ログイン
2020年7月10日 10時00分
特集

ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (24) 急騰・急落の波に乗るための指標を使いこなそう

株価急変時のリスクヘッジも想定した取引手法を活用する

横山利香(ファイナンシャルプランナー、テクニカルアナリスト)

◆3つの移動平均線で絞り込む下降トレンド銘柄

デッドクロスで売りサインが出現したとしても、マーケットの地合いが盛り上がっている時など、つい欲に負けてしまい、「株価は本当に下落するの?」と自分に都合の良い風に考えてしまう人も多いことでしょう。

株価は基本的に長い時間をかけて上昇していきますが、下落する時はあっという間です。株価が値下がりすれば、最初のうちは「押し目をつけてまた上がるだろう」と期待する投資家達の買いも入りますが、値下がりする期間が長引いてくると「利益があるうちに(損失が小さいうちに)売っておこう」と考える人が増え、売りがさらなる売りを呼ぶ展開になってしまいがちです。

銘柄やタイミングによっては数年に一度といった大天井を打ち、長期にわたって株価が下落し続ける場合すらあります。現物株を買った値段次第では大きな含み損を抱えてしまいますから、下降トレンドに転換するタイミングを逃すことだけは避けなければなりません。株価がいったん下降トレンドに転換してしまうと、大底を打つまで下げ続けるのが一般的ですので、トレンドに逆らった売買は厳禁とすべきなのです。

では、下降トレンドに転換した銘柄をどうやって見つければよいのでしょうか。そこで活用したいのが、「売りの候補」にある二つ目の項目の「移動平均線下降トレンド銘柄」です(図5参照)。

図5 売りの候補「移動平均線下降トレンド銘柄」

ゼロから始める「株探」

「移動平均線下降トレンド銘柄」では、25日と75日、そして200日の3本の移動平均線がいずれも下向いており、株価が下降トレンドにある軟調な銘柄を一覧で表示してくれます。

なお、注意点としては、一覧で表示されるすべての銘柄が同じようなチャート形状というわけではありません。下降トレンドの初動という場合もあれば、下降トレンドが終わりに近づいている場合もあります。必ずどのような企業で、どのような業績であるのかを、チャートの形状とともに確認してください。

次ページ:離れた株価と移動平均線はいずれ引き合う

<     >

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 「株探」の歩き方 ― (23)好業績銘柄からテンバガー候補をピックアップしよう! (06/26)
  2. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第6回 (07/05)
  3. 大川智宏の「ステイホームで増殖、イナゴ投資家の好みは『低』」 (07/08)
  4. 清水香の「キャッシュレスを賢く利用、“ウィズコロナ”時代のカンタン家計管理.. (07/09)
  5. すご腕投資家さんの「コロナ相場でしくじり、とりでみなみさんの教訓」~第2回 (07/03)
  6. 株探プレミアム・リポート『一部不動産会社が猛反発、LIFULLの料金値上げ... (06/30)
  7. 「株探」の歩き方 ― (22)上昇銘柄ピックアップの鉄則!投資判断を惑わす罠を... (06/12)
  8. 「株探」の歩き方 ― (21)大化け期待の成長銘柄をピックアップしよう (05/29)
  9. ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (20)急騰・急落銘柄を移動平均線に注目.. (05/15)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    増益予想に大転換! 株高期待の「上方修正予備軍」6銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):SBG、ANA、不二精機 注目
  3. 3
    KDDI、ソフトバンクなどメガキャリアに売り買い錯綜、携帯電話料金値下げへの思惑が強まる 材料
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:凸版、野村、東エレク 注目
  5. 5
    ブイキューブ---大幅続伸、米ズームなどの決算発表も控え関心高まる 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.