ログイン
2021年5月16日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 日米両市場ともに底打ち→反騰態勢に!

「日米両市場ともに底打ち→反騰態勢に!」

●増税リスク、インフレ懸念は過剰反応!

日米両市場ともに目先、底打ち→反騰態勢に突入した、と思う。特に、日本市場は売られすぎだ。NYダウ平均は5月10日に3万5091ドル(ザラバベース)の史上最高値を示現した後、12日には瞬間3万3555ドルの安値まで売られた。しかし、下落率は4.3%にすぎない。微調整である。

マーケットではバイデン政権の法人増税(21%を28%に)、キャピタルゲイン課税強化(年収100万ドル以上の富裕層はオバマケアの特別加算3.8%を含め、現行の23.8%が最大43.4%に)の動きに加え、インフレを危惧している。

確かに、4月のCPI(消費者物価指数)は前年比4.2%の急上昇をみせた。だが、これは昨年4月が悪かったこと、今年4月は自動車レンタル料金、航空運賃、スポーツイベント入場料、中古車価格が前月比10%超値上がりしたこと、など特殊要因によるもの。いや、経済正常化を反映したものだろう

単月のCPIの数値を受け、FRBがテーパリング(余剰資金の回収)、利上げを決断するはずがない。まして、バイデン大統領はAmerican Jobs Plan(雇用拡大)、American Families Plan(家族支援)を推進中だ。雇用の確保に責務を負っているFRBがこの局面において、政策転換することはないだろう。

●日本株は売られすぎゾーンに突入!

一方、日本市場はどうか。こちらは腰が弱い。不振の背景には政治の迷走、日銀のETF購入ルールの変更、新型コロナワクチン接種の遅れ、機関投資家、個人の外国株、および債券シフト、日本株の地盤沈下(MSCIインデックスの定期組み入れ見直しでは昨年11月の21銘柄削除に続き、今回は29銘柄削除、採用はゼロ)などがある。

この1年、日銀のETF(日経平均型)購入によって、日経平均株価は約3000円押し上げられた、といわれている。これを3月にTOPIX型に全面的に切り替えた。投機筋は「このカサ上げ分が剥落する」とし、先物を売り叩いた。現状はその着地点を探る動きと判断できる。

ただ、日経平均は11日に909円安、12日に461円安、13日に699円安と3日間で2070円下落。2月16日のザラバ高値3万714円、5月13日のザラバ安値2万7385円だと、3329円(10.8%)の大幅下げだ。ほぼ下値に届いたのではないか。

さて、ここでの狙い目は? やはり、セオリーとして逆行高の銘柄(暴落日の赤札銘柄)を選択したい。まず、家電中心のファブレス企業のバルミューダ <6612> [東証M]に注目できる。最新鋭のスマートフォンを京セラ <6971> に生産委託、今秋以降に市場投入を図る。

認証・セキュリティサービス、EV証明書がメーンビジネスのサイバートラスト <4498> [東証M]は12日に5200円の安値まで売り込まれたが、その後は猛反発に転じている。なお、4月21日には1万1220円の高値がある。バルミューダの高値は1月26日の1万610円だ。ともに、高値挑戦があろう。

このほか、好業績、かつ切り口多彩のヴィスコ・テクノロジーズ <6698> [東証2]、テクノホライゾン <6629> [JQ]、テセック <6337> [JQ]、アライドアーキテクツ <6081> [東証M]はじっくり拾って「吉」と判断する。

2021年5月14日 記

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 34社選出 <成長株特集> (05/16)
  2. 10年で資産72倍! 勝ち技は「グロース」「逆グロース」のダブル・ファンダ戦略 (05/14)
  3. 久々の最高益更新でも株価軟調、押し目はどこ ― 和島英樹 (05/16)
  4. 究極の温暖化対策「CCS」関連株を狙え、気候変動防ぐ先端技術を探る <株探.. (05/15)
  5. 【植木靖男の相場展望】 ─ 二番天井の位置を探る (05/15)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─見捨てられた好実態株を"拾う神"となれ! (05/16)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月14日現在)
  8. コロナ後の成長力に注目、22年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月14日版
  9. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 5月16日版
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC議事録、4月工作機械受注、1-3月.. (05/15)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月21日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★商船三井、ウェルネット、TSテックなどに注目! 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月22日記) 市況
  4. 4
    明日の株式相場に向けて=ソフトバンクGがカギを握る波乱相場 市況
  5. 5
    米早期利上げ懸念が急浮上、日経平均株価の下値はどこか <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.