆予測.. (01/16)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    反発、転換線上向き買い圧力の回復示唆/日経225・本日の想定レンジ 市況
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:デンカ、国際石開帝石、東芝 注目
  3. 3
    欧州為替:ドル・円はもみ合い継続、ユーロ・ドルは下げ渋り 通貨
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月03日) 注目
  5. 5
    ANA---急落、全社員半数規模の一時帰休実施が伝わる 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.