ログイン
2020年11月2日 15時26分
材料

電算システム---3Qも2ケタ増収増益、情報サービス事業・収納代行サービス事業ともに堅調を維持

電算システム<3630>は10月30日、2020年12月期第3四半期(20年1月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比12.6%増の338.71億円、営業利益が同24.3%増の23.23億円、経常利益が同24.8%増の23.99億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同22.0%増の15.69億円となった。

情報サービス事業の売上高は前年同期比18.3%増の201.99億円、営業利益は同27.9%増の17.38億円となった。新型コロナウイルス流行の影響によりイベント中止、延期が相次いだことから各種ギフト処理サービスなどの処理件数は減少を余儀なくされ売上が減少した。一方、SI・ソフト開発及び商品販売においては、GIGAスクール関連案件、オートオークション業務システム、教育関連システム、デジタルサイネージ、また、高まるリモートワーク需要などによりChromebookやG Suiteなど売上が伸長した。なお、2020年12月期第3四半期より情報セキュリティ事業会社であるピーエスアイを新たに連結した。

収納代行サービス事業の売上高は前年同期比5.2%増の136.72億円、営業利益は同19.2%増の5.65億円となった。新型コロナウイルス流行の影響により提供サービスごとに明暗が分かれる傾向は続いているが、主力の払込票決済においては昨年来の新規獲得先の稼働が逐次始まっており件数の伸び率は堅調に回復している。この傾向は今しばらく続くものと想定され、売上伸び率は次第に回復すると見込んでいる。また国際送金部門の期間黒字を達成し、通期黒字が見通せるようになった。なお、7月より本格稼働を開始したDSK後払いは、契約件数を伸ばしており、順次稼働を開始する。全体として、売上の伸びの支えとなる地方公共団体を含む新規契約の獲得状況は計画どおりの進展としている。

2020年12月期通期については、売上高が前期比14.9%増の462.00億円、営業利益が同10.2%増の25.00億円、経常利益が同10.8%増の25.90億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同2.9%増の16.04億円とする7月30日に修正した業績予想を据え置いている。

《YM》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):トプコン、ワコム、デジアーツ (11/02)
  2. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):カゴメ、中部電、JT (11/02)
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):三菱自、コマツ、JR東日本 (11/02)
  4. ★本日の【サプライズ決算】超速報 (11月02日) [プレミアム専用]
  5. 今週の上方修正【大予想】 22社選出 <成長株特集> (11/01)
  6. さらばタッチパネル、「空中ディスプレー」関連株に出番到来 <株探トップ特集> (10/31)
  7. 収益回復に期待高まる、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月30日版
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─最大の不透明要因が解消する!先駆浮上銘柄.. (11/01)
  9. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ この季節は例年、不安定な値動きに! (11/01)
  10. 明日の決算発表予定 ソフトバンク、伊藤忠など104社 (11月2日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    「半導体&電子部品」ビッグウェーブ到来、「最強布陣10銘柄」を追え <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】“新エネ革命”本格転進! 巻き起こる“大炎” 特集
  3. 3
    発表迫る、好業績の中小型株【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    武者陵司「半導体不足は日本ハイテク復活の予兆である可能性」<後編> 市況
  5. 5
    まだ間に合う、1月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.