ログイン
2020年5月30日 18時10分
市況

来週の相場で注目すべき3つのポイント:米中対立、コロナ2次感染状況、メジャーSQ

■株式相場見通し

予想レンジ:上限22000-下限21500円

来週の日経平均は、スピード調整の後にもみ合いに転じる可能性が大きい。経済活動正常化を期待した動きが先行して、日米欧ともに前週の株式市場は買い戻しが先行し、物色的には、グロースからバリューへと循環しながら、商いを伴った株高が展開された。東京市場でも需給に変化が表れている。

東証が28日に発表した5月18日から22日の投資部門別売買動向によると、海外投資家は現物取引ベースで6週ぶりに買い越しとなったほか、現物と先物の合算でも15週ぶりに買い越しに転じている。この傾向は、5月25日から29日の週も継続していることが予想でき、最大の売り手だった海外投資家の買い戻し姿勢が鮮明になったことが、ここまでの日経平均の上昇に寄与したことは確かだ。

ただ、新型コロナウイルス感染拡大の第2波への警戒感はぬぐえず、香港をめぐる米中間の緊張が相場の懸念材料として意識されている。中国天安門事件から31年目となる4日は、香港立法会(議会)が国歌条例案の採決を予定、香港の集会制限措置期限でもあり警戒感が強まる可能性がある。また、5月28日までの日経平均4連騰で25日移動平均線からの上方乖離率は28日には7%を超えるなど、テクニカル的に高値警戒感を示す指標も増加している。6月12日のメジャーSQ(特別清算指数)を控えて先物動向に影響されやすい地合いのなか警戒要因が増えていることから、日経平均は次の展開待ちのもみあいとなりそうだ。なお、相場への影響が大きい米5月雇用統計の発表は5日の東京市場大引け後の夜であり、その影響は翌週となる。9日にはFOMC(米連邦公開市場委員会、10日まで)が予定され、この2大イベントを控えて週後半には手控えムードが強まりやすい。

■為替市場見通し

来週のドル・円は上げ渋りか。米国と中国の対立は解消されていないものの、米中貿易協定は当面存続することから、リスクを回避するためのドル売り・円買いが大きく広がる可能性は低いとみられる。中国政府は全人代で、香港での反政府的な行動を取り締まる「国家安全法制」導入の方針を採択しており、同地域での一国二制度は維持できなくなることを米国は警戒している。米中対立が長期化した場合、安全資産であるドルの需要はやや増加する可能性は残されている。

ただ、米国の雇用情勢は大幅に悪化しており、早期の景気回復への期待は後退しつつある。6月5日発表の5月雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比-800万人とさらなる減少が予想されている。また、失業率は20%近くまで上昇する可能性があり、4月実績の14.7%からさらに悪化する見通し。米国経済が段階的に再開されても、失業率は10%を大幅に上回る状態が続くと予想されており、安全逃避的なドル買いはやや後退しよう。

■来週の注目スケジュール

6月1日(月):日・製造業PMI(5月) 、中・財新製造業PMI(5月)、米・ISM製造業景況指数(5月)など

6月2日(火):米・自動車販売(5月)など

6月3日(水):日・サービス業PMI(5月)、中・財新サービス業PMI(5月)、米・ISM非製造業景況指数(5月)など

6月4日(木):日・対外/対内証券投資(先週)、欧・ユーロ圏サービス業PMI(5月)、欧・ラガルド総裁の記者会見など

6月5日(金):日・家計支出(4月) 、米・非農業部門雇用者数(5月)、米・失業率(5月)など

6月7日(日):中・貿易収支(5月)など

---------------------------------------------------------------------------

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200530-00934016-fisf-market

米国株式市場見通し:景気底入れ期待もリスク要因残る(5/30)

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200530-00934018-fisf-market

新興市場見通し:マザーズ上昇継続で1000pt視野に、IPOも続々発表(5/30)

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200530-00933001-fisf-bus_all

欧米の注目経済指標:5月米失業率は20%に迫る可能性(5/30)

《YN》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「コロナパンデミック中間総括」<前編> (05/30)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ ハイテク、医療、景気敏感の循環買いが続く (05/30)
  3. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 5月31日版
  4. 新興市場見通し:マザーズ上昇継続で1000pt視野に、IPOも続々発表 (05/30)
  5. 国内株式市場見通し:日経平均はSQ、金融イベントにらみもみあいへ (05/30)
  6. 米国株式市場見通し:景気底入れ期待もリスク要因残る (05/30)
  7. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月29日発表分) (05/31)
  8. 明日注目すべき【好決算】銘柄 ブレーキ、トリケミカル、ユニバーサル (29日大引け後 発..
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─上昇勢いづく需給の偏りを突け! (05/31)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─基本方針は“売り上がり”、投資戦術は“小すく.. (05/31)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】押し寄せる奔流――新政権発の“最強テーマ” 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 東邦金、鈴与シンワ、日本ラッド (9月23日~25日) 注目
  3. 3
    植草一秀の「金融変動水先案内」 ―2020年のオクトーバーサプライズは何か- 市況
  4. 4
    レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月23日-25日) 特集
  5. 5
    今週の【早わかり株式市況】続落、連休中の欧米株波乱で売り優勢 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.