ログイン
2020年5月10日 19時30分
特集

利益成長【青天井】銘柄リスト〔第1弾〕 19社選出 <成長株特集>

4月下旬から20年1-3月期の決算発表集中期間に突入している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で決算発表日を延期する企業が相次いでおり、8日までに発表した企業は全体の2割程度にとどまる。本特集では、8日までに発表された決算の中から、1-3月期に過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益成長が“青天井”状況になっている銘柄にスポットライトを当てた。

下表では、本決算月にかかわらず、20年1-3月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している19社を選び出し、1-3月期の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

上振れ率トップとなったのは日本エスコン <8892> 。1-3月期(第1四半期)は不動産販売事業で主力とする分譲マンションの販売が好調だったほか、商業施設や物流倉庫など収益不動産の引き渡しも順調に進み、経常利益は93.2億円と過去最高益を2倍も上回って着地。上期計画の90億円をすでに上回っており、業績上振れが濃厚とみられる。

2位の電算システム <3630> は情報サービス事業でオートオークション業務システムや教育関連システム、デジタルサイネージ、クラウド関連サービスなどの案件が大きく伸び、1-3月期(第1四半期)は売上高、経常利益ともに四半期ベースの過去最高を達成した。経常利益は11.6億円と上期計画に到達しており、業績上方修正が期待される。

続く3位のアクモス <6888> [JQ]はITソリューション事業でシステム更新案件などSI・ソフトウェア開発分野の受注が引き続き好調だったうえ、IT基盤・ネットワーク構築分野も稼働率が向上し、1-3月期(第3四半期)の経常利益は前年同期比47.4%増の3.1億円に膨らんだ。第3四半期累計の同利益は5.2億円と通期計画(3.8億円)を大幅に超過しており、業績上振れは確実とみられる。

5位に入ったTKC <9746> の1-3月期(第2四半期)経常利益は前年同期比46.4%増の45.6億円に拡大し、20四半期ぶりに最高益更新を果たした。幼児教育・保育の無償化にかかるシステム改修案件が大きく伸びた。また、会計システムのユーザー数増加に加え、「Windows7」サポート終了に伴うパソコン買い替え需要の継続も追い風になった。

┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想

コード 銘柄名     上振れ率 1-3月 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER

<8892> 日エスコン     103  9329   4591    4.1  12300  11810  5.9

<3630> 電算システム   48.4  1162    783    3.9   2430   2338 18.9

<6888> アクモス     47.4  314    213    8.8   385   354 18.1

<3939> カナミックN   25.6  216    172   16.0   630   543 85.6

<9746> TKC      25.5  4568   3640    0.0   9670   9669 19.8

<4769> IC       20.5  253    210    1.1   575   569  8.8

<3636> 三菱総研     17.6  6126   5209    6.0   7000   6605  9.1

<6080> M&Aキャピ   15.9  2271   1959    0.9   5905   5855 24.3

<7518> ネットワン    15.4  6626   5743    2.6  17000  16563 24.0

<1417> ミライトHD   15.3 12845   11142    0.4  23300  23207  9.9

<3969> エイトレッド   14.0  187    164   10.5   650   588 32.6

<6028> テクノプロH   13.5  4897   4316   10.0  15100  13727 21.3

<2175> エスエムエス   12.6  2945   2616    1.6   6459   6355 43.6

<3658> イーブック    12.1  269    240   10.7   880   795 20.8

<3901> Mラインズ    11.4  255    229   13.1   1000   884 33.4

<9682> DTS       9.5  3179   2903    0.0  10850  10849 13.5

<3763> プロシップ     5.0  758    722    8.5   1730   1594 16.1

<4327> 日本SHL     4.9  786    749    3.0   1267   1230 13.9

<2491> Vコマース     2.6  1523   1485   10.3   5500   4988 21.7

※ 2019年1月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した2003年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 前半戦速報、21年3月期【最高益】銘柄リスト 17社選出 <GW特集> (05/06)
  2. 逆風下で輝く、21年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月8日版
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 骨太の内需企業復活を睨んで種を蒔く! (05/10)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月8日現在)
  5. 連休明けに期待高まる、20年3月期「上方修正」候補 26社選出 <GW特集> (05/03)
  6. すご腕投資家・DUKE。さんに聞く「コロナ相場を乗り切る技」-最終回 (05/08)
  7. 【杉村富生の短期相場観測】 ─パンデミックは産業構造、生活スタイルを変える! (05/10)
  8. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 「経済活動再開を意識した銘柄に注目.. (05/09)
  9. 10万円以下で買える、売上・経常最高&低PBR 20社【2部・新興】編 <割安株特集> (05/10)
  10. コロナも撃砕! 好業績&株高材料満載の「極撰株セレクト」 <株探トップ特集> (05/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月24日発表分) 注目
  2. 2
    海外投資家、景気敏感株「日本」を本格評価 世界的なワクチン相場に乗る <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=過剰流動性恐るべし、「EV祭り」相場に 市況
  4. 4
    再生エネ・EV相場開幕へ!「次世代電池関連」変貌前夜の5銘柄選抜 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    ANA---4日続落、公募増資報道受け 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.