ログイン
米国株
2020年3月10日 12時21分
特集

「石油」関連が15位、WTI原油価格の暴落で経済への影響懸念<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 マスク

2 5G

3 円高メリット

4 コロナウイルス

5 テレワーク

6 植物工場

7 巣ごもり

8 原油安メリット

9 旅行

10 ドラッグストア

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「石油」が15位となっている。

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に全体相場はリスク回避の売り圧力が依然として強い。一方で、ここ米国株市場をはじめ懸念材料として新たに急浮上しているのが原油市況の暴落に伴う経済への影響だ。

ここWTI原油先物価格が連日大幅に水準を切り下げる展開となっている。前日は終値ベースで10ドル超の暴落となり、1バレル=31ドル13セントまで水準を切り下げた。取引時間中には4年ぶりに30ドル台を割り込む場面もあった。世界景気減速で石油に対する需要が細るなか、OPECとロシアなど非加盟産油国との協調減産交渉が決裂し、サウジアラビアが増産に転じたことから、供給過剰に伴う需給悪化懸念が原油価格下落に拍車をかけている。これを受けて、前日の米国株市場ではエネルギー関連株が急落しており、シェブロンが15%超、エクソンモービルも12%超の下げをみせ、NYダウなど全体指数の下げを助長した。米国ではシェール関連企業のデフォルトリスクの問題が取り沙汰されており、金融機関への影響が警戒されている。

東京市場でもこの流れを引き継ぐ形となり、きょうは国際石油開発帝石<1605>や石油資源開発<1662>、JXTGホールディングス<5020>、出光興産<5019>などが朝方一斉にウリ気配スタートとなるなどリスクオフの売りが直撃した。更に、原油市況連動型のETNであるNEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブル ETN<2038>は連続ストップ安に売り込まれる展開を余儀なくされた。原油ブルは、きょうまでの直近3営業日で40%も水準を切り下げている。

本来であれば、原油価格の急落は業績面でプラスに働く企業も少なくない。例えば燃油コストの低下でJAL<9201>やANAホールディングス<9202>など空運株は買われて良い理屈だが、株価は下値模索の動きを継続している。新型コロナウイルスの感染拡大という悪材料が邪魔をして、原油安メリットが株価に反映されないケースが多くなっている。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 「植物工場」関連を狙え!中国発の食糧懸念で浮上する有望株群.. (03/07)
  2. 個人投資家・有限亭玉介:新型肺炎拡大を背景に物色を受けた銘柄群.. (03/08)
  3. 【石油】関連の銘柄一覧
  4. 【原油安メリット】関連の銘柄一覧
  5. 上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補〔第3弾〕 <成長株特集> (03/08)
  6. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (3月6日現在)
  7. 緊急事態「2万円割れ」 “底値”か“通過点”か、新型コロナ暴落の正体.. (03/09)
  8. 【植木靖男の相場展望】 ─ 底値波乱はいつ終わる?! (03/07)
  9. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ バンジージャンプ相場下の投資戦術! (03/08)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 売られ過ぎ銘柄の反発を狙う! (03/08)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  3. 3
    EVシフト恩恵を享受、国策買いで「充電設備」関連株は本格発進 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    今週の【早わかり株式市況】2週間で1700円安、オミクロン株とテーパリング前倒しを警戒 市況
  5. 5
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料銘柄に注目 New! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.