ログイン
2020年6月30日 12時20分
特集

「デジタルトランスフォーメーション」が1位、官民を挙げてDX投資加速へ<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 デジタルトランスフォーメーション

2 5G

3 SaaS

4 コロナウイルス

5 テレワーク

6 サイバーセキュリティ

7 人工知能

8 システムインテグレーション

9 半導体

10 バイオテクノロジー関連

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「デジタルトランスフォーメーション」が1位となっている。

人工知能(AI)やIoT の普及加速に合わせ、企業もIT武装を積極的に進めねばならない時代が訪れている。デジタル技術を活用して旧来のシステムを刷新し、顧客や社会のニーズに対応した合理的なビジネスモデルを構築する。このIT投資の概念はデジタルトランスフォーメーション(DX)と称され株式市場でも強力な物色テーマとして投資マネーを誘引している。ウィズコロナやアフターコロナ環境で主導権を握る銘柄群として今最も熱いセクターといってよいかもしれない。

2018年5月に経済産業省が立ち上げた「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」で、官民を挙げてのデジタル化投資の重要性が強く認識された。これがDXに向けた本格的な取り組みの第一歩ともいえるが、そこでまとめられた報告書によると、今後数年以内にシステム刷新を集中的に進めないと年間で最大12兆円という経済損失が発生すると試算されていた。経産省はこれを「2025年の崖」と称して強く警鐘を鳴らし、官民を挙げてデジタルシフトが加速する契機となった。そして、もしDX投資の課題がクリアできた場合は、2030年には実質GDPで130兆円超の押し上げ効果が発現するとの試算も開示されている。こうしたなか、ソフト開発やクラウド、AI・IoTソリューションなどを手掛ける企業は、DX投資の担い手として株式市場でも輝きを放ち始めた。

今月下旬、自民党の経済成長戦略本部は政府が7月に決める“骨太の方針”への提言をまとめたが、そのなかで行政のデジタル化推進に向け政府内に新組織を設けるように求めた。民間でも国内ITの双璧である富士通<6702>やNEC<6701>などが旗振り役となってDX推進の動きが今後加速することが予想される状況にある。

関連銘柄としては富士通、NECや日立製作所<6501>、NTTデータ<9613>といった大手IT企業のほか、キューブシステム<2335>、コムチュア<3844>、TDCソフト<4687>、アイエックス・ナレッジ<9753>、テクノスジャパン<3666>、ノムラシステムコーポレーション<3940>、ニーズウェル<3992>、シーティーエス<4345>、AI CROSS<4476>、都築電気<8157>などに注目したい。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. デジタル革新、ウィズコロナで成長加速する「DX関連株」厳選リスト.. (06/27)
  2. 2020年上期“大逆風”をブッ飛ばせ、12月期決算「好業績&高進捗」の価値.. (06/29)
  3. 【デジタルトランスフォーメーション】関連の銘柄一覧
  4. 個人投資家・有限亭玉介:直近で注目した銘柄&新型コロナに由来した銘柄.. (06/28)
  5. 「半導体製造装置」が22位にランク、データセンター需要拡大などで注目度高水準.. (06/26)
  6. 「株探」の歩き方 ― (23)好業績銘柄からテンバガー候補をピックアップしよう! (06/26)
  7. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第5回 (06/28)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─月並みだが、「森を見ず、木を見よ」の投資戦術.. (06/28)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】─ 株価割高の警鐘はホンモノか? 経済復活を.. (06/28)
  10. 【和島英樹のマーケット・フォーキャスト】─社会革新の原動力となるビッグテー.. (06/28)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    決算マイナス・インパクト銘柄 【東証1部】 … Jフロント、アダストリア、キユーピー (6月26日~7月2日発表分) 特集
  2. 2
    コロナ危機で急浮上、特選「デジタル・セキュリティー精鋭株」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    国内株式市場見通し:日経平均はボックス相場継続へ 市況
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 クレアHD、フルッタ、IPS (6月29日~7月3日) 注目
  5. 5
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ ポストコロナをにらんだ投資戦術が有効! New! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.