ログイン
2021年1月14日 15時27分
注目

話題株ピックアップ【夕刊】(3):共立メンテ、メニコン、山陽百

■共立メンテナンス <9616>  3,560円  -210 円 (-5.6%)  本日終値

共立メンテナンス<9616>が急反落。株価は前日に比べ5%強下落した。同社は13日の取引終了後、300億円のユーロ円建転換社債(CB)型新株予約権付社債を発行すると発表しており、CBの株式転換による1株当たり利益の希薄化が懸念された。同債は満期償還日が2026年1月29日の5年債。転換価格は前日終値を25.01%上回る4713円で決まった。潜在株式による希薄化率は16.33%となる。調達資金は、16年3月に発行した第4回無担保転換社債型新株予約権付社債の償還資金や借入金の返済などに充てる。

■メニコン <7780>  6,530円  -200 円 (-3.0%)  本日終値

メニコン<7780>が急落。株価は一時、前日に比べ6%強下落した。同社は13日の取引終了後、230億円のユーロ円建転換社債(CB)型新株予約権付社債を発行すると発表しており、CBの株式転換による1株当たり利益の希薄化が懸念された。同債は満期償還日が2025年1月29日の4年債。転換価格は前日終値を10.00%上回る7403円で決まった。潜在株式による希薄化率は8.23%となる。調達資金は、ディスポーザブルコンタクトレンズの投資資金などに充てる。

■山陽百貨店 <8257>  2,061円  +400 円 (+24.1%) ストップ高   本日終値

山陽百貨店<8257>がストップ高。親会社である山陽電気鉄道<9052>が13日の取引終了後、同社の完全子会社化を目指して1株2630円でTOBを実施すると発表しており、TOB価格にサヤ寄せする格好となった。山陽電は現在、直接、間接合わせて山陽百株式の53.03%を所有しているが、完全子会社化することで不動産の権利関係の整理や老朽化した設備の更新とリモデルへの対応、百貨店の事業戦略の遂行などの課題を解決し、グループの企業価値の向上を図るのが狙い。買付予定数は38万4746株(下限11万7384株、上限設定なし)で、買付期間は1月14日から3月1日まで。なおTOB成立後、山陽百は所定の手続きを経て上場廃止となる予定で、これを受けて東京証券取引所は、山陽百株式を1月13日付で監理銘柄(確認中)に指定している。

■幸和製作所 <7807>  1,016円  +150 円 (+17.3%) ストップ高   本日終値

幸和製作所<7807>はストップ高に買われた。午後1時ごろ、21年2月期の連結業績予想について、売上高を49億9800万円から52億4400万円(前期比12.5%減)へ、営業利益を1億500万円から3億3200万円(前期1億3100万円の赤字)へ、純利益を4200万円から2億4400万円(同3億6700万円の赤字)へ上方修正したことが好感された。昨年春の緊急事態宣言解除後に受注が緩やかに回復していることに加えて、同社製品が生活必需品であることや新商品の販売効果もあり、需要が予想を超えて回復に向かっていることが要因という。また、業務効率化や固定費抑制を図ったことも寄与する。なお、同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、売上高40億4500万円(前年同期比15.8%減)、営業利益3億2400万円(同5.0倍)、純利益2億7100万円(前年同期1億5900万円の赤字)だった。

■イワキ <8095>  643円  +93 円 (+16.9%)  本日終値  東証1部 上昇率トップ

イワキ<8095>は急伸し、昨年来高値を更新した。13日の取引終了後、21年11月期連結業績予想を発表しており、売上高730億円(前期比11.7%増)、営業利益26億円(同27.8%増)を見込み、年間配当を前期比2円増の18円としたことが好感された。ファインケミカル事業では、バイオ・高薬理活性医薬品市場の拡大に伴う外部委託需要が高まることが想定されることから、最適な営業体制の構築による営業力の向上と案件獲得を推進する。また、HBC(ヘルス&ビューティーケア)・食品事業では、通販化粧品分野において引き続き積極的なプロモーション活動及び新製品開発に取り組むほか、子会社化したマルマンH&Bとシナジーを創出することで営業最高益更新を目指すとしている。なお、20年11月期決算は、売上高653億4100万円(前の期比6.0%増)、営業利益20億3500万円(同4.1%減)だった。また、同時に発表した23年11月期を最終年度とする中期経営計画で、最終年度に連結売上高820億円、営業利益42億円を目指すとしたことも意欲的な計画との見方から好材料視された。更に、持ち株会社体制へ変更し、6月1日付で新商号を「アステナホールディングス」とすることも発表した。

■明光ネット <4668>  593円  +57 円 (+10.6%)  本日終値  東証1部 上昇率5位

明光ネットワークジャパン<4668>が後場に入り急伸。正午ごろに発表した第1四半期(9~11月)連結決算が、売上高45億200万円(前年同期比5.1%減)、営業利益3億9600万円(同21.0%増)、純利益3億1100万円(同59.0%増)と2割強の営業増益となったことが好感された。コロナ禍に伴う生徒数減少の影響が大きく、フランチャイズ事業や日本語学校は苦戦したものの、直営事業でコロナ禍対応により夏期講習を9月まで延長実施したことが、増益に寄与した。なお、21年8月期通期業績予想は、売上高183億円(前期比0.4%増)、営業利益2億6400万円(同22.9%増)、純利益2億7000万円(前期22億3200万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。

■日本電波工業 <6779>  714円  +52 円 (+7.9%)  本日終値  東証1部 上昇率9位

日本電波工業<6779>が大幅続伸、一時73円高の735円と値を飛ばし、昨年12月17日以来となる700円台回復を果たした。水晶振動子や水晶機器など水晶デバイスの専業メーカーで小型製品の競争力は世界屈指。海外売り上げが全体の8割を占めている。世界的に高速通信規格5Gの商用サービスが拡大するなか、5G対応スマートフォンの生産拡大が続いている。同社は車載向けが中心ながら、5G分野でも強みを持っており、安定性が高く耐環境性能でも優位性のある水晶発振器を手掛け需要の取り込みが期待されている。業績も21年3月期は営業損益段階で30億円の黒字(前期は82億86000万円の赤字)と回復トレンドにある。

■識学 <7049>  1,400円  +101 円 (+7.8%)  本日終値

識学<7049>は後場上げ幅を拡大。午後0時30分ごろに発表した第3四半期累計(3~11月)連結決算は、売上高16億9600万円(前年同期比35.4%増)、営業利益3600万円(同83.3%減)、最終損益7900万円の赤字(前年同期1億2800万円の黒字)と営業減益となったものの、上期の営業赤字から黒字に転換したことが好感された。組織コンサルティング事業で、講師の積極的な採用と顧客基盤拡大のためのマーケティング活動を実施したことが売上高を押し上げた。人件費や採用費が増加したが、予想通りに進捗しているという。なお、21年2月期通期業績予想は、売上高25億円(前期比45.3%増)、営業利益1億1500万円(同59.4%減)、最終損益4700万円の赤字(前期1億7800万円の黒字)の従来見通しを据え置いている。

■マクビープラ <7095>  5,000円  +355 円 (+7.6%) 一時ストップ高   本日終値

Macbee Planet<7095>が急騰。株価は一時ストップ高に買われた。水戸証券は13日、同社株のレーティングを新規「A」でカバレッジを開始した。目標株価は6000円としている。同社はデータを活用したマーケティング分析サービスを提供。インターネット上の様々なメディアに広告掲載を行い、ユーザーがその広告経由で製品を購入した際に広告費をもらう成果報酬型のビジネスモデルを展開している。同社のクライアントの多くが携わっているネットビジネスの拡大や、一人の顧客が生涯を通じて企業にもたらす利益であるLTV(Life Time Value)と親和性の高いと思われるサブスクリプション市場の伸長を考慮すると外部環境は追い風だとみている。21年4月期の連結営業利益は7億7000万円(会社計画4億円)と増額修正を予想している。

■グラファイトデザイン <7847>  454円  +29 円 (+6.8%)  本日終値

グラファイトデザイン<7847>が3日ぶりに反発し、一時13%高となる場面があった。同社は13日取引終了後に、21年2月期第3四半期累計(20年3~11月)の単独経常利益が前年同期比45.8%減の5000万円になったと発表。ただ、9~11月期に限れば前年同期比91.4%増の1億3400万円となっており、これが好感されたようだ。売上高は第3四半期累計が同14.5%減の17億7300万円、9~11月期では同29.7%増の8億2900万円となった。第3四半期以降、各ゴルフメーカーで新製品などの導入がみられ、ゴルフシャフト製造販売やゴルフクラブ組み立て加工の追い風となった。なお、これまで未定としていた通期業績予想は売上高24億5000万円(前期比3.7%減)、経常利益1億500万円(同72.5%増)を見込み、期末一括配当は15円(前期は20円)を計画している。

●ストップ高銘柄

助川電気工業 <7711>  900円  +150 円 (+20.0%) ストップ高   本日終値

新報国製鉄 <5542>  1,059円  +150 円 (+16.5%) ストップ高   本日終値

アルー <7043>  743円  +100 円 (+15.6%) ストップ高   本日終値

など、5銘柄

●ストップ安銘柄

アララ <4015>  2,264円  -500 円 (-18.1%) ストップ安   本日終値

など、1銘柄

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 【↑】日経平均 大引け| 5日続伸、米追加経済対策の発表目前で期待感浮上 (1月14日)
  2. ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月14日)
  3. 『10倍株&バリュー株が見つかる! 億り人がやっている会社四季報&株探の.. (01/13)
  4. グロース・トラップに引っかかるな! 割高でも強い「真の成長株」を探る (01/13)
  5. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 10 銘柄  S安= 2 銘柄 (1月14日)
  6. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):エスプール、オービック、SBG (01/14)
  7. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):ファストリ、三菱UFJ、村田製 (01/14)
  8. 「パワー半導体」が16位、EV向け需要増加に期待大<注目テーマ> (01/13)
  9. 筆記試験も面接も自宅、「オンライン試験」普及で活躍必至の有望株特選 <株探.. (01/13)
  10. 明日の決算発表予定 ブロンコB、串カツ田中など12社 (1月14日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    発表迫る、好業績の中小型株【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月22日) 注目
  3. 3
    武者陵司「半導体不足は日本ハイテク復活の予兆である可能性」<前編> 市況
  4. 4
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (1月22日) 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):カプコン、モダリス、弁護士COM 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.