ログイン
2020年1月24日 19時01分
特集

来期業績につながる、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 1月24日版

24日から4-12月期(第3四半期累計)決算発表の集中期間に突入した。足もとでは米中貿易摩擦の長期化による製造業の業績悪化などを背景に、直前の7-9月期まで経常利益の前年同期比マイナスが続いている。10-12月期は増益への転換が期待されるところだが、中国景気の減速や消費税増税の影響など懸念材料も多い。こうしたなか、来期業績を占う手掛かりにもなる直近3ヵ月の収益動向は一段の注目を集めそうだ。

本特集では、本日発表された決算の中から、直近3ヵ月の10-12月期(第3四半期)に増収増益を達成した銘柄をリストアップした。下表は、時価総額50億円以上の銘柄を対象に、10-12月期に売上高と経常利益がともに前年同期を上回った6社を選び出し、増益率の高い順に並べた。

なかでも足元の業績が上向き、3四半期以上連続で増収増益を達成した企業は持続的に成長する可能性が高い。経済環境の改善が進んだ際には、業績成長の加速が期待できる銘柄候補として注目していいだろう。

  ┌─ 経常利益 ─┐ ┌─ 売上高 ─┐ 増収増益 対通期 予想

コード 銘柄名    増益率 10-12月期 増収率 10-12月期 連続期数 進捗率  PER

<8595> JAFCO    292   14973   252   21953     1   -   -

<9629> PCA      178    777  21.2   3537     5  96.4 24.2

<6961> エンプラス   69.0    245   0.2    7586     1  80.8 23.7

<9029> ヒガシ21   27.6    287   5.7   5980     2  87.2 10.7

<2804> ブルドック   26.2    284   1.3   4451     2  93.3 26.8

<2664> カワチ薬品    6.1    1472   2.7   65375     1  77.1 13.0

※売上高、経常利益の単位は百万円。増益率、増収率は前年同期に比べた増加率、単位は%。連続期数は四半期ベースの連続回数。対通期進捗率は経常利益の通期計画に対する4-12月期の進捗割合、単位は%。

※「-」は今期業績予想を非開示の企業。今期最終赤字を見込む企業は除いた。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 発表迫る、好業績の中小型株【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集> (01/23)
  2. ★本日の【サプライズ決算】続報 (01月24日)
  3. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月22日版
  4. 2月株主優待を狙え! 配当プラス優待で高利回り確保の厳選7銘柄.. (01/20)
  5. 明日の決算発表予定 日東電、松井など22社 (1月24日)
  6. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 合金さんの場合<第3回> (01/24)
  7. 異常気象は成長のチャンス! 商機捉え上昇気流に乗る有望株を徹底追跡.. (01/23)
  8. 「スマート農業」が13位にランク、政府の後押しで市場は更に拡大へ.. (01/23)
  9. トヨタ本格参入で脚光、移動革命のラストステージ「空飛ぶクルマ」関連株.. (01/22)
  10. 「コロナウイルス」が3位にランクイン、新型肺炎の感染拡大で関心度急上昇.. (01/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):楽天、スシローGH、メルカリ 注目
  2. 2
    来週の株式相場戦略=急激な円安進行の状況精査へ、当面は一進一退が継続も 市況
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (02月21日) 注目
  4. 4
    5万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」19社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  5. 5
    20日の米国市場ダイジェスト:NYダウ128ドル安、新型コロナウイルスへの懸念が収束せず 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.