ログイン
2021年5月12日 8時47分
市況

前場に注目すべき3つのポイント~ハイテク株の自律反発を意識しつつも、決算を手掛かりとした個別物色の流れに~

12日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:ハイテク株の自律反発を意識しつつも、決算を手掛かりとした個別物色の流れに

■バンナムHD、22/3予想 営業利益11.4%減 750億円、コンセンサス下回る

■前場の注目材料:ENEOS、JSRのエラストマー事業買収、1150億円

■ハイテク株の自律反発を意識しつつも、決算を手掛かりとした個別物色の流れに

12日の日本株市場は神経質な相場展開が見込まれる。11日の米国市場ではNYダウが473ドル安だった。サイバー攻撃により主要パイブラインの操業が停止されたことが響き、給油所ではガソリン不足が報告されており、価格の先高感がさらなるインフレ懸念につながった。さらに、中東の混乱が激化したため、売りが加速。しかし、引けにかけ、押し目からの買いにハイテク株が回復すると、NYダウも下げ幅を縮小している。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の28615円。円相場は1ドル108円60銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする形から売り先行の展開になりそうだ。日経225先物はナイトセッションで28260円まで下落する場面も見られていることから、売り仕掛け的な動きも警戒しておきたいところである。一方で米ハイテク株は売り一巡後に買い戻しの動きを見せているほか、NYダウは支持線レベルでの下げ渋りとなっており、いったんは調整一巡が意識されやすい面はありそうだ。日経平均は昨日の大幅下落によってもち合いレンジを下放れてきているものの、自律反発の動きも意識されてこよう。週足では26週線が28435円辺りに位置していることもあり、同水準での底堅さを見極めたいところだ。

もっとも、自律反発を期待しつつも、決算発表がピークを迎えている中では商いは膨らみづらく、薄商いのなかをインデックス売買に振らされやすい状況である。また、米国では中東の混乱激化による地政学リスクが警戒視されてきており、VIX指数は21.84に上昇し75日線を突破してきている。地政学リスクへの警戒からリスク回避姿勢を強めてくることも考えられるため、積極的な売買は手控えられそうだ。

物色の流れとしてはハイテク株の自律反発を意識しつつも、決算を手掛かりとした個別物色の流れに。また、マザーズなどの中小型株については昨日の大幅下落によって需給が悪化している銘柄も多いことから、時価総額上位の銘柄を避け、決算やテーマ性などに絞った銘柄への物色に向かわせよう。

■バンナムHD、22/3予想 営業利益11.4%減 750億円、コンセンサス下回る

バンナムHD<7832>の2022年3月期予想は、売上高が前期比1.2%増の7500億円、営業利益は同11.4%減の750億円を見込んでいる。コンセンサス(1035億円程度)を下回る。複数の新作ゲームタイトルを投入するため、開発費や宣伝費など費用がかさむ。

■前場の注目材料

・SOX指数は上昇(2976.01、+8.90)

・米原油先物は上昇(65.28、+0.36)

・海外コロナワクチン接種の進展

・世界的金融緩和の長期化

・株価急落時の日銀ETF買い

・ENEOS<5020>JSRのエラストマー事業買収、1150億円

・日本電気硝子<5214>ガラスファイバー増産、マレーシアに新設備

・リンナイ<5947>M&A積極化、米でガス給湯器拡販

・東芝<6502>GEと洋上風力で提携、国内で主要部品製造

・資生堂<4911>接客・働き方にDX、アクセンチュアと共同出資会社

・三菱UFJ<8306>ドコモ・三菱UFJ銀提携、デジタル金融サービスで年度内に新会社

・SUBARU<7270>22年にEV投入、CセグメントSUV、4駆技術を進化

・ヤマハ発<7272>インド2輪工場停止、コロナ拡大で月末まで

・ACSL<6232>定額制ドローン点検、安全保障に国産強み

・日立建機<6305>ドローン撮影を点群化、中小建設向け

・横河電機<6841>30年度売上高1兆円規模に、再生エネ関連でM&A

・三菱電機<6503>FA関連「過去最高」視野、設備投資の拡大期待

・KDDI<9433>携帯通信6Gで存在感、技術概念を公開

・イビデン<4062>1800億円投資、高機能IC基板4割増

・ニプロ<8086>コロナワクチン1瓶から7回接種の注射器、月内に50万本製造

・日本板硝子<5202>米ENTEKに鉛蓄電池セパレーター事業売却

・中外薬<4519>コロナ薬安定供給で政府と合意

・三菱ガス<4182>新中計、23年度営業益700億円目指す

☆前場のイベントスケジュール

<国内>

・特になし

<海外>

・特になし

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 億マンさんはどんな人、投資以来の資産増の状況、そして含み損益銘柄は (05/11)
  2. 指数先物【寄り前コメント】 ボトムレンジまでの低下を見せたNT倍率の修正を意識 (05/12)
  3. 決算がサプライズ、いや逆に落胆、で次はどうする? (05/11)
  4. 本日の「伊藤智洋が読む『日経平均株価・短期シナリオ』」は休載します (05/12)
  5. 今朝の注目ニュース! ★I・PEX、テセック、ジー・スリーなどに注目! (05/12)
  6. 本日注目すべき【好決算】銘柄 I・PEX、日精工、NTTデータ (11日大引け後 発表分)
  7. 強弱材料:5/12
  8. コロナ後の成長力に注目、22年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月11日版
  9. 11日の米国市場ダイジェスト:NYダウ473ドル安、高インフレや中東情勢を警戒 (05/12)
  10. 本日の決算発表予定 … ソフトバンクG、トヨタ、NTTなど 326社 (5月12日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月23日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=「パワー半導体」と「レーザー」が輝き放つ 市況
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):オキサイド、フロンテオ、ニトリHD 注目
  4. 4
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月23日) 特集
  5. 5
    新法成立で再脚光、「プラスチック再資源化」関連株は新上昇ステージ突入 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.